うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

こがねぐも」 みんなの声

こがねぐも 作:甲斐 信枝
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2009年09月
ISBN:9784834004076
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,258
みんなの声 総数 3
「こがねぐも」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 蜘蛛の観察

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子16歳、男の子13歳

    作者の、こがねぐも観察記録、といったところでしょうか。
    物置部屋に持ち帰り、ずっと「飼育」してみた、というのですから、
    びっくりですね。
    表紙のグロテスクな容姿にたじろいでしまうかもしれませんが、
    冒頭から、「こがねぐもって おもしろい いきものなんですよ。」と
    語りかけられるので、興味を持ってしまいます。
    なんと、えさも自ら与えていた、というからすごいです。
    お刺身もOKなんてびっくりです。
    獲物を糸で捕らえる様子が、克明な絵で描かれます。
    くもの糸の不思議もよくわかりますね。
    でもやっぱり圧巻はこぐもたちの誕生です。
    くもに親近感がわきますよ。

    掲載日:2009/12/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • クモも大変だとわかります。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子18歳、女の子13歳

    『蜘蛛』自体はあまり好きな方ではなく興味もさしてなかったのですが、甲斐信枝さんが福音館の「科学絵本」として書いている作品なので、期待を込めて読んでみました。
    この絵本を見ると、クモがどれだけ器用で几帳面なんだと思いました。
    人間でいうならA型気質って、感じです。
    クモの生活というのは、技術的にとても大変なんですね。
    私にはちょっと無理かも〜。

    いまだかつて、クモの孵化したところは見たことがなかったのですが、
    この作品で描かれているようにクモ達が孵化するのなら、実際の映像は正直みたくないですね〜。
    小さい粒々したのがうようよいるのがダメな人、『クモ』そのものが苦手な人にはあまりお勧めできません。

    掲載日:2013/07/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 身近なクモ

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    朝起きると、ベランダに一晩でくもの巣ができていて、どこから来たのだろうと思います。
    自転車をしばらく乗らなかったら、かごやハンドルや車輪がくもの巣だらけになっています。

    子どもの頃、くもがえさをとる所がみたくて、くもの巣に虫を置いてみた事がありました。でも置き方が悪かったのか、虫は逃げてしまいました。

    この絵本の作者は、くもを飼ってえさもちゃんとやっています。
    刺身にはびっくりしました。
    くもの巣の縦糸と横糸は同じじゃないのですね。子どもの頃それを知っていたら失敗しなかったかも。。

    わざわざ、オスまでつかまえて繁殖もさせて、絵本では短い間になっていますが、本当は何ヶ月もかかったと思います。
    赤ちゃんくもの移動の仕方も驚きました。
    くもが大の苦手な夫に読んでみようかな。。。

    掲載日:2011/09/16

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット