うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

かえりみち」 みんなの声

かえりみち 作:じゅてん
絵:オオノ ヨシヒロ
出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2003年11月
ISBN:9784790251026
評価スコア 4.3
評価ランキング 13,138
みんなの声 総数 9
「かえりみち」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 表情

    表紙の男の子の表情と月の表情のコントラストが魅力的だったのでこの絵本を選びました。主人公の表情が刻々と変化していく描写が素晴らしいと思いました。それに対して主人公のお母さんがとても逞しいので感動しました。こんなお母さんと一緒にいる主人公は心強いだろうなと感じました。夜道の雰囲気を臨場感たっぷりに描いているのが良かったです。

    掲載日:2009/08/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • お化けだって夜道は怖い!

    ママとボクは帰り道。でも夜道が怖いのかいろんな動物の影が増えてきます。そして、、、最後はお化け!でもお化けも夜道が怖いみたい。みんなで帰れば怖くない。影も1つに合体です。

    シンプルながらも、ママと子供のあたたかさが伝わります。私と娘も、手をつないで幼稚園から登下校していますが、私も娘も、そうやってお互いの手のあたたかさを感じるのが好きです。親子でいたら怖くない。友達もいっぱいそろえばますます怖くない。

    オチはないけど好きな本です。

    掲載日:2011/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 詩人の書いた絵本!

    独特な言葉と雰囲気たっぷりの絵本です。
    特に作者のじゅてんさんが詩人というだけあって、分かりやすく少ない言葉数でその場の空気感まで表現してくれます。

    物語としても、展開があってとても良いと思います。

    6歳と8歳の姪っこは、とても気に入って何度も読んでいます。

    優しい心が育つ、そんな絵本だと思います。

    掲載日:2011/07/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読みやすい

    • ディドルさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子5歳、女の子3歳

    5歳と3歳の子供達に読みました。
    繰り返しの多い文章ですので、リズム良く読め、子供たちも楽しんでいます。「ひとつ」から「やっつ」までの数も出てくるので、数の数え方の勉強にもなります。

    掲載日:2011/06/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 寝る前の読み聞かせに

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子4歳、男の子2歳

    真っ暗の帰り道。
    家路を急ぐ男の子とお母さん。

    最初についてきたのは「おつきさま」
    「おつきさまも ひとりじゃ こわいんか」

    そして次々あらわれる動物たちも、皆ついてきます。

    どんな動物がついてきてもニコニコ笑っているお母さんに
    母の温かみと安心感を感じますね。


    そして最後についてきたのは・・・!?


    心がぽかぽかする絵本です。
    寝る前の読み聞かせにオススメ!!

    掲載日:2010/10/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私もこんな母になりたいっ☆

    まっくらでこわい帰り道。
    次々に色々な動物が集まってくる。

    「そうかみんなこわいんか。」

    大集合は、1から始まり9番目はなんと「おばけ」。

    恐がるみんなだけど、震えるおばけを見て

    「なんだおばけもこわいんか」

    そして、最後はみんなの影がひとつになって、
    なんだかほのぼのあったかい。

    途中、何にも動じることなくニコニコし続けてる
    お母さんの表情が印象的でした!

    数あそびにも使えます☆☆

    掲載日:2010/06/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 信頼

    「かあちゃんの手」は、やっぱり頼もしい!

    いつも僕を守ってくれている手にあつい信頼を持てます!

    怖い怖い夜だって「かあちゃんの手」に繋がれていれば、大丈夫って

    安心できます。

    男の子が驚いていても、かあちゃんはいつも笑顔でいてくれるし、ちょ

    っと怖くっても男の子を守ろうとしているのがひしひしと伝わってきま

    す。

    おばけさんが、震えているのをみたかあちゃんは、「困ったわねえ」

    って温かく見守ってくれているようでした。

    かあちゃんの愛情がいっぱい感じられて読んでいる方にも優しくなれる

    絵本です。数も「二つ〜八つ」まで孫は一緒に数えていました。

    ゆっくりゆっくりの孫にも絵本を毎日欠かさず読んでいるせいか、言葉

    も沢山でるようになりました。とても感謝しております。

    絵本から学ぶことが多く、孫もそうですが私も幸せな時間を過ごしてお

    ります。この絵本もかあちゃんの愛情で幸せになれました!

    掲載日:2009/09/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 男の子の目線

    男の子の目線にたった本だと思います。
    文章も「おれ」という言葉が出てきますし
    ねぇかあちゃんっていう文から全てが始まります。
    暗い帰り道は恐い。

    おばけも、かえるも夜は恐いのかなって思う主人公。
    そして、みんなでいれば恐くないって結論に達するのですが俺はかあちゃんがいるから大丈夫。
    母親に対しての安心感とかが伝わってくる絵本でした。
     子供の反応はイマイチでした・・・

    掲載日:2008/03/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夜はみんな怖いんだ

    • ママちゃんさん
    • 20代
    • ママ
    • 栃木県
    • 男の子4歳、男の子2歳

     お母さんと男の子が帰って行きます。でも、男の子は夜道が怖いみたい、森の動物達も怖くてついて来たよ。
    でも、男の子が怖がっていたお化けも一人じゃ怖いんだってさ。
    お母さんが、笑顔でそばに居て、心強い感じがしました。

    掲載日:2004/07/27

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.3)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット