モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

ミルトンのクリスマス」 みんなの声

ミルトンのクリスマス 作・絵:ハイデ・アルダラン
訳:おおさわ あきら
出版社:朔北社
本体価格:\1,200+税
発行日:2001年10月
ISBN:9784931284760
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,440
みんなの声 総数 8
「ミルトンのクリスマス」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 猫のクリスマス

    このお話は、一匹の猫のミルトンがクリスマスの日をどのように過ごしていたかを描いたお話でした。料理をつまみ食いしたり、自分へのプレゼントをあけてみたり、へんてこな夢を見たりととっても騒がしい一日にうちの子はおどろかされていました。

    掲載日:2016/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 猫目線のクリスマス

    猫のミルトンからの目線だと、クリスマスってこう見えるのだなーと思いました。
    ミルトンの行動がドタバタで、面白かったです。
    ただ残念なことに、絵がちょっと見づらかったかな・・・
    黒の線だけですが、ぎっしり描かれていたもので。

    掲載日:2014/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 2才のツボ

    赤と黒と白のおしゃれな表紙の絵に惹かれて手にしました。2才の長男が、なぜか気に入って手から離しません。ミルトンのダイナミックでお茶目な行動が、2才のツボにはまったようです。
    ウチでは猫を飼っていないけれど、もしいたらこんな行動を本当にするのだろうなぁと想像すると楽しくて、猫を飼うのも悪くないかな?などと夢想してしまいます。わたしもすっかりミルトンのファンになってしまいました。
    他のシリーズもぜひ読みたいです。

    掲載日:2011/12/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大興奮

    表紙の赤、黒、白の絵に惹かれて図書館から借りてきました。

    とても、強烈な印象を受けた色彩でした。

    中身も、白、黒だけなのにねこのミルトンの登場と、ねこのミルトンの

    つぶやきだけなのに、とても躍動感があり漫画っぽくって笑いありで、

    面白いです。鳥を捕まえようとしたり、ボールとじゃれあったり、家族

    からのクリスマスプレゼントを見つけると、大格闘したりとスリルあり

    の絵に惹かれます。

    ミルトンシリーズ面白いので他のも読みたいです。

    掲載日:2010/09/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 躍動感が伝わります

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子10歳、男の子6歳

    猫にとってのクリスマスっも、日ごろの生活よりもドキドキわくわく感が強いのかなあって、想像しちゃいました。
    猫ちゃんの動きってすばやい!それが、静止した絵でなのに伝わってきます。好奇心旺盛なミルトンの動きに「バサッ!ドサッ!」みたいな音が聞こえてきそうです。墨一色で勢いよく描かれた絵が効果を発揮していますね。
    お話のなかに人間がひとりも出てこないのがいいですね。その分、猫ちゃんが思う存分好きなことをやっていて、こちらまでいたずら好きな猫になったような気分になります。

    猫ちゃんがクリスマスの意味をちゃんと知ってしまうのは、おかしな話。猫ちゃんなりのクリスマスの楽しみ方があっていいんですよね。

    掲載日:2009/12/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵がインパクト大

    中は白と黒で描かれ表紙は赤と白と黒で
    かなりインパクトがあります。

    内容はちょっと生意気な猫なので笑え
    ますが息子が『ちぇ、かんじわるーい』
    ってマネをしだしたら嫌だなっと思い
    ます。

    掲載日:2009/12/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • すっごいやらかしてます!!

    この本の主人公ミルトンという猫が
    おばあちゃんちで飼っている猫にあまりにもそっくりなので
    この本を読むときは、その猫のつもりで読んでいます。
    物語は猫目線で進行しているので
    なんとなくこんな漫画あったなぁという気もしてしまいますが、
    猫の生態や特徴をすごくつかんでいるので
    ありえるいたずらがいっぱい出てきて
    見ているこちらははらはらどきどき。
    クリスマスのご馳走を、ミルトンは一人でやらかしています。
    その後がとってもとっても気になる本です。

    掲載日:2007/09/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもろいネコです

    「ミルトン」シリーズ第2弾。

    マイペースでちょっと生意気、でもどこか
    憎めないネコのミルトンがクリスマスに大暴れ。。
    家族がミルトンへ用意してくれたプレゼントの箱を
    「え?ネズミが?このなかに?」「やっつけろ!」
    と興奮してぐちゃぐちゃにしちゃうとこなんて
    くすっと笑ってしまいます。

    文章じゃなくて、全体がミルトンの短いセリフで
    成り立っているので、読み聞かせに向いていると思います。
    絵も味がありますよ。

    掲載日:2004/07/26

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。
  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット