なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

6さいのきみへ」 みんなの声

6さいのきみへ 作:佐々木 正美
絵:佐竹 美保
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2011年03月
ISBN:9784097264385
評価スコア 4.46
評価ランキング 7,651
みんなの声 総数 12
「6さいのきみへ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 6歳になったら。。

    私の初孫が 4月3日に6歳になります。
    1年生ではなく 年長さんになります。
    タイトルを見て おばあさんの私は
    この絵本を読んでみたくなりました。
    女の子ですが 孫なので
    近所に住んでいた時や転勤で遠方に住んだりして
    おばさんの私はずっとそばにいたわけではないけれど、
    孫娘の6年間の成長は思い出がいっぱいです。
    赤ちゃんから6歳というのは
    人生のうちで1番大きく成長、変化があるときです。
    主人公が女の子であったり
    1年生になるときなら
    孫にも読んであげたいと思います。
    ストーリーが自分に当てはまるものなら
    絵本の世界にハマっていくような可愛い孫ですから。
    この時期のお子さんにはぜひ聞かせてあげたい
    成長のお話です。

    掲載日:2017/04/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親がキュンとする本!

    小学校入学は,育児の一つの区切りとなるのかも知れませんね。
    幼児期から学童期へ。
    赤ちゃんの頃からの6年間って,子供の成長も実に著しく,そして親もめまぐるしい育児の日々。
    だからこそ,振り返ってみると愛おしくて成長が嬉しくて,でもどこかちょっぴり寂しさと切なさが。
    キュンとします!
    子供の成長は喜ばしく嬉しいけれど,どこか小さなままでいてほしいという気持ちも。
    いやいや,無事にこれからも大きくなってね。
    親が読んでキュンとウルウルしてしまう,そんな本です。

    掲載日:2016/03/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 卒園・入学したてよりも

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子20歳、女の子15歳

    佐々木正美さんの文も、佐竹美穂さんの絵も好きです。

    この作品は、一人の男の子が生まれて、小さな成長を重ねて6歳を迎え、小学校に入学したことを喜ぶお母さんから見た成長記録風に作られています。

    この本は≪卒園・小学校入学を迎えるお子さん向け≫というジャンルで紹介されていますが、実際6歳くらいの子どもたちにとっては“いま”の出来事なので、この本で描かれている親の喜びを感じるのは難しいかなぁと、思いました。
    読んであげるなら、むしろもう少し大人になって、小学校の2,3年生くらいに道徳の時間で「生まれたころのこと」を勉強する時間があったと思います。
    そのくらいの頃の子どもたちにどうかな?と、思いました。

    掲載日:2016/02/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 思わずウルっとしました

    息子が卒園するにあたり借りてきました。

    産まれてから6年間。
    毎日毎日息子のお世話で必至になっていたのを思い出しました。
    特に男の子のお母さんに読んでもらいたい絵本です。
    男の子って女の子より手がかかりがちですから。。

    運動会のよーいどん!ではかたまり・・・のページを読んで
    息子は「そんなのないない!」と大笑いしていましたが
    それ・・・まさに息子なんですけど(笑)

    そんなこともあったあった!と思うと
    息子の成長を感じ思わずウルウルしてしまいました。

    掲載日:2014/03/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 6年間を思いながら

    卒園・入学を間近に控えた6歳の娘と読もうと思って選びました。
    「そうそうそうだった」「うちの子は違った」などと、娘が生まれてからこれまでのことを思い出しながら読みました。あっという間のようで、いろいろあった6年だったなぁと思います。
    娘はイマイチピンと来ていない様子。主人公が男の子だったからでしょうか?
    今4歳の末っ子長男が6歳になったら、息子にまた読んであげようと思います。

    掲載日:2014/02/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • あっという間の6年間だったなあ

    3月の終りに6歳になり、卒園、入学と経験した娘と一緒に
    読みました(しかし、娘はもうひとりで先に読んでいて・・
    「思い出っていうかアルバムって感じだよ」と言っていました)。
    作者の佐々木さんの言葉が載っていて「この本に描かれてきた子ども
    は、少し育てにくいと感じられる個性をもっています。だれにもある
    子ども本来の特性を、しっかりもっている子どもだからです」と
    ありました。そうして、絵本の描かれているひとつひとつの
    エピソードについて「子どもの気持ちになってみると、理由が
    わかります」と、たくさんの説明も書かれていました。
    そのひとつひとつを読みながら、ああ、そうなんだねえと納得
    したり、娘が小さかった頃を思い出してみたり。
    なにごとも、過ぎてみたればいい思い出で、あとになってみれば
    娘のあれやこれやもたいして心配するような(怒ったりイライラ
    したりするような)ことではないのですよね。
    最近、ちょっとイライラしてばかりだったかなあと反省しました。
    あっという間だった6年間のように、これからの6年間も
    きっとあっという間だろうから、大切に楽しく過ごして
    いきたいです。

    掲載日:2013/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 家族の宝物

    • オーレリーさん
    • 40代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子7歳、男の子0歳

    絵本エイドの企画で、サイン本を買わせて頂きました。

    長男が6歳の時に読みました。
    赤ちゃんだった男の子が、6歳になるまでの成長過程が丁寧に、そして優しく温かいまなざしで描かれています。

    ページの中で「きみは6さい かぞくのたからもの」というシーンがあります。
    長男も(私も)このページがお気に入りです。

    読み終えてから「お母さん。僕の小さい頃はどうだった?やっぱりこの本にでてくるみたいに、たべものはちょーがんこだった?おみせではおいかけっこしてた?」と色々聞いてきました。
    私が、赤ちゃんだった頃の話をしてあげると、とても嬉しそうに聞いていました。

    佐々木正美さんの、おうちのかたへ…のお話も心に響きます。
    親子で是非!

    掲載日:2012/11/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • まさにこんなかんじ!

    • うさうさこさん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子6歳、女の子4歳

    ちょうど息子が小学生になり、ふと読んでみたくなり借りてきました。

    小さいころからの成長が、見開きに1行程度しか書いてないのに、お母さんの思いがギュッと詰まった感じです。

    成長を読んで、そうそうと思い出しながら読みました。

    そしてとうとう小学生。

    おかあさんと二人緊張した感じが、つい最近味わったばかりなので涙が出てきました。

    こうやって少しずつ大きくなっていく子供をこれからも見守っていきたいな、と思わせる絵本でした。

    掲載日:2012/07/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 6歳の娘へ

    • Yuayaさん
    • 20代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子9歳、女の子6歳

    もうすぐ卒園。そして入学。
    大きな一歩を踏み出す6歳の娘に読んであげました。
    生まれた赤ちゃんの時から6歳の卒園・入学まで。
    大変なことばかり。
    それでも幸せな日々でした。
    この絵本に出てくる子も「○ちゃんもそうだったんだよ〜」とお話しながら読みました。
    中には娘とは違う事もありましたが、それはそれで「○ちゃんは一生懸命やってたよね」と褒めながら話し、短いながら幸せな時間でした。

    掲載日:2012/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 6さいのママへ

    6さいになるにはまだ少し早いのですが、来年卒園入学なので興味を持ち手に取りました。

    子どもから見える世界は、大人には理解できなくて思い悩むこともあるけれど、その子どもの視線に合わせることが大事だということを教えられます。絵本の言葉がとても優しく、少し子育てが大変だった…と感じるお母さんが読まれたら、涙が止まらないと思います。絵本のなかのエピソードとは少し違いますが、我が家も悩んで子育てしてきました。
    感慨深いものがありますね。

    6さいのきみと、そして何よりも『6さいのはは』に、ぜひ読んでほしい1冊です。

    掲載日:2012/03/02

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


好評につき第2弾!もしあなたが桃太郎だったら?!

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.46)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット