ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

新幹線のたび 〜はやぶさ・のぞみ・さくらで日本縦断〜」 みんなの声

新幹線のたび 〜はやぶさ・のぞみ・さくらで日本縦断〜 作・絵:コマヤスカン
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2011年03月20日
ISBN:9784061324619
評価スコア 4.69
評価ランキング 1,457
みんなの声 総数 44
「新幹線のたび 〜はやぶさ・のぞみ・さくらで日本縦断〜」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

44件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • 東日本大震災の直前の日本が俯瞰できる作品

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 広島県
    • 男の子12歳、男の子6歳

    2011年3月20日初版の絵本。
    この日に大きな意味があります。
    なぜなら東日本大震災が起きたのが、3月11日だからです。

    物語は、青森に住む主人公のはるかが、春休みにパパと一緒に鹿児島に住む祖父・祖母を訪ねる設定です。
    その交通手段が新幹線。
    はやぶさ、のぞみ、さくらを乗り継いで行くというものですが、鉄道マニアでもなければ、本来は、飛行機でしょうが、その設定が絵本ならではの素晴らしいところです。

    この絵本は、その道すがらを大きく俯瞰して描いています。
    かなりデフォルメされた日本なのですが、日本が如何に平地が少ない国なのか、改めて知ることになりました。
    そして、その土地の町並みとか、建物、旧跡なども、実に分かり易く描かれています。
    日本地図の学習も、こんな風だったらきっと、好きになるに違いないと思える位の出来栄えだと思います。

    しかし、この絵本が貴重なのは、東日本大震災直前の日本を描いているということに尽きると思います。
    岩手から宮城に続くリアス式海岸、日本三景の松島、相馬市、いわき市等、その姿は、津波によって変貌してしまっており、そのことを想うと真摯な気持ちにならざるを得ません。

    勿論、作品としても1級品ですが、それ以上に東日本大震災の直前の日本を見ることができる作品として、多くの方に見て欲しいと思います。

    掲載日:2012/03/05

    参考になりました
    感謝
    5
  • 美しい風景をもう一度

    旅行に行って心に残るものは、その土地の美しい風景であったり、自然であったりします。

    愛知に住む私は、東京までは行けても、東京より北の東北には足を運ぶ機会がありませんでした。

    新幹線の開通は、高度経済成長のシンボルでもあり、新幹線が日本全国をつなぐことが、日本人の夢であった時代があります。

    この絵本の中には、震災で失われた風景もあります。この絵本を開いた時に『綱渡りの男』を連想しました。

    その本に広がるのも同時多発テロ以前のニューヨークの風景です。

    失われてしまった風景をこうして絵本によって思い出す時に、とても切なくなります。

    それほど、この『新幹線のたび』では克明にそして丁寧に日本の地形が描き出されているからです。

    地形と共に、絵本の中では車内の様子も描かれているので、旅行中のわくわくした気持ち、弾んだ気持ちも伝わって来ました。

    こんな風な風景がまたもう一度私たちの目の前に広がることを今は切に願っています。

    美しい日本の風景を、子どもたちに残していきたいと思いました。

    掲載日:2011/09/04

    参考になりました
    感謝
    4
  • 期待以上でした!

    日本の簡単な地図は見たことがあった子供。
    言葉でよく「日本の国土の70%位は山々」と聞いていても
    実感が沸いていなかった様子。
    この「新幹線のたび」で、日本の山々の多さに
    「日本って本当に山が多いんだね!!!」と興奮していました。

    新幹線は、まだ乗った事も見たこともない子供には
    馴染み薄な本になるかもしれない。でも、TVで見ている
    震災にあった地がどんな所だったのか見て欲しい。
    楽しみながら自分の住んでいる所以外の人々の生活を
    感じてくれたらと相当期待をこめてこの本を手に取りました。

    期待以上でした。山々、ランドマーク等も沢山紹介されて
    いるだけでなく、「桃太郎、織田信長、耳成法一etc」の
    隠れキャラクターを探したり、新幹線以外の在来線も
    幾つか紹介されていて本当に親子で楽しみました。

    早朝に青森を出発した親子が鹿児島に着く頃には
    周りはすっかり夜になっています。その時間の
    経過も何とも趣があって素敵でした。

    掲載日:2011/05/18

    参考になりました
    感謝
    4
  • がんばろう日本

    今回の未曾有の大震災を忘れないためにも、私にとって、この本は一生大切にしたいと思います。

    私の親戚が、東北地方にいるもので、この主人公のように、夏になると新幹線で、仙台に降り立ったものです。
    東北地方の風土や伝統、歴史的財産や美味しいお土産、お米や、海沿いにあったいちごハウスが大好きでした。
    この絵本を見ながら、一緒に旅をすることが出来ます。

    新幹線ずきな息子には、まだ、このパノラマの世界は、早いみたいですが、いつか一緒に旅が出来ることを、願っています。

    がんばろう日本!

    掲載日:2011/04/25

    参考になりました
    感謝
    4
  • 大事にしたい日本の風景

    あの大災害直後に出された絵本として特筆すべき絵本です。
    なにしろ、絵本は出版されたけれど、はるかちゃんの乗ろうと思った新幹線は動いていなかったのですから。
    あの大災害で失われた自然があります。
    絵本の中の日本は鳥瞰された地形で描かれていますが、あの大津波を引き起こした地形を際立たせることになってしまいました。
    そんなことで、妙に内容とは別のところで象徴的になってしまった絵本ですが(そうでなければ手に取らなかったかも)、とても素晴らしい構成です。

    単なる乗り物絵本ではなく、青森から鹿児島までのはるかちゃんの新幹線旅行を車内と上空からとらえているところが特徴。
    角度を変えると日本はこんな風に見えるのだと、地図帳だけの日本イメージから国土そのものに視点を与えています。
    多少デフォルメされた感じと、名所を選ぶ作者の嗜好にかたよりはあるものの、代表的な観光地のあり場所と、いかに日本が変化に富んだ国土なのかを知ることができます。
    見方を変えてみるという素朴な行為でこれほど日本が立体的に意識できるのかと、感心しました。

    車内風景も見事です。
    新幹線はいろいろな人を乗せて走ります。
    そこに多少の人間関係が生まれることもあるでしょう。
    長旅ならば、乗る人降りる人で雰囲気も変わります。
    考えれば、乗っている本人も服を脱いだり来たり、寝たり起きたり、食べたり遊んだり…。
    新幹線の長旅は同じ空間がずっと続くこと。

    コマヤスカンさんの視点の素晴らしさは、大人としても楽しめました。

    掲載日:2011/09/02

    参考になりました
    感謝
    3
  • 素晴らしい!

    • シーアさん
    • 20代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子5歳、男の子2歳

    5歳&2歳の息子たちが、図書館で見つけて離さなかった1冊です。
    いつも電車の絵本ばかり、どこからか発見してくるので
    「まぁ〜た電車の絵本?」とちょっとうんざりしていた私ですが
    これは大人が見てもとっても楽しめます!

    見開きいっぱいに、北は青森から南は鹿児島まで
    はるかに見渡せる景色が描かれているんです。
    まるで鳥になった気分☆
    電車だけでなく、山や花や海、その土地の名物や観光地などなど
    見どころいっぱいで盛りだくさんです。

    こうやって見ると、狭い日本とはいえ、新幹線で一本でつながったのは本当にすごいことで
    新幹線開通のCMも見ましたが、日本がひとつになったような気がして
    なんだか思いを馳せるとグッときます。

    青森から鹿児島は本当に遠いんだな〜。
    きっと、飛行機ならもっと早いのだろうけど、あえていろんな新幹線に乗りたかったんだろうなぁ♪
    早朝から深夜まで乗り継ぎながら、長旅をしたはるかちゃんとお父さん。
    お疲れ様!
    いつか息子たちとこんな旅がしてみたいです。

    掲載日:2011/08/29

    参考になりました
    感謝
    3
  • すごく好き

    この本は、4つの楽しみ方を持ってます。

     まずは、タイトル通り「新幹線」。3つの新幹線とたくさんの駅。
    鉄男さん&鉄子さんには、たまりません♪
     ふたつめは、新幹線の乗客アナザーストーリー☆
    乗客の数だけドラマがあります♪
     みっつめは、巻末に掲載されているものを本文から見つける
    「さがし遊び」。
    電車にランドマークにジュゴンにウミネコ、織田信長…、
    も、桃太郎(!?)
    鉄道マニアも旅行者も日本野鳥の会もオオヨロコビ。
    タイムスリップ気分まで味わえます♪

    でも、私たち親子が一番スキなのは、立体的な日本列島。
    等高線や地図記号なんか要りません。
    山の高さもランドマークも、一目瞭然☆
    指を使って山登り〜♪時代はまさに、テレビも地図も3D!!

    掲載日:2011/08/24

    参考になりました
    感謝
    3
  • 息子のお気に入り♪

    今年の夏休み。遠出して遊びに行くことが出来なかったので、(せめて旅行気分が味わえるよう)小学1年の息子にプレゼントしてあげました。

    こちらの絵本、今ではとても有名になり、新聞などでも取り上げられていますが、私は出版されてすぐに存在を知り「欲しい」「読んでみたい」と強く思った絵本です。

    でも。実際のページを全て目にしてから購入したかった事や、新刊としてサイン入りで販売があるかもしれないという淡い期待を持って、今まで購入していませんでした。
    (出版されてからすぐは品薄状態でしたけどね)

    夏休みも後半。海遊びもなかなか出来なくなり、退屈ぎみの息子でしたが、この絵本をプレゼントすると大喜び!
    もともと日本地図が大好きで、幼稚園の頃から都道府県や県庁所在地を覚えていたくらいですから、かなり魅力的だったようです。
    「お母さん、この絵本とってもとっても面白いよ」と大喜びしていました。
    息子の笑顔を見て、プレゼントして本当によかったな〜と思った1冊です。

    掲載日:2011/08/22

    参考になりました
    感謝
    2
  • 大切にしたい風景

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    はるかちゃんとおとうさんは、朝早く、新青森駅を出発し、三つの新幹線を乗り継いで、おばあちゃんが住んでいる鹿児島に向かいます。
    九州新幹線の全線開通を明日に控えた3月11日、未曾有の大震災に見舞われた東北地方でした。テレビ画面に映し出されたものは、私たちの住む九州では、とても信じられない光景でした。そして、この絵本を目にした時、東北地方の美しい景色が、実際はどんなふうに変わってしまったのかと、心が痛くなりました。
    私が、実際に九州新幹線に乗って見た風景にあまりにも忠実なのですばらしいと思いました。まるでガイドブックのようで、そして、あちこちに遊び心も満載。とっても魅力的な一冊です。
    時間の経過や、気候の違いも充分伝わってきて、まだ見ぬ場所にも心が惹かれます。ぜひ、いつの日かはるかちゃんと逆のコースをたどってみたいと思いました。

    掲載日:2011/08/16

    参考になりました
    感謝
    2
  • 新幹線パノラママップ

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子17歳、男の子15歳

    新青森から鹿児島まで、新幹線のはやぶさ、のぞみ、さくらで日本縦断する、
    確かに可能なんですけど、それを体感できるストーリー、という発想に
    拍手!です。
    はるかちゃんとお父さんがナビゲーターなのですが、
    はるかちゃんのワクワク感が伝わってきます。
    注目はパノラママップ。
    国土地理院の地形図と、カシミール3Dという3次元コンピューターグラフィックスソフトによる
    景観の再現で、壮大なパノラママップ仕立てになっています。
    なかでもやはり、富士山の迫力は最高です。
    まさしく日本列島体感です。
    その土地の名所もしっかり描かれ、有名人や天然記念物までもが散在。
    そのリアリティにびっくりです。
    新幹線だけでなく、在来線もいくつかあって、電車好きもたっぷり楽しめます。
    東日本大震災をはさんでの出版ということで、
    貴重な東北の景観のメモリアルでもあるのですね。
    日本列島丸ごとに愛着がわいてくるような読後感でした。

    掲載日:2011/08/01

    参考になりました
    感謝
    2

44件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

全ページためしよみ
年齢別絵本セット