うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

オニヤンマ空へ」 みんなの声

オニヤンマ空へ 作:最上 一平
絵:せた ていじ
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2002年
ISBN:9784265034765
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,685
みんなの声 総数 7
「オニヤンマ空へ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • たくましい男の子

    • ママちゃんさん
    • 20代
    • ママ
    • 栃木県
    • 男の子4歳、男の子2歳

     男の子は、家族でお墓参りに行った帰りに、川でやごを捕まえました。それが、オニヤンマになるのですが、生後7日でなくなった妹と重なり、ひとりで元の場所に帰す事にしました。
    途中迷子になったり、雨が降ったりしますが、それでも頑張って帰してあげました。
    単なるとんぼの絵本かと思ったら、内容の濃い作品でビックリしました。

    掲載日:2004/08/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • 虫の話。ではなかった!

    お墓参りの時に捕まえてきたヤゴがオニヤンマになり、もとの公園に返しに1人で電車とバスを乗り継ぎ、迷子になり、雨に打たれて。。。
    オニヤンマと、記憶にないが幼くして亡くなった妹を重ねている少年の姿に感動しました。
    息子は内容が全て汲み取れていないのですが、感じることはあったようです。

    掲載日:2015/05/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと切ないお話

    オニヤンマのお話だと思っていたら、
    7日しか生きれなかった妹のことみを重ねていて
    なかなか深いお話でした。

    しんみりとするお話に、市居みかさんのゆるい感じの絵が
    何だかホッとしますね。

    たけるの小さな冒険で、グッと成長したと思います。

    5歳の娘に、この切なさがどこまで伝わったかしら?
    でも、じっと聞いていたので、彼女の心の中にも
    何か響くものがあったのでしょうね。

    掲載日:2012/10/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人が読むと切ないかもしれません

    図書館で夏の絵本として紹介されていました。

    絵が市居みかさんだったので、おもしろ系と踏んだのですが、違っていました。

    大人が読むと切ないかもしれません。

    生後七日で亡くなって、兄であるたけるさえ記憶のない妹のエピソードが切なく感じました。

    息子はそこよりも、やごがオニヤンマになるという方に興味がいっていました。

    たけるが妹のことみにオニヤンマを見せてやりたいという気持ちを持って行動するのが、胸を打ちました。

    子どもよりも大人の方がぐっとくる内容かもしれません。

    掲載日:2009/07/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • カッコいい男の子

    羽化したオニヤンマに生後7日でなくなった妹が重なったのか、捕まえた公園にオニヤンマをかえしにいくお話。

    主人公の男の子がヤゴを捕まえた公園まで行く間、不安になったり、寂しくなりながらも、一生懸命公園へ向かうひたむきな姿に、親のほうがぐーっとくるものがありました。
    こんなふうに、わが子も誰かのことを思える優しく、勇ましい子に育ってほしいなあと思いました。

    掲載日:2006/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 羽化したオニヤンマと亡くなった妹

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子12歳、男の子10歳

    たけるは、お墓参りで行った風の谷公園で大きなヤゴをとって、
    家に持ち帰ります。
    公園での両親のはしゃぎぶりがほほえましいです。
    都会で羽化したヤゴはオニヤンマ。
    たけるは、生後7日で亡くなった妹に想いをはせつつ、
    風の谷公園へオニヤンマを返しに行くのです。
    両親が留守の間、ひとりで電車・バスに乗り、夕立が来てもぐっと我慢して・・・。
    ほとんど記憶に無い妹に想いを寄せるたけるの優しさに感動。
    以前読んだ時はあまり気にならなかったヤゴの羽化。
    昨年、今年とじっくりと観察できた今ではとても愛着を感じます。

    掲載日:2006/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 単なる虫のお話じゃないのです!

     5才の息子が、図書館で自分で選んで持って来た時、
    「また、虫のお話っか」と思いました。
    しかし、帰宅して、読み聞かせしてみたら、単なる虫の成長のお話じゃない、もうびっくりしました。
    とても良いお話であったことが、意外でした。

     生後7日で亡くなった妹の墓参りの帰りに、ヤゴに出会います。羽化した日、主人公はそのオニヤンマをいつも墓参りの帰りに家族と過ごす公園にもどしに行きました。行く途中雷と雨に遭遇。親にも内緒で来た気持ちとアクシデントに遭っても頑張る主人公に応援したくなっていました。
    主人公は、羽化したばかりのオニヤンマと、生後7日で亡くなった妹の命を重ねていたのです。
    なんか、じーんと胸が締め付けられてしまって、暫くは余韻に浸っていました。

    掲載日:2004/08/26

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット