ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

サリーの帰る家」 みんなの声

サリーの帰る家 作・絵:エリザベス・オハラ
訳:もりうちすみこ
出版社:さ・え・ら書房
本体価格:\1,700+税
発行日:2010年04月
ISBN:9784378014852
評価スコア 4
評価ランキング 22,256
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 主人公は13歳

    YAを読み始めてまだ三カ月ほどですが、

    私の読む本の主人公は今のところ圧倒的に12、3歳が多く、また一人ぼっちになることが多いのです。

    この本の場合は、父は亡くなって家族はいますから厳密には一人ぼっちではないのですが、

    父が亡くなった後、住み込みの奉公に出されることになった13歳のサリーのお話です。

    それまでは夢想家で、家にいる時には妹のケティの方が家事でも役に立っていたのですが、

    状況が変わると、一変したように力を発揮できる子がいるとしたこのサリーはそのタイプだと思いました。

    自分のことよりも人の役に立つことができた時に力が何倍も発揮できるというは、

    私も常々感じているところではありますが、サリーの目覚ましい成長ぶりに驚きました。

    奉公先の主人夫婦のこともしっかりと見えていますし、

    その時にすべきことがわかってそのように動けるというのはいざという時にとても力強いことだと思います。

    続編もあるそうなので、今後のサリーがどうなっていくのか興味を持ちました。

    掲載日:2011/03/30

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット