だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

フィートは はしる」 みんなの声

フィートは はしる 作:ビビ・デュモン・タック
絵:ノエル・スミット
訳:野坂 悦子
出版社:光村教育図書 光村教育図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2011年03月30日
ISBN:9784895728232
評価スコア 4.29
評価ランキング 13,377
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • はしりたい!

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子5歳

    フィートははしるのが大好き。
    はしりたいというエネルギーがビンビンと伝わってきます。
    でも風がとにかくつよいのです。
    じっとしてろといわれても
    かくれていたら?といわれても
    「はしりたいんだ」というフィート。

    なぜか息子たちと重なってきてしまいました。
    妥協を許さずに
    体内から湧き出るはしりたいという欲求をついに満たす時がきます。
    その速さを想像するだけで笑えます。

    掲載日:2014/10/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 走りたくて、たまらない

    「フィートは はしりたいんだ」
    このセリフの繰り返しで、いかに走ることが好きなのかが、よく伝わってきました。
    走りたくて、走りたくて、たまらないのでしょうね。
    絵にもパワーがあって、風の強く吹く様子や、フィートの走りの力強さなどが、見られました。

    掲載日:2012/08/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • こだわるフィートくん

     愉快なお話でした。
     ダチョウのフィートくんは、走ることが大好き。 
     でも、今日はフィートくんの行く手を阻む風のため思うように前へ走れません。

     「こんな日は、・・・したら!」とたくさんの友達に別な過ごし方を勧められるのですが、フィートくんは「走りたいんだ」のいってんばり。
     こだわるフィートくんのキャラクターに笑わされます。
     幼い頃の息子の中にもあった妙な“こだわり”を思い出しました。
     大人からすればどちらでも、あるいはどんな順番でもということにこだわる子でした。
     これが結構頑固で、私の説得も効かない。
     まあ、彼の個性としあきらめ、いやいや尊重し、私にとっては意味不明な(笑)彼の“こだわり”につきあいました。

     表情豊かな登場人物たちが愉快です。
     中でも、フィートくんの一途な思いが、本当に体全体からにじみ出ています。
     「風」を表現するって難しいと思うのですが、フィートくんをはじめ登場人物たちの様子で見事にこの強風が表されています。

     さて、お話のラストに「な〜るほど〜〜〜♪」っていうお子さんの声が聞こえそうですよ。
     さらに、絵本をパタリと閉じるともうひと笑いが起きるはず。

    掲載日:2011/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • フィートははしりたいんだ!

    • ランタナさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子8歳、男の子5歳

    強風に向かって、がむしゃらに走るだちょうのフィート。
    周囲の状況や、他の動物達の言葉かけなんてお構いなし。
    負けるもんか!な顔つきが
    こうと言ったら聞かない、頑固者の息子のようで、憎めません。

    シンプルな物語ゆえに、絵の力強さがますます際立つように感じます。
    見開きいっぱいに描かれたフィートの
    だちょうならではの長い首、羽、足が
    強風に負けじと踏ん張り、走ろうと伸ばされ、すごい迫力。
    色鮮やかに描かれた動物達の毛並みや体勢で、
    絵本の中に吹き荒れる強風の風圧が伝わってくるようです。

    なぜフィートがそんなに走りたいのか、
    最後に理由が分かるかな?と思ったら
    (「ダダダダだちょう〜!」という絵本を思い出しました)
    ただただ、走りたいだけだった、というのが
    何だか逆に良かったです。
    フィートが何度も言ってましたもんね。
    「はしりたいんだ!」って!

    裏表紙では、ついに走れたはずのフィートが
    憮然とした表情で動けずにいるのも御愛嬌。

    年齢を問わず、楽しく読めそうですが、
    特に動物好きのお子さん、頑固者のお子さんに手を焼いているお父さん、お母さんにおすすめです。

    掲載日:2011/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 走りたいときの解決策

    走るのが大好きなフィートは夜中もずーっと走っています。ある日、強い風がふき、なかなか走れなくなります。いろんな動物に、ゆらゆらしよう、はいはいしたら?、土の下をもぞもぞしたら?、ふんわり飛ぼうよ、泳ごう、風がやむまで隠れていよう、じっとしていなさい、といろいろ誘われます。でも、「そんなのはいやだ!ぼくははしりたいんだ!」。風がどこにもいってくれないなら僕が行く、ととうとう逆方向を向いて追い風にしてフィートは走り始めます。

    発想の転換て大事だなーと教えてくれる一冊です。ちなみにフィートはだちょうみたいなんですが、フィートの足がなんだかヒトみたいでリアルで、そこが気になりました。3歳の娘は「フィート、怖い、、、」と言っていました。あと、もう少しオチがあれば最高。

    掲載日:2011/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 単純なストーリーがGood

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 広島県
    • 男の子12歳、男の子6歳

    オランダの2008年の絵本。
    銀の石筆賞受賞を2010年に受賞しています。
    この賞は、オランダの優れた作品に贈られる賞で、1955年に「年間児童書賞」として創設され、1971年より「金の石筆賞」「銀の石筆賞」となったものです。

    物語の主人公は、走るのが大好きなダチョウのフィート。
    ダチョウで走ると言えば、懐かしいアニメの「ロードランナー」を思い浮かべる方もいるはず。
    正に、フィートはそんな感じ。

    ところが、フィートは、ある日走れなくなるのです。
    原因は、風。
    風と言っても、そんじゅそこらの風ではなく、台風並のやつ。
    フォート以外の動物達は飛ばされてしなうのですから、半端な風ではありません。

    風に向かって走ろうとする努力が、何度見ても笑えるはず。
    脇を固める動物達の姿も、良い味を醸し出しています。
    最後に取った策は、あっと驚くもの。
    最初からそうすればと思うものの、そこは絵本の世界ですから、中々良い展開だと思いました。
    シンプルなストーリーに、躍動感溢れる絵がマッチしていて、とても分かり易い絵本ですので、読み聞かせには相応しい作品としてオススメします。

    掲載日:2011/08/03

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / よるくま / おこだでませんように

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。
  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット