もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

ひらめきルーカス学級委員はだれだ?!」 みんなの声

ひらめきルーカス学級委員はだれだ?! 作・絵:ハーウィッツ
訳:安藤 紀子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\971+税
発行日:1994年06月
ISBN:9784494002740
評価スコア 3.5
評価ランキング 34,218
みんなの声 総数 1
「ひらめきルーカス学級委員はだれだ?!」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • アメリカ的

    ひらめきルーカスシリーズの第三弾です。

    五年生になっているので、もう少し複雑な悩みも抱えていそうにも思うのですが、この辺は男の子だからなのか?相変わらずの明るさでした。

    シリーズでタイトルにもルーカスの名前があるのに、主人公はルーカスではなく友だちのジューリオでした。

    今まで気がつかなかったのですが、ジューリオはプエルトルコからの移民のようです。私はのプエルトリコ人のことや、歴史的背景は何も知りませんでした。

    学級委員選挙の決め方も日本的なものとは違いますし、アーサーがサッカーで壊したメガネをみんなのカンパやバザーを開いてその売り上げで買おうというのが日本にはない発想だと思いました。

    昼食を学校で買うということがあるので、学校へお金を持って行くということや子どもであってもお金を稼ぐというのがアメリカ的だと思います。

    そんな違いはあるものの、小学生ということは共通、ルーカスの双子の弟たちがとんでもないことをしでかしもして、おもしろい回だと思いました。

    掲載日:2010/04/25

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



しかけをめくると、大へんしん! 『ドアをあけたら』しまだともみさんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット