十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

Mister Seahorse」 みんなの声

Mister Seahorse 作:エリック・カール
出版社:Philomel Books
本体価格:\1,740+税
発行日:2004年
ISBN:9784904636541
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,023
みんなの声 総数 2
「Mister Seahorse」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • Philomel

    この絵本は何度も同じ文が出てくるので子供も私もとってもわかりやすかったです。いろいろな魚の子育ての様子が英語で書かれていたのですが、その英語もとっても分かりやすくってとっても楽しめました。でも、魚の名前の英語が難しかったです。

    掲載日:2014/01/14

    参考になりました
    感謝
    1
  • パパ’s 絵本プロジェクトにぴったり!

    • ムースさん
    • 40代
    • ママ
    • その他
    • 男の子10歳、女の子4歳

     エリック・カール氏の最新作「Mister Seahorse」(=たつのおとしごのおとうさん)ですが、パパ’s 絵本プロジェクトのテーマにぴったりの内容ですよ! 
     虫、動物たち……など自然界をテーマに絵本制作を続けてきたカール氏の今度の作品は、海の生態をテーマにしたもの。たつのおとしごはオスが子供を産むことで知られていますが、この絵本でたつのおとしごのお父さんが出会う他の海の生き物たちも(なんと!)みなお父さん。それぞれ子供の卵を守っていたり、世話をしていたり……とお父さんたちが子供や家族を大切にしている事実が描かれます。
     オスが産卵や孵化に協力している生物って、たくさんいるのですね。この自然な姿勢は、人間界に置き換えたらとても象徴的です。子供を思う気持ちや行為は父親、母親に限らず、「こうでなきゃいけない!」というのではなく、こういう風に自然なことなんだとあらためて感じました。お話の展開はシンプルかもしれませんが、そこに描かれる世界を垣間見るだけでも十分でした。
     各見開きページには透明シートがはさまれ、海の透き通った美しさを演出するちょっとした仕掛けも施されています。
     これ、邦訳されたら、パパ’sのバイブル的絵本になりますね! あまりのタイミングのよさに本屋さんで感動してしまいました。父の日のプレゼントとしても最高だったなあと思いました。(これにすればよかったな……。歴史の本にしてしまいました。)

    掲載日:2004/07/15

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ドイツで大人気!バニーが日本上陸

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット