まるまるまるのほん まるまるまるのほん まるまるまるのほんの試し読みができます!
作・絵: エルヴェ・テュレ 訳: 谷川 俊太郎  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
「きいろいまるを おして つぎへ いこう」言葉に導かれて、ページをめくっていくと・・・? フランス発・ポップな色づかいがオシャレな絵本です。
なーお00さん 30代・その他の方

大人でも楽しい!
こんな絵本、見たことない! 大人の私…

へんしんでんしゃデンデコデーン」 みんなの声

へんしんでんしゃデンデコデーン 作・絵:みやもとただお
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2004年04月
ISBN:9784251009388
評価スコア 4
評価ランキング 18,222
みんなの声 総数 12
「へんしんでんしゃデンデコデーン」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • デンデコデーン

    3歳5ヶ月の電車好きの息子に図書館で借りてきました。

    魅力的な大胆な絵。
    「デンデコデーン」という何だか意味不明の勢いのある言葉に
    息子は大喜びです。
    男の子が一人で寝て、電車の夢を見るというストーリー。
    赤ちゃんのおしっこになってちんちんがら出てくるというところに、
    息子は大受け。

    この主人公の男の子には、同居の家族がたくさんいるんですね。

    息子はとっても楽しかったようでした。

    掲載日:2014/08/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • うちはいまいちだったけど

    • 雪の結晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子8歳、男の子5歳

    いまいち夢の中の話し、っていうとこできょうみがそそられなかったようで、唯一興味を示したのは、やっぱり弟のところでした。
    ま、そうだよね、というところで、ほかは残念な反応でしたが、
    電車好きのこならよろこぶのかな?

    掲載日:2012/04/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 電車好きにはちょっと耐えられません

    3歳10ヶ月の息子に読んでやりました。電車が好きなので読んでやったのですが、ちょっとこれはいけませんね。

    初めて一人で寝ることになったので、大好きな電車の夢をみて淋しさを紛らわそうとしています。電車の運転手になってデンデコデーンといいながら、いろいろなところにいったり、お父さんやお母さんがいろいろなものに変身したり、また電車自身が姿や形を変え、奇想天外な世界を旅するお話です。

    絵が少々奇抜なのもあるのかもしれませんが、電車好きとしてはこういう変身の仕方や捕らえ方はいかがなものか、と思えるものばかり。息子は特に興味をしめすことなく、へんなはなし、で終わってしまいました。いろいろな電車の絵本を読みましたが、こういう展開は理解しがたいのでしょう。あまりお勧めできる本ではありませんでしたね。

    掲載日:2011/07/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • さすがおにいちゃんだ

    大家族の中で育ったゆうくんは、「大きくなったから今日から一人で寝

    なさい」と言われ不安になります。ゆうくんの夢の中での心の葛藤、本

    音が見え隠れして面白いと思いました。

    「デンデコデーン」がリズミカルにお話も軽快に進みます。

    電車に変身したゆうくんは、明日も続きが見たいから、「一人で寝たい

    」とまで、一晩で成長しました。

    おにいちゃんになった気持ちも上手く表現されていると思いました。

    掲載日:2010/07/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • みやもとさん

    みやもとただおさんの作品だったのでこの絵本を選びました。ほんわかした笑顔の主人公に癒されました。穏やかでありながらダイナミックな描き方はさすが宮本さんだなと感心しました。様々な場所を楽しむ主人公は素晴しい才能を持っているなと思いました。特に、餃子を販売している場面が美味しそうで気に入りました。

    掲載日:2010/07/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 出発!デンデコデーン

    • ねがいさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子7歳、男の子2歳

    カラフルで濃い絵に「うわっ」と思いましたが、デンデコデーンに合わせて
    どんどん引き込まれました。
    ねこのブリ、大仏、にいちゃんとねえちゃん、たっちゃん。
    みんな個性的で、表情豊か。プッと笑ってしまいます。

    にいちゃんねえちゃんは、きっとゆうちゃんからはいつもこんな風に
    映っているんだろうな。
    こんなにバラバラな個性で描かれていても、家族の絆をしっかりと
    感じました。

    とっても楽しい絵本だから、何度でも読みたいです♪

    掲載日:2008/03/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 1人で寝るのも悪くないね!

    弟が生まれて、1人で寝ることになった男の子のお話。
    長男は表紙を見て、もう釘付け!(笑)
    男の子の頭の周りを走っているのは大好きなカシオペア!?
    うわぁ!欲しい〜!!と読む前から、大絶賛でした^^;
    読んでみると、その奇想天外な内容にまたまた釘付け!
    男の子が、初めて1人で寝たときに見た夢は。。
    なんと自分が電車に変身している夢だったのです♪
    お父さんもお母さんもおじいちゃんもおばあちゃんも
    お兄ちゃんもお姉ちゃんも弟も、家族みんな総出演!!
    なんて賑やかな夢なの!!(笑)
    我が子達は、出てくる電車に大喜び♪
    弟の口から入って、オシッコと一緒に出てくる場面では、
    兄弟揃ってニヤニヤ笑っていました。
    子どもって、こういうの好きね。。(苦笑)
    とにかく、こんな夢が見られるんなら
    1人で寝るのも悪くはないね^^♪
    夢がいっぱい広がるとても楽しい絵本です^^☆

    掲載日:2007/03/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • デンデゴデーン

    息子・娘は絵本の中に出てくる『デンデゴデーン』という言葉にとってもはまっちゃったようです。

    何度も絵本の中で、『デンデゴデーン』と繰り返されるから、もう大笑い!!

    ケラケラ二人で笑っていました。

    親子で、楽しい絵本の時間を過ごすことができました。

    掲載日:2007/03/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • きょうからひとりで・・・

    弟がおおきくなって、ママ達と寝るのかな?そんなんで
    きょうからぼくは一人で寝る頃に。
    初めて一人で寝るなんて・・・寂しいし、恐いよ〜
    ネコのブリと一緒にベッドへ入りました。

    でも、いつのまにか眠りについて、いつしか夢心地の中〜
    ぼくは、大好きな電車に変身!!
    ネコのブリも何故か100匹になってる!!
    ぼくはお客さんをたくさん乗せて海に遠足に行くんだ〜

    デンデコデーン、デンデコデーン・・・・
    さあ、楽しいゆめの旅の始まり〜♪

    ぼくの電車はどこまでも行ってたのしいな〜
    あれれ??お兄ちゃん・お姉ちゃんがゆらゆらゆらせてる!
    今度は・・・弟のたっちゃんのお口から入っちゃった!
    出口は、お○○○ん??

    ラストは、やっぱりちいさな男の子!
    こどもはやっぱり、そうでなくっちゃね!!

    読み聞かせで使用したときも、子どもたちの
    笑いのツボを押しまくってもう、大爆笑♪
    スピード・リズム感タップリでスリルもあり、
    子どもたちがどっぷりはまってしまった楽しいお話し。

    特に男の子はこのてのユーモア、大好きですね!
    何度読んでも楽しめるお話しです♪

    我が家でも何度も出番がある絵本ですよ〜

    掲載日:2007/02/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 1年生になったら1人で寝るから!

    6歳の今もパパとママの間で、ママに引っ付いて眠る娘。一応1年生になったら別の部屋で1人で寝ることにはなっていますが、現実逃避派の彼女にはまだまだ遠い話のようで…。
    そんな娘との入眠儀式はもちろん絵本!

    いや〜、とことんすごい想像力。電車になるだけではすまされずどこまでいってしまうやら。でも夢の中なら何でもあり。赤ちゃんの口から入って、おしっこから出てくるなんて芸当だってできちゃう。

    ちなみに娘は赤ちゃんの口に入った途端「ウンチといっしょにでてくるよ」と言いました。さすがにそんな展開、リアルすぎたのでしょうね。

    読み終わった後、「こういう夢を見れば1人で寝られるよね」と聞いたら「1年生になってから!今は言わないで」と、相変わらず現実逃避の娘でした。

    私はお父さんの邪魔が入って食べられなかったお母さんの餃子が気になってしかたありません。

    掲載日:2006/10/11

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / ちょっとだけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(12人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット