ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

おじいちゃんちの たうえ」 みんなの声

おじいちゃんちの たうえ 作・絵:さこ ももみ
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2011年04月15日
ISBN:9784061324640
評価スコア 4.62
評価ランキング 2,902
みんなの声 総数 12
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 田植えっ大変

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、男の子2歳

    うちの息子たちは田んぼでおたまじゃくしやかえるを捕まえるのが大好きです.今の時期,週末は毎回,ひいおばあちゃんちの近くの田んぼへ出かけています.
    しかし,田植えは残念ながらやったことがありません.田んぼの生き物だけでなく,田んぼについても興味を持ってもらいたいなと思いこの本を図書館で借りてきました.
    読んでみると田植えの流れがとても詳しく書かれていて,大人の私でも勉強になりました.子どもの頃に,1度だけ近所の田植えを手伝ったことがあるのですがそのときの大変さを思い出しました.
    息子も,「田植えって楽しそうだけどけっこう大変だね」と言っていました.毎日食べてるお米は,こうやって農家の人たちが一生懸命がんばって育ててくれたものなんですね.
    いつか息子達にも田植えの機会があるといいなと思います.

    掲載日:2015/06/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • お米って大変

    このお話はお米を作っているおじいちゃとおばあちゃんの田植えをお手伝いするお話でした。私も田植えをしたことがないのでこのお話を読んで、こんなに田植えが大変な物なんだ〜と思いました。子供と一緒にお米に感謝しながら食べないといけないねってお米の大切さが分かった絵本でした。

    掲載日:2014/06/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • 田植えの手伝い

    我が家の子供達には、田植えの経験がありませんが、私が子供の頃には「ゴールデンウィーク=田植え」でした。
    この絵本の主人公のように。
    稲が入っていた箱を洗うことは、私もやりましたね。
    読みながら、懐かしい思い出がうかんできました。

    掲載日:2012/06/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • 田植えについてよく分かる

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子5歳、男の子3歳

    まるで小学生(主人公)の作文を読んでいるかのような文章。それが意図なのでしょうか。こういう文章は、意外に新鮮だし、子供にはこういう表現のほうが分かりやすいのかなと、私の中で小さな発見でした。

    田植えのことがよーく分かる絵本ですよ。同時に、田植えの大変さもね。

    日本人の生活からは絶対に奪うことができないお米。その最初の一歩が田植え。
    都会で生まれ育った子たちは特になかなか触れる機会もないでしょうし、田舎で生まれ育っても、実家が稲作農家でない限り、田んぼで田植えをする機会はあまりありません。

    だからこそ、この絵本を読んで、自分も田植え体験をした気分になってほしいですね。そして興味を持ってほしいですね。

    掲載日:2012/01/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • おすすめです!

    5歳幼稚園年長さんの娘が図書館で手に取って来たので一緒に読んでみました。
    我が家の娘,来月幼稚園行事として初めての田植えを控えているので,とてもタイムリーで興味津々でした。
    子供の頃に自然に触れることの大切さ,お手伝いの意義を,親としても考えさせられる絵本でした。
    親子で楽しめるとても素敵な絵本に思いました!
    自信を持って☆5ですね。

    掲載日:2016/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 稲を育てる

    5年生の娘は、今、理科の授業で稲を育てています。
    ペットボトルで育てるというもので
    本物とは遠いものの
    「代掻き」などの専門用語も習ってきたようなので
    何かにつながれば・・と読んでみました。

    丁寧な絵、丁寧な文で
    田植えについて、説明がされています。
    この本では、植えるところまでで終わっていますが
    見事に育つとまたどうなるか・・
    刈り取りしておにぎりにするくらいまでの続編もほしいところです。

    娘も、授業で聞いた言葉が出てきて「知ってる」を連発していました。

    我が家では、表紙の田舎の風景で
    どこまでがどの家の区画かで盛り上がりました(*^_^*)
    巻末の「おうちのかたへ」の説明文も、
    とてもわかりやすい解説で、そこもあわせて読むことをお奨めします。

    掲載日:2015/07/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 来年も手伝いたい

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子20歳、男の子18歳

    作者の息子さんが書いた作文がベースになって描かれた作品です。
    小学生らしい、みずみずしい感性の文章が素敵です。
    おじいちゃんの家に田植え手伝いに行く日は、目覚まし時計でちゃんと目覚めます。
    用意もてきぱきとこなし、祖父母からは早速次々と用事をもらってこなします。
    農作業の難しさを実感し、田んぼの生き物たち(かえる、へびなど)を観察して、目を輝かせます。
    専門用語の解説にも抜かりはありません。
    お母さんからお礼をもらった時の嬉しさも素直に表現していますね。
    「来年も手伝いたい」というセリフ、なんて頼もしいんでしょう。
    作者があとがきで書いています。
    「ゴールデンウィークは農家のためにある」
    GWの頃、田植えの季節にぜひ、読んでほしいですね。
    もちろん、小学校のおはなし会でも読みますよ。

    掲載日:2014/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもに田植えを教えたい

    夫の実家は米農家です。

    事情があり、来年からはお米を作ることができなくなりそうです。
    まだ小学1年生の娘に、おじいちゃんの仕事を伝えたい、という思いでこの絵本を読みました。

    うちでは、田植えの時期には親戚が集まって手伝いをします。絵本のように、機械でできないところは手で植えて、お昼には休憩をして。

    うちの子どもたちにとっては、この絵本の田んぼやビニールハウスは「おじいちゃんのうち」そのものです。

    大切に読んでいきたい絵本です。

    掲載日:2013/07/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 田植えをしてみよう

    学校の校外学習で田植えの授業があったので
    これを読んだときに、
    「そうそう、こんなことをしたね〜」
    と、思い出していました。

    友達のおじいちゃんのところは田んぼがあるので
    時期になると一家でお手伝いに行くそうです。
    子供たちは最初だけ植えて、虫と遊んでいたり、
    お昼に食べるおにぎりが最高とか・・
    まさにこの物語そのもの。

    季節ものの話はためになっていいですね。

    掲載日:2012/12/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • お手伝いしたいよね

    私の叔父の家も農家です。なんでもやりたがりの娘や、私の夫は、
    お手伝いしたくてたまらないのですが、いかんせん、最近の農家は
    個人の家で田植えはしないようなのです。
    田んぼに旗をたてておくと農協の人がやってきて植えてくれるそうです。
    稲作農家にとっては便利な世の中になったということなのかな?
    (秋の稲刈りの時のお手伝いはします)。

    この時期、田んぼには水が張られて、空の青や雲が映り、まだ小さな
    苗も青々としてほんとに気持ちがいいのですよねえ。水田を渡る風も
    さわやかだし。
    そんな気持ちよさが、この絵本の中から伝わってきました。
    労働ができたらもっときもちいいのだけどね。
    娘も小学生になったら生活の授業などで田植えをするかな?
    毎日田んぼを見ているせいで、お米がどんな風にできあがっていくか
    知っている娘ですが、しょうたろうくんのように、
    自分の体で知ってもらえたらいいな。

    掲載日:2012/07/04

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.62)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット