雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
かずっこ☆さん 30代・ママ

心打たれる
宮沢賢治の心がまっすぐ表現されているこ…

お父さんのかさはこの子です」 みんなの声

お父さんのかさはこの子です 作:山下 明生
絵:岩村 和朗
出版社:ひくまの出版
本体価格:\1,200+税
発行日:1984年
ISBN:9784893170231
評価スコア 4.2
評価ランキング 15,859
みんなの声 総数 4
「お父さんのかさはこの子です」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 子供時代に読みました

    昔、小学生の時に夏休みに読書感想文を書いた記憶があります。
    雨の中、バス停までお父さんを迎えに行くワタルくん。
    他の人の姿が動物に見えたのは、不安の現れだったのかな?
    最後は皆が明るい顔で清々しいお話でした。
    とてもストーリーとしては優等生な感じで良いお話なのですが、
    感想文を書くのはちょっと難しかったです・・・。

    掲載日:2014/02/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • タイトルが素晴らしい

    引っ越してきたばかりの町で、傘を持ってお父さんをバス停に迎えに出たワタルは小学校一年生。
    見知らぬ町と見知らぬ人々の中で、ワタルの不安感がひしひしと伝わってきます。
    人が動物に見えてしまうのも納得。
    動物たちが人間の姿に戻るところが、ワタルの緊張感からの解放を強調しています。
    「お父さんのかさはこの子です。」
    ワタルがバス停で待っているのに、同僚に車で家まで送ってもらったお父さん。
    この一言で逆転ホームラン。
    なかなか言えないことです。
    少し前に『肩車』という詩画集を読んで、肩車のマジックを知った私ですが、このお話の閉めも肩車でした。

    掲載日:2012/08/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小学生向け?かな?

    この絵本は私自身が子どものときに学校の課題図書になっていて作文を書いた記憶があります。
    ちょうど私も引越しをしてきた当時だったので不安になってドキドキしている様子が手に取るようにわかりワタルの気持ちが少し理解できたような気がしたのを覚えています。
    ワタルが不安で胸がいっぱいの様子が周りが一斉に動物になってしまうという表現、描写からも伝わってきますが当時は、純粋にワタルが不思議体験をしたのだと受け止めていたように思います。
    題名も少し難しく、どういう意味なんだろう??と思わせるところも作者の意図もあるのかなと思います。
    絵本ですが考えさせるテーマが潜んでいてどちらかというと小学生向けなのかな?と私的には思っています。

    掲載日:2009/04/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • お父さん、大好きっ

    雨の日に、バス停まで傘を持って、お父さんをお迎え。
    バス停では、ありませんでしたが、私も小さい頃のこんな思い出があります。今は、物騒な世の中ですし、お父さんの帰りも遅いので、息子はこういうお迎えの仕方が出来ませんが、お父さんを思う気持ちは一緒です。
    思わずお話の世界の中に引きずられてしまったような、何か楽しかったです。
    お父さんに肩車をしてもらって、傘をさす。
    子供にはたまらないでしょうね・・・。

    掲載日:2004/08/03

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット