うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

ねぎぼうずのあさたろう その4 火の玉おてつのあだうち」 みんなの声

ねぎぼうずのあさたろう その4 火の玉おてつのあだうち 作・絵:飯野 和好
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2003年03月
ISBN:9784834019322
評価スコア 4.35
評価ランキング 10,154
みんなの声 総数 22
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

22件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • おてつって、あの方ですよね?

    息子が夢中になっている「あさたろう」
    なかなか声に出して読むのは読みにくいのですが、内容が面白いので、
    親も結構夢中になっています。

    今回は、あさたろうとその父のながきちが協力して、おてつのあだ討ちをお手伝いします。
    おてつって、「お徹」ってことですよね?
    親はクスッと笑えました(子供はわからないでしょうが)

    その3までは感じませんでしたが、ながきちと比べると、
    あさたろうはかなり若くてフレッシュで小ぎれいです。

    今回は、話の展開にスピードがあって、ドラマとしても盛りだくさん!
    とっても楽しめました♪
    ぜひ読んでみて欲しいと思います。

    掲載日:2012/05/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • あさたろうのお父さん

    子供も、この「あさたろう」ワールドにはまりつつあります。
    「もっと、続きが読みたいな」など言い始めました。

    今回、気になっていたあさたろうのお父さんが、はっきりと描かれました。
    その性格は、「さすが、あさたろう父!」といった感じです。
    正義感が強くて、腕っぷしも抜群。
    かっこいいじゃないですか!

    なぜ、あさたろう母子と離れているのかなど、疑問が残ったままなので、さらに続編に期待します。

    掲載日:2012/03/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 徹子さん?

     最初のページからいきなり黒柳徹子さんそっくりの玉ねぎ頭の女の人が現れて、びっくり! 
    この「おてつさん」、見かけはしとやかですが、すごい腕っ節の持ち主。ねぎたろうといっしょにおとっつぁんの敵を討ちます。
    お見事〜、おてつさん! 

    どうやらこの巻だけの登場のようですが、またぜひどこかで会いたい(!)、そんな魅力あるキャラクターです。

    掲載日:2011/09/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 毎回スッキリ!気持ちいい

    悪者、良い人、分かりすぎて気持ちがいいです。

    悪者のおやぶん、顔からしてすごい事になってますね。 それで、やってることも酷いです。 火の玉おてつを自分のものにしたくておてつのおやじさんもばっさり…。
    それでも、まだおてつを自分のものにしようとしています。

    その悪だくみを聞いたのがあさたろうとにきち!
    黙っているはずがありません。
    相変わらず、かっこいいですね。

    立派におてつさんのかたき討ちのお手伝い。

    それを、見守るあさたろうのおとうさん。

    あさたろうに名乗らないということは何か理由があるのかな?

    それでも、毎回すっきりさせてくれるのでお気に入りの本になってます。
    まだまだ続きが楽しみです。 

    掲載日:2011/08/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろんな人との関わりの中で・・・

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子19歳

    おてつさんって、黒柳徹子さん(^^ゞを
    参考にしたのかしら???
    この方も玉ねぎですよね?
    仏壇にも玉ねぎがあるし・・・

    すじのまがった悪者は
    本当に、憎らしい感じで
    どうにも同情も出来ず
    悪者にしか見えない・・・(^^ゞ

    あれ?お父さんと同じ場所で
    同じおてつさんに関わっているのに
    逢えないのね・・・

    「あらびき神社」の命名も気になる(^^ゞ
    続きも気になる・・・

    掲載日:2011/08/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • うううううむ気になる…

    その3までは読めたのですが、その4はずっと図書館で借りられてて読めずじまい…前回がものすごく気になる終わり方だったのでずっと気になったまま数週間かかりました。やっと借りられました。あさたろうって人気あるんですね!
    さてお話はいよいよお父さんが色濃く関わってきて…親子関係を横軸におてつさんの仇討ち(おてつって名前がステキ!憧れちゃう…)が縦軸になってお話が進んでいって…と思ったら最後にまた含みを持たせまくる終わり方!気になります…その5も借りられたままだし…また悶々とした日々を過ごす事になりそうです。
    強いて言えば、あさたろうが小耳に挟んでしまう豆ぞうの回顧シーン、これが息子には回りくどくて分かりにくかったみたいです。肝になる場面だけに、そこが残念で星一つ減らしました。

    掲載日:2010/03/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • おてつ!

    • 四パパさん
    • 30代
    • パパ
    • 大阪府
    • 女の子5歳、男の子3歳

    小気味よく進むストーリーが気持ちよく、あさたろうを始め
    味わい深い出で立ちのキャラクターが織り成す人間模様に、
    これぞ時代劇という流れがしぶいシリーズ4巻目ですが、
    ながきちが「気になるぼうずを見かけたもので」と言った次
    ページにあさたろうが街道を走ってる場面、おてつを自分の
    ものにと悪巧みする灰かぶりの豆ぞうが登場する場面の次ペ
    ージに、三年前の事件(おてつの父、火の玉のおやじさんが
    闇討ちに合う)の回想を持ってくる構成がしぶいです。
    今回父親とのご対面かと思いきや、まさかまさか次回への
    持ち越しってことで、最後のページ「あっ!ながきちさん」
    というおてつのセリフで終わる展開におおー!っと盛り上が
    ると思います。

    娘はこのシリーズ、なぜか悪者以外にねぎ汁の巻き添えを、
    ちょっとだけ食らっている人達が気になるようで、涙をポロ
    リと流すおてつさんを見つけて喜んでました。

    お気に入りの場面
    娘:ねぎ汁の巻き添えをちょっとだけ食らっている人達
    息子:見開きページいっぱいのねぎ汁攻撃
    僕:これぞ時代劇と感じるストーリー

    掲載日:2009/08/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねぎぼうずさん

    ねぎが活躍?

    迫力ある顔をした

    ねぎやにんにくこもも、、、
    たくさんの野菜たち

    時代劇風な渋さもあるけど

    つい夢中になってしまう

    一度見たら忘れない顔あさたろう!!!

    アニメも面白いので

    大人にも子供たちにも人気がありそう

    掲載日:2009/07/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 善悪のキャラがとってもわかりやすいよ

    • doruさん
    • 40代
    • その他の方
    • 兵庫県
    • 姪9歳

    善悪がはっきりしていていいですね。あさたろう、火の玉おてつ、そして三日月のおとっちゃん。みんなりりしいかおをしてかっこういいです。それに比べて。灰かぶりの豆ぞうとその子分ってとっても悪い顔をしていますね。テレビドラマ水戸黄門につながる勧善超悪の絵本です。
    それと今回の絵本で気に入ったのは、あさたろうが身体中からねぎ汁を出すところです。その出方といったら画面いっぱいで、本を抜け出して絵本までが匂ってきそうな迫力で笑えます。

    掲載日:2009/06/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親子なのに・・・

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子17歳、男の子14歳

    お父さんだったのに、声をかけることができなかったんだね〜
    複雑な心境を桑の実食べながら語り合う姿に、幼いころに別れてしまった自分でも理解できない感情がうまく表現してますね
    今回は同じ正義の心をもって成長した息子の姿を父が見てどう思ったんだろうと感じます
    それにしても毎回登場する悪役は、いかにも悪そうな人相で迫力あります!
    あまり時代劇に興味を示さなかった子供も、少しずつ気になってきたみたいです

    掲載日:2009/01/17

    参考になりました
    感謝
    0

22件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / かいじゅうたちのいるところ / バムとケロのさむいあさ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


2つの写真のまちがいをさがそう

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.35)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット