しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

フルフル」 みんなの声

フルフル 作:金井直
絵:柿本 幸造
出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2002年04月
ISBN:9784893256140
評価スコア 3.88
評価ランキング 28,736
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • たまには

    ゆーったりとした流れの本です。たまにはこういう内容の本も良いかと思います。アイヌの言い伝えが元となっているそうで、とても興味深いな、と思いました。柿本さんの絵がこのお話にぴったりだな、と思いました。

    掲載日:2010/02/15

    参考になりました
    感謝
    2
  • ちょっと納得できず・・・

    3歳10ヶ月の息子に読んでやりました。アイヌ民族に伝わる「ししゃも」の民話を絵本に取り込んだお話でしたが、それと「フルフル」がイマイチ重ならず、納得できませんでした。

    フルフルってなあに?と冒頭に聞いておきながら、その答えがあいまいです。それぞれの動物たちはそれがなにかを想像しますが、実は出題者の熊は知っている・・・。柳の葉が川の水の中に入っていく様子だとか・・・。と同時にアイヌ民族に伝わる民話を紹介します。

    なんか絵本としての一貫性というか主旨がよくわからず、戸惑いました。息子もししゃもの話だけはかろうじて理解した程度でしたが、あまりおもしろかったわけではなさそう。腑に落ちない絵本でしたね。

    掲載日:2011/07/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • ステキな柳の木

    昔、神様の国の柳の木が枯れて全滅しそうになった時に、神様が一本の柳の木を川のそばに植え替えて立派な柳の木になりました。そこで神様はその川にお礼として、柳の葉っぱが川に入ったら魚になるという風にしてくださりました。うちの子はこのお話を聞いて、「この木の近くやったら、魚大量だね!!」と言いながらワクワクした目で見ていました。

    掲載日:2014/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 柳葉魚

    柳の葉が魚になるという そのイメージが美しくてうっとりです。
    しかも実際に柳葉魚と掻いてししゃもと読むなんて知りませんでした。
    美しい物語と一緒に、新しい言葉を覚えられて嬉しいです。

    掲載日:2010/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • フルフルって?

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子8歳

    最初は誰もがそう思うに違いない。

    こぐまがみんなに聞きます。
    「フルフルって、なんのことだか知ってる?」
    そうしたら、いろんな答えが返ってきました。
    でも、こぐまだけは知っていました。

    シシャモは漢字で柳葉魚と書きます。
    柳の葉が魚になったというアイヌのいい伝えをふまえて
    創られたお話です。
    なんて、ファンタジーなお話でしょう。
    昔の人は、想像力が豊かだったのでしょうね。

    柿本幸造さんの優しい絵。
    魚がいきいきして見えるのが、とても印象的でした。

    掲載日:2008/11/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • ファンタジーです♪

    フル フル って何だろう(?_?)

    可愛い表紙の絵(柿本幸造さんです!♪)

    この面白い題名と表紙の可愛い熊に引かれて買ってしまいました♪

    フルフルって葉っぱが落ちる音みたいですね♪!

    柳の葉っぱが枯れたのを見た「神様」が最後の葉を魚(シシャモ)に変えたそうです♪

    だからシャモの事を柳葉魚と書くんですね!

    アイヌの言い伝えの昔のお話のようですが・・・!

    お話は大人が読むととても「ファンタジー」なのですが!

    もう少し・・・今の子供たちにも解り易く!現代的に書いたらいいんじゃないかな?と思いました。

    掲載日:2007/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • アイヌの語源でししゃもは柳葉魚!

    • てんぐざるさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子9歳、女の子4歳

    「テーマ」の捕らえ所はすごい!と思いました。
    でも、それは後書きの解説を読んでから。
    小さな子供には後書きなんて関係ないから、ちょっと話が読めないかな?せっかくのお話が、ただのかわいいクマのお話で終わってしまうと、勿体ない気がします。
    「フルフル」というストーリーを神様の世界のものにせず、もっと現実味を帯びたお話すればよかったのに。
    ちょっと残念でした。
    ししゃもって魚は、アイヌ語で「柳葉魚」と、書くんですって、確かに細長くって、ちょっと魚みたいな葉っぱですよね。

    掲載日:2004/07/15

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(3.88)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット