もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

ねぎぼうずのあさたろう その4 火の玉おてつのあだうち」 パパの声

ねぎぼうずのあさたろう その4 火の玉おてつのあだうち 作・絵:飯野 和好
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2003年03月
ISBN:9784834019322
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,900
みんなの声 総数 23
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おてつ!

    • 四パパさん
    • 30代
    • パパ
    • 大阪府
    • 女の子5歳、男の子3歳

    小気味よく進むストーリーが気持ちよく、あさたろうを始め
    味わい深い出で立ちのキャラクターが織り成す人間模様に、
    これぞ時代劇という流れがしぶいシリーズ4巻目ですが、
    ながきちが「気になるぼうずを見かけたもので」と言った次
    ページにあさたろうが街道を走ってる場面、おてつを自分の
    ものにと悪巧みする灰かぶりの豆ぞうが登場する場面の次ペ
    ージに、三年前の事件(おてつの父、火の玉のおやじさんが
    闇討ちに合う)の回想を持ってくる構成がしぶいです。
    今回父親とのご対面かと思いきや、まさかまさか次回への
    持ち越しってことで、最後のページ「あっ!ながきちさん」
    というおてつのセリフで終わる展開におおー!っと盛り上が
    ると思います。

    娘はこのシリーズ、なぜか悪者以外にねぎ汁の巻き添えを、
    ちょっとだけ食らっている人達が気になるようで、涙をポロ
    リと流すおてつさんを見つけて喜んでました。

    お気に入りの場面
    娘:ねぎ汁の巻き添えをちょっとだけ食らっている人達
    息子:見開きページいっぱいのねぎ汁攻撃
    僕:これぞ時代劇と感じるストーリー

    掲載日:2009/08/26

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / かいじゅうたちのいるところ / バムとケロのさむいあさ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『BigBook ふしぎのくにのアリス』 <br>藤本真央さんインタビュー

みんなの声(23人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット