ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

ねぎぼうずのあさたろう その3 人情渡し舟」 みんなの声

ねぎぼうずのあさたろう その3 人情渡し舟 作・絵:飯野 和好
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2001年03月
ISBN:9784834017427
評価スコア 4.16
評価ランキング 17,057
みんなの声 総数 24
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

24件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • おとうさん!?

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    ねぎぼうずのあさたろうが父親のことを思います。
    …あー、おとうさん出たー!
    このまま互いに気づかないまま、すれ違ってしまうのかなと思っていたら、最後、気になるところで終わっていますね。
    続きが気になるのでその4を読みたいです。

    掲載日:2016/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 時代劇に馴染みがない幼児ですが

    時代劇に馴染みがなくても、やはり時代劇の面白さに子供から大人までひきつけられるんだろうなと感じました。
    今回、あさたろうのお父さんの登場するお話。さてさて、次が気になります。私もだんだんハマってきました。

    掲載日:2015/09/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 息子は最近、あさたろう(というか、にんにくにきち)に夢中♪
    今回も、あさたろうたちの人情あふれる振る舞いに、大感激した様子でした。

    よしわらに売られた娘がやけに色っぽく美人さん。
    「よしわら」って何?って言われたらどうしよう・・・と思っていましたが、
    なんとなくスルー。

    わかりにくい言葉がたくさん出てくるのですが、絵や文脈でなんとなくわかるのか、
    「それなに?」とはあまり聞かれませんでした。

    あさたろうに、お父さんがいたとは!
    訳あって旅に出ているとは!
    そのお父さんが、見ず知らずの人に50両をあげちゃうなんて!

    そして、話が終わったようでいて、始まるような終わり方。
    次が気になっちゃう〜。
    さっそく、その4を読まなくっちゃ!!

    掲載日:2012/05/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 気になる、あさたろう父

    今回のあさたろう、おみつという奉公娘を助けます。
    そのとき、手助けに表れたのが、あさたろうの、おとっつあん!
    なんということでしょう!
    ちらりと登場しただけで、気になる終わりかたでした。
    どうしても気になるので、さっそく続きを読まなくては。

    掲載日:2012/03/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 勧善懲悪の時代劇

     その1、その2を購入し、すぐにも続きが読みたいと言う娘のために、その3から7までをまとめて図書館から借りてきました。

     その1、その2では、大迫力のねぎじる攻撃がハイライトになっていたのですが、その3になると、「人情渡し舟」の副題どおり、勧善懲悪の時代劇そのものの展開になりました。
    娘は、いつ度肝を抜く戦術が見れるかと、わくわくしながら待っていましたが、あれ?もうこれでおしまいなの?という感じで、物足りなさが残ったようでした。

     江戸の吉原から逃げ戻ってきた娘を助ける、という人情物語も、子どもに説明するのには少し難しいところがありました。

    掲載日:2011/09/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 時代劇を観ているかのよう・・・

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子19歳

    話が2本立てですすみ
    なんと!おとうさんとの再会なんですね

    なんとも「いきだおれ」とか
    「よしわら」「ほうこう」とか
    時代劇の雰囲気プンプンですが
    こどもって、わかるんですかね?
    この感じ

    人情が絡むところが
    いいです

    どうなるんだろう・・・

    掲載日:2011/08/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幼児にはなかなか・・・

    娘が幼稚園で借りてきたのですが
    ものすごく癖のある語り口調(たぶん浪曲調)がかなり難解で
    幼児にはなかなかなじみにくいものだったようです。
    時代劇のような人情ストーリーも
    「どういうことなの?」の連発
    唯一、あさたろうのお父さんと思われる状況で
    なんだか続きがある具合のラストシーンが気になり
    続きを読みたいとは申しておりましたが
    再度本を開くことはありませんでした。
    ・・・読み手の力量が問われます・・・。
    何回か読み込まないと、スラスラとはいかないので
    なかなか難しいものでした。

    掲載日:2010/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • てやんでい

    その7を贈り物で頂き、息子も大好きになったのでさかのぼってその1その2と読んできたのですが、その3でやられました。あさたろうのお父さんが出てきたかと思ったら、しかも何やら訳ありな感じで、しかも五十両も持って(今の50万円くらい?500万円くらい?)それをポンと追っ手に手渡して…しかも最後に渡し船で出会ったと思ったら…ちょうどじかんとなりました、って…う〜ん我々も先を急ぐしかない。またのかつやく、私も息子もおたのしみ〜

    掲載日:2010/03/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 知らず知らず惹き込まれる〜!

    • ぼのさん
    • 40代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子15歳、女の子13歳、女の子8歳

    遅ればせながら「あさたろう」シリーズに興味を覚え、少し前に1,2巻を読みました。3巻以降は、浪曲のテープかビデオで感じをつかんでから・・・なんて思ってましたが、忙しくてそのままに(汗)。そしたら、次女に「緑の丸い顔のなんとかたろうの本読んで」とリクエストされ、「ああ、あさたろうね。」と、3,4巻を借りてきました。

    なので、相変わらず、浪曲調がわからないまま、自己流で読みました。

    前回子分になった、にんにくにきちと旅をするあさたろう。三日月を見ながら、おとっつあんを思い出し、センチメンタルな気分に。
    で、場面は変わり、あさたろうによく似た、丸い顔のドアップ!
    誰かと思えば、おとっつあんなんですね!!!
    す、すごい、かっこよすぎる〜♪

    もう、この展開、まるっきり時代劇ですね。え、え?!でも、子どもの絵本に「よしわら」かよ〜!と思いつつ、ついつい惹き込まれてしまいます(笑)。
    こんないいところで終わっちゃうなんて〜!!!

    次女はどこまでわかってるのか?!でも、すごく好きみたいです。
    4巻目も早く読まなくちゃ〜!

    掲載日:2009/08/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 三日月!

    • 四パパさん
    • 30代
    • パパ
    • 大阪府
    • 女の子5歳、男の子3歳

    小気味よく進むストーリーが気持ちよく、あさたろうを始め
    味わい深い出で立ちのキャラクターが織り成す人間模様に、
    これぞ時代劇という流れがしぶいシリーズ3巻目ですが、
    冒頭で三日月を見て、父を思い涙するあさたろうの場面から
    期待が膨らみ、早くもながきち登場の展開にしびれました。
    ながきちの「おめえの顔なんざ最初から泥だらけじゃねえか」
    には、うまい!しぶい!で座布団三枚あげたいです。
    しかし良い所で終わりすぎで、そら無いよ〜となりますよ。

    内容が濃くなった分子供達にはわかり辛かったようですが、
    息子が小判を貰って何も悪いことをせずに帰った悪者を見て
    不思議そうだったのが面白く、娘もいろいろ考えながら見て
    るようで、三日月に関するヒントをあげたんですが、なが
    きちが父親だと気付いて嬉しそうでした。

    お気に入りの場面
    娘&息子:「ん?」となりながらもしっかり注目してました
    僕:「おめえの顔なんざ最初から泥だらけじゃねえか」

    掲載日:2009/07/18

    参考になりました
    感謝
    0

24件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(24人)

絵本の評価(4.16)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット