十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

くませんせいいそげいそげ」 みんなの声

くませんせいいそげいそげ 作・絵:おぐら ひろかず
出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1999年
ISBN:9784893254825
評価スコア 4.17
評価ランキング 16,696
みんなの声 総数 5
「くませんせいいそげいそげ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • はるですなあ

    あわてんぼうで怖がりなくま先生がおこす騒動ですが、勘違いだとわか

    ったときの、「イヤー その・・・・・

           町は すっかり 春ですなあ。

           はっはっはっはっ。」


           が、とても気に入ってしまいました。

         照れ隠しに言っても、大きな声で笑ったのがとてもはんわか

         和みました。だれにでもある間違い、勘違いですが、必死で

         患者さんを追いかける姿にも温かくなりました。

         看護婦のたまらさんもあわてんぼうさんで、似たもの同士で

         笑えました。ほんわかとした春の気分を味わえました。

    掲載日:2010/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • あるじゃん!

    2歳10ヶ月の息子に読んでやりました。医者のくま先生が患者さんに間違ってあげてしまったかもしれない薬を取り返そうと追いかける話です。

    その薬は、タバコのような箱に入っていて赤い色。見開きの表紙のところにははっきり写っているので、息子に読みながら「これが見つからないんだね」と確認したのがよかったのでしょうか。実は、散々な思いをして患者さんに追いついたかもしれないと思った瞬間、くま先生の白衣のポケットに入っていたという落ちに息子はゲラゲラ。おなかを抱えて笑っていました。この手のストーリー展開をいつの間に理解できたの?とびっくりしました。

    イラストはソフトなタッチでわかりやすく、文章も少なく、展開が速いので、理解しやすいです。追いかけるところを、どきどきしてもらえるように読んでやると、特にその落胆振りが伝わるかもしれませんね。

    くま先生がしっかりしているけれど、ちょっとまぬけで臆病者なのがとても身近に感じるというか、心あたたまるキャラに写ります。お世話になっている先生もこんな感じかも!と思えると、ちょっと楽しいですよ。

    親子で結果にびっくり!するような本を楽しんで読める方たちにはお勧めですよ。

    掲載日:2010/06/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっとした冒険・・・

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    かわいい絵にひかれて図書館で借りてきました
    おはなしはくま先生のちょっとした勘違いから、始まった小さな冒険です・・・
    自転車のパンクや、ボートの移動に子供達も読んでいて、ハラハラドキドキするのではないでしょうか・・・?
    くま先生の怖がり方には子供も同情(?)
    ごまかし方もなぜかかわいいくま先生に、ほのぼの感が残って、読み聞かせしやすいと思います

    掲載日:2010/06/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 内容も絵も可愛いです

    • よっよさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    少々おちょこちょいのくま先生が、すでにバスで帰ってしまった患者さんに、間違えて強い薬を渡してしまったと思い、しっかり者のさなえさん(うさぎのかんごふさん)と自転車〜ボート〜(この間てんやわんやです【笑】)で追いかける・・というあらすじです。

    文章・内容ともに2歳の子供にも分かり易く、集中して読み聞かせが出来ました。なんといっても絵が可愛くて素敵!何処かで見たことがあるような、私が小さい頃にも見たような絵です。ほんわかとした、温かみがあります。

    自転車がパンクした場面では、子供は初めてパンクという意味を知り、この絵本でパンクを覚えました。絵本に出てくるキャラクターに実家で飼っているハスキー犬が出てきた時には「○○だ!!」と喜んでました。

    ハスキー犬を飼っていらっしゃる方や、近所に大好きなハスキー犬がいるというお子さんも、きっと同じような反応をするのではないかな♪と思います!

    ピンチの時には「どうしたのかな、大丈夫かな」と心配し、上手く切り抜けた時には「良かったね」と、親子と絵本とで共感できる事と思います。

    優しい気持ちになる内容と絵です。機会があれば読んでみてくださいね!

    掲載日:2006/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • あわてんぼうさん

    くませんせいが、患者さんが間違って強い薬を持って帰ったと勘違いをして、バスを追いかけるために大変な思いをするというお話です。自転車はパンクするし、ボートに乗せてもらって怖い目にはあうし・・・ちょっと怖がりのおじいちゃん先生です。結局、薬はくませんせいのポケットにあったので、ほっとするやら力が抜けるやらという感じです。ほんわかした感じでした。

    掲載日:2004/07/26

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / わたしのワンピース / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


たたかえ!じんるいのために!

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット