ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

そばやのまねきねこ」 みんなの声

そばやのまねきねこ 作・絵:村田 エミコ
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2003年10月
ISBN:9784265034888
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,318
みんなの声 総数 17
「そばやのまねきねこ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 昭和風です

    • きゃべつさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子12歳、男の子9歳

    味わいのある版画の絵に、一目でやられてしまいました(笑)
    全編、この何とも言えないモノトーン調の絵で進みます。

    そばやのまねきねこが、夜にこっそり冒険に出かけます。
    危険な目にあったり
    夜のきれいな月を見上げたり、楽しい一夜のお話です。

    子供も一緒に楽しく読んでいましたが
    残念ながら、息子は銭湯の煙突を知りませんでした・・。
    商店街も古い感じですが、またそこが版画の絵とマッチして
    登場人物に温かみを与えてると思いました。

    昭和ノスタルジックな絵本です。

    掲載日:2013/10/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • 表紙を見るだけでも

    とても存在感を感じる絵本でした。表紙を見た時には稲妻が光った時のようにとても感動しました。表紙を見るだけでもこの絵本を手に取ってよかったと思える絵本です。とにかく味のある版画が何よりも素敵です。版画の色もとてもいいです。とてもセンスのある版画に出会えて幸せを感じました。途中で縦開きになるページが特に素敵です。遠近感といい臨場感といいこちらまで伝わってきました。この絵本の御蔭でこれからは意識して招き猫を見るようになりそうです。

    掲載日:2008/06/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • お話自体はあっさりしているのですが、味わいたっぷりの木版画に引き付けられました。
    昔ながらの商店街には不可欠なまねきねこが、退屈しのぎに町を散歩に出かけました。
    いろんなお店のまねきねこは、それぞれに自分のいるお店を守っているのですね。
    ねこより大きなねずみの登場には驚きました。

    掲載日:2015/04/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 懐かしい感たっぷり

    なんともいえない懐かしい感じがします。木版画の絵もとてもいい感じ。
    それぞれの店のまねきねこの表情がリアルで、面白いです。
    昔は良く見かけた招き猫ですが、今は珍しいもので、7歳の娘は実物を見たことがなく、絵本を読み終わっても本物の猫だと思っていたらしく〜
    見てみたいとせがまれました。
    大人の人には懐かしく、受け入れられる絵本だと思います。

    掲載日:2014/01/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • テレビでみました。

    絵本じゃなくてテレビで見ました。

    たぶん図書館でみつけても手にとらなかったと

    思われる絵本でしたが、実におもしろかった。

    まねきねこが動き出す・・・。

    そこがまずおもしろい。

    それぞれの店のまねきねこが

    一斉に動き出して遊ぶところが

    おもしろいなと感じました。

    掲載日:2011/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • まねきねこ

    常滑焼のまねきねこを思ってしまいました。図書館でみつけて、読んで

    みたくなり、借りてきました。版画のまねきねこですが、とても上手く

    て本物のように見えました。

    やっぱり商売繁盛には、まねきねきが活躍しているように思うし、「

    おいで おいで」をしてお客様を招いていると思いました。

    「へい、まいどあり!」に笑えました!

    やっぱり頼りにしているし、いつもの自分の居場所が一番落ち着くよう

    です。たまには、息抜きも必要だと思いました。

    掲載日:2010/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 招き猫がねずみに・・・?!

    読み聞かせ会で紹介された絵本。

    招き猫達がいっぱい!!
    それだけでも楽しめる、じっくり味わいたい1冊です。
    版画で白黒の世界がこんなに愉快で素敵なものだとは思いませんでした。

    町並みや猫たちの表情など細かな部分までじっくり見たい!!

    さて、ストーリーも愉快な展開です。
    猫がネズミに追いかけられる?!
    「そんなぁ!!」
    「こわいよぉ、このねずみ!!」
    なんて子どもたちから上がる声。

    ふだんはじっと座っている招き猫達がこんなこと考えていたんだぁ!
    と想像するだけで、わくわくしますよね。

    大きなお月様が、白黒の世界で一段と大きく輝いているのも
    魅力的でした。

    おすすめです。

    掲載日:2010/02/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • ツッコミどころ満載

    版画が目を引きます。息子は、「まねきねこって動くの?」

    「なんでねずみに追いかけられるの?」と所々でツッコミを入れていました。確かにツッコミどころ満載。ねこが怪獣のようなんですもの。最初に見たのは、テレビ絵本でしたったけ?

    レトロな町並みに懐かしさを感じました。

    掲載日:2009/01/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 招き猫効果

    • ぜんママさん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子9歳、女の子7歳

    木版画のなんともあじのある絵です。
    招き猫達が店から飛び出し、町をねり歩くところなど、
    娘はとても楽しかったらしく、
    どの猫がどの店からでてきてどこに座っていたなど、細部まで見て楽しみました。
    そして、大ネズミが猫を追いかけるところなんて、
    娘「反対だぁ〜。」と叫び、かくれんぼのような逃げ方に笑い、
    煙突の上にかけあがるところなどはかなりワクワクしたようです。
    読んだ後、娘「招き猫の効果ってすごいね。」と思ったそうです。

    掲載日:2007/08/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • まねき猫たちの姿が楽しい絵本

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子12歳、男の子9歳、男の子7歳

    商店街のまねき猫たちが、夜の商店街を練り歩く、楽しい絵本です。
    我が家のお気に入りは、まねき猫たちが、それぞれ自分のお店の特徴をしっかり現しているところ。
    すしやのまねき猫は、ねじり鉢巻しているし、めがねやのまねき猫は、めがねをかけています。
    銭湯のまねき猫に至っては、二つ折りの手拭いを頭に乗せています。
    そんなところを見つけては、大喜びしてしまいました。
    そして、たっぷり遊んだ後は、きちんと自分の役割を果たすべく、仕事に戻っていくまねき猫たち。
    いっぱい遊んで、きちんと戻るべきところに帰っていくところが、とっても好感が持てます。

    掲載日:2007/05/24

    参考になりました
    感謝
    0

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット