たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

しろくまのペーター」 みんなの声

しろくまのペーター 作・絵:にしかわ おさむ
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2003年
ISBN:9784774605784
評価スコア 4
評価ランキング 18,455
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 楽しいお話ですが親心は。

    北の国に住むしろくまの子供ペーターが憧れる南の国へ行くお話です。
    人間の船員さん達とペーターの交流も温かく楽しいお話です。
    6歳幼稚園年長さんの娘は可愛いイラストに見入りながら楽しんでいましたが,親の私としてはペーターの親御さんは心配でたまらないだろうな〜などと考えてしまいました(笑)。

    掲載日:2016/08/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • あこがれの南の島

    しろくまのペーターが行ったことのない

    南の島に運よくたどり着けるお話です。

    毎日寒い北の国で過ごしていたしろくまにとって

    南の島はまったくの別世界。

    太陽のしたで遊んだり、寝転んで昼寝したり

    とっても楽しそうでした。

    いろんな経験をして、少しおにいちゃんになって

    成長したペーターも頼もしかったです。

    掲載日:2013/08/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • しろくまくんの旅

    • お豆腐さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子4歳

    周囲の人たちが温かくて、ほのぼのとしてくるストーリーです。これから大人になる子供たちの周りの
    大人たちが、みんなこんな風に温かい目でみてくれる人たちだったらいいのになぁ、と思いました。

    可愛い子には旅をさせろ、といいますが、旅から学ぶものって大きいのかもしれません。

    掲載日:2012/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 南の島へ・・・

    「10ぴきのおばけ」シリーズのにしかわおさむさんの絵本です。
    北の国に住むシロクマのペーター、ある日空から落ちてきた南の島の写真を見て南の島に憧れたペーターは一人で南の島を目指します。
    親からして見ればハラハラしてしまう展開なのですが、ペーターはいたって元気いっぱい。途中出会った船員さんたちにも助けられ、無事に南の島を満喫することが出来ました。
    でも、暑さのせいで体がおかしくなり・・・。

    まだ子供なのに、自分ひとりでやりたいことをやり抜くペーターは大したものですね。可愛い子には旅をさせろとよくいいますが、外の世界を知って、自分のふるさとの良さがやっと分かったのかもしれません。
    お話も分かりやすくて、読み手も読みやすい一冊です。

    掲載日:2010/08/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • にしかわおさむさん

    にしかわおさむさんの作品だったのでこの絵本を選びました。主人公の人生が1枚の写真によって劇的に変わっていく経過が楽しかったです。未知の事を怖がらずに楽しみにする主人公の性格が素晴しかったです。主人公の人柄の御蔭で周りの人から可愛がられ、慕われるのだと思いました。お母さんもおどおどせずに自らの子供のことを信じて待つ姿に感動しました。私も主人公のお母さんの様に娘を信頼して娘のしたい事を応援してあげられるようになりたいと思いました。

    掲載日:2009/04/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 憧れの南の島へ

    ペーターが憧れの南の島に、貨物船の船員さんたちに助けられて行きま

    す。未知への世界へと冒険に出かけるペーターですが、親切な船員さん

    たちのお陰で目的も果たせて本当によかったと思います。

    憧れの南の島の生活も体験できたし、思いっきり楽しく遊べて本当によ

    い体験ができてよかったと思いました。

    ただ、いなくなってしまって親の気持ちを思うと切なくなりますが、な

    により無事で帰ってきてくれたペーターに感謝したいです。

    一回りもふた周りも大きく成長した息子の姿をみることが出来て、ハッ

    ピーエンドに大満足の私です。

    きっと北の国が一番いいなとペーターは、知ったと思いました。

    自分の生まれた国が一番いいと思ったと思います。

    掲載日:2009/03/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 南の国へ

    しろくまのペーターが南の国へ冒険するお話。
    人間と一緒に遊ぶ風景にほのぼのさせてくれます。
    「くまのパディントン」のしろくま版のようで愉快です。
    字が大きくて読みやすく、絵もシンプルでわかりやすいです。

    掲載日:2004/07/28

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!
  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット