なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
ピコピコピコさん 50代・その他の方

幼児におすすめ
5歳くらいの子におすすめだと思います。…

MOE 2011年5月号」 みんなの声

MOE 2011年5月号 出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
本体価格:\762+税
発行日:2011年04月03日
ISBN:4910187870517
評価スコア 4.4
評価ランキング 9,383
みんなの声 総数 4
「MOE 2011年5月号」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • その魅力を知りたくて

    私は大人になってから『バムとケロシリーズ』に出会いました。
    私が幼い頃、周りにはなかった世界観です。
    最初は好みではなかったのでとっときづらかったのですが、口コミで評判良かったのと息子が自分から選んできたので、なんとなく見ました。
    すぐにその世界に引き込まれるわけですが、自分でも、好みではない絵のこの作品にどうしてここまで引き込まれてしまうのか、理由を知りたくてこの号を読んでみました。
    すると気づいたことがあります。
    構成がとても丁寧で子供の好きなもので満たされているんですね。
    そして大げさでなく押しつけがましさもなく、不思議な二人のキャラクターで融和されていてちょうどいい居心地のいい空間になっている。
    そこが想像力やインスピレーションを刺激されるのかな。。。そして作者がカナダにいるというバックボーンにもまた納得でした。
    雄大な自然のもとで、のびのび描かれた作品だったのか!
    これからも応援していきたい絵本です。

    掲載日:2013/07/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • バムとケロ

    この特集を読んだときは、まだ「バムとケロ」シリーズを読み始めたところでした。
    ガラゴまで取り上げられていて、とても参考になり、よりいっそう作品にたいして興味が深まったことを記憶しています。

    イギリス王室・女王の特集も、興味深かったです。

    掲載日:2012/07/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 島田ゆかさんの絵本、「バムとケロ」「ぶーちゃん」「ガラコ」などの紹介など特集が組まれており、かわいいポストカードもついています。上記3作シリーズ全部欲しくなりました。掲載されているカナダのすてきな環境で描かれているのだと知ると、島田さんの絵本の素敵なインテリアにも納得です。

    掲載日:2012/03/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大好きなバムとケロの世界

    家族で大好き!な「バムとケロ」の特集。やっぱりとっても楽しかったです。
    作者の島田ゆかさんのカナダのアトリエや、作品ごとに記録されている色パレットのようなノートなど見どころ満載。「バムとケロのにちようび」のラフスケッチも公開されていました。はじめは「あめのひは何する?」っていう題名だったんだぁ、などと裏話も知れてうれしい気分。
    付録にはバムとケロのポストカードブックも綴じ込みでついています。バムとケロファンには絶対オススメです。

    掲載日:2012/03/21

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こねこのチョコレート
    こねこのチョコレート
    作:B・K・ウィルソン 絵:大社 玲子 訳:小林 いづみ 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    これは弟のプレゼント。おいしそう、でも食べちゃダメ、食べちゃダメ…。


『雪ふる夜の奇妙な話』『夜の神社の森のなか』大野隆介さんインタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット