うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

ママがいっちゃった…」 みんなの声

ママがいっちゃった… 作:ルネ・ギシュー
絵:オリヴィエ・タレック
訳:石津 ちひろ
出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2004年04月
ISBN:9784751522677
評価スコア 4.13
評価ランキング 17,480
みんなの声 総数 7
「ママがいっちゃった…」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • パパと一緒に…

    ママがいなくなるという、とてつもなく辛い状況をパパとわたしで、なんとか乗り越えよう。
    いなくなったことの象徴である持ち主不在の椅子。いなくなったことによる、混乱、寂しさ、そしてまた2人で始めようと手を取り合い歩み出す。

    一番描きたかったのは、広い大きなお父さんの背中だったのかもと思うくらい、とても寂しそうで、でも頼り甲斐のある大きい背中が印象的でした。

    掲載日:2014/12/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 現実を受け入れない・・・

    「ママが いっちゃった・・・」天国にいるなんて想像もつきませんでした。あまりにもショックで考えれませんでした。ママがいない現実を
    受け入れないのは当然だと思いました。読んでいるだけで悲しくて切なくて可哀そうで泣けてきました。ママだって幼い我が子を置いて逝きたくなかったと思うと余計涙が止まりませんでした。
    パパと二人で少しだけ立ち直ったように思いました。時間がだんだんと解決していけれるといいなあって思いました。

    掲載日:2011/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 想像したものとは違っていましたが

    ママがどこかへ行ってしまった、叱られたのかな?ちょっとお買いものに?と最初は思っていたのですが、ママが亡くなっていたことがわかりました。

    喪失感と再生といってしまえば身も蓋もないような気がしますが。

    遺されたものの痛みってありますよね。時間が解決してくれるものなのかもしれないけれど、ぽっかりとした喪失感が心に迫って来ました。

    短いお話ですけれど、心にじーん、どーんとくるものがありました。

    掲載日:2010/07/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • ママの行ったさきは天国でした。

    • てんぐざるさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子10歳、女の子5歳

    日本語訳は、私の好きな石津ちひろさんです。
    作者は元々フランスの国語の先生だそうです。
    「ママがいっちゃった」先は、食べ物を探しにいったのでもなく、パパを捜しにいったのでもなく、天国に行ってしまったのです。
    天国に行ってしまったママのいない寂しさに、主人公の(クマの)女の子は、どうしても耐えられないようなのです。
    そして、パパも…。
    二人して、とてもつらい時期を乗り越えて、新たに動き出し始めるまでのお話でした。
    とてもゆったりとしたテンポで描かれているので、女の子の心情がこれでもかと、伝わってきました。

    掲載日:2006/07/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 残された者の気持ち

    突然、ママは天国へいっちゃった。
    くまのパパとこぐまのわたしは、
    なんにもする気が起きない。無気力。
    そんな時突風で吹き飛ばされてしまった二匹。
    その後二匹は生きる気力をとりもどします。
    二匹でふるさとの森を目指して勇気をだして歩き出します。
    このシーンの緑がとても温かく感じられます。
    いつまでも立ち止まってはいられないね。悲しいけれどママはココでいつも見守っていてくれるよ。
    読み終えた後、しんみりしてしまいました。
    題名「ママがいっちゃった…」がとても切なく聞こえます。
    こぐまのわたしがいつも画面の中央にいるのではなく隅っこにいるのが気になります。
    ぽつんと置かれた赤いイスが印象的です。

    3歳の甘えん坊にはさっぱり分からない様子でした。
    ママがいないなんてきっと想像もつかないんだろうなぁ

    掲載日:2006/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • ママは

    • タケコさんさん
    • 40代
    • ママ
    • 三重県
    • 女の子16歳、女の子9歳

    ママは、はちみつをさがしにいったのでも、パパを迎えにいったのでもない。ママは、探しにいけない遠い所にいったんだ。でも、ママの心はいつもそばで見守っている。見えないけれどママは、寄り添っているよ。
    そんな気持ちにさせてくれる絵本です。
    親をつっぱねたい気持ちをもつ、10歳以上のこどもにぜひ読んでほしいと思う絵本のひとつです。

    掲載日:2005/11/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • もう、大丈夫だね

    母クマを亡くしたコグマが、少しずつ悲しみをこらえ
    歩き出す物語です。

    掲載日:2004/07/15

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / 給食番長 / だるまさんが / ペチューニアのうた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ドイツで大人気!バニーが日本上陸

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.13)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット