たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

もったいないばあさん まほうの くにへ」 みんなの声

もったいないばあさん まほうの くにへ 作・絵:真珠 まりこ
マジック監修:大友 剛
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2011年03月30日
ISBN:9784061324572
評価スコア 4.3
評価ランキング 13,138
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 大切にする気持ち

    お話会で読んでいただきました。
    新聞紙やペットボトルが何に変わるか
    わかりやすく描いてあります。
    空き缶が何になるのか楽しみで
    答えが出ると驚きました。

    小学生くらいになるとクイズ形式で
    読むとリサイクルについても学べるし
    いいかなと思いましたが
    二歳半の息子には難しかったようです。
    絵を見ておばあちゃん、と認識していましたが・・。

    掲載日:2011/11/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • リサイクル

    • h503さん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子11歳、男の子8歳

    まほうのくに??何だろう?と思い読んだところ、もったいないばあさんのまほうのくにに行き、数々の魔法でリサイクルされる事について書かれています。こどもはリサイクルに興味をもつきっかけになりました。

    掲載日:2011/08/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • リサイクルに興味が出ます。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子19歳、女の子14歳

    最初の「もったいないばあさん」が子どもたちが身近で感じることのできる“もったいない”ものへの意識の投げかけ的なはなしだとしたら、こちらはもう少し踏み込んだ「リサイクル」のおはなしかな〜と、思いました。
    今ではどこの自治体でも積極的に「リサイクル」資源になるゴミを集めています。
    ですが、子どもたちはその『資源ゴミ』がに何になるかまではわかかっていないと思います。
    この作品を読むことで、よりリサイクルできるものへの関心が高まってくれると思います。
    特にこの作品で紹介されている「缶のリサイクル」については、正直わたしもびっくりしました。
    缶もこんなパーツに変身していたんですねぇ。
    作者からの後書きのページに、リサイクルできる商品のマークも紹介してあるので、最後までじっくり見てほしい作品です。

    掲載日:2014/11/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • いい勉強になりました。

    テーマはリサイクルでした。

    でも難しくはありません。

    日頃、ペットボトルなど、

    ごみを分けて生活をしていますが、

    なんで分けるのかまで、子供は理解してませんでした。

    この絵本はリサイクルがテーマですが、

    マジックを使って、うまく教えてくれます。

    後半にマジックができるようにトランプがついていました。

    掲載日:2013/01/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • リサイクル

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子6歳、男の子4歳

    リサイクルがテーマの絵本です。
    リサイクル=魔法と言い換えて、子供でもわかりやすいように描かれています。
    古紙がまた紙になる。よくよく考えれば本当に魔法みたいですごいことですよね!
    リサイクルを知る第一歩の絵本として最適です!

    掲載日:2012/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供に分かりやすい!

    • ススワタリさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子8歳、女の子5歳

    ゴミって何故分けなきゃいけないの?
    ということが良く分かる1冊です。
    ちゃんと分けて出すことによって、このような物に変身して、また私たちが付けるようになるんだ、ということを子供たちも理解してくれたようで、この絵本を読んでからは自分から進んでゴミを分別してくれるようになりました。
    私自身も大変勉強になりました。

    掲載日:2012/04/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • なぞなぞのようで

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    3〜5歳児に読みました
    もったいないばあさんシリーズで読み続けてきましたので、子供たちも今度はなんだろう?という楽しみな表情。
    今回は「リサイクル」がテーマのようですね。
    マジマジさんの呪文とともにカミやペットボトル空き缶が、みるみる形を変えるところは、子供にはなぞなぞのようで面白がってました。

    掲載日:2012/03/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • いい!!!!

    ぜひ読んであげてください!!物がどうやって再利用されて、新しいものに生まれ変わるかが描かれていてとっても良かったです。しかも、子供は勉強している感じじゃなくて、楽しく聞いている感じなのに、実際はリサイクルというテーマを知らず知らずに学んでいました。

    掲載日:2012/02/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • もったいないもったいない

    物を大切にしないといけないという気持ちはわかったような気がします。魔法でいろんなものに変わるのが楽しかったみたいです。
    もったいないもったいない心に刻んで欲しい言葉だなと思っています。

    掲載日:2011/11/30

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.3)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット