ちびっこ魔女の大パーティ ちびっこ魔女の大パーティ
作: ジョージー・アダムス 絵: エミリー・ボラム 訳: おかだよしえ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
ちびっこ魔女3人組みは魔法の森に住んでいる。ハロウィーン・パーティをすることにした3人は、招待状を出し、おそうじをし、料理も準備して、でも…?

これはのみのぴこ」 みんなの声

これはのみのぴこ 作:谷川 俊太郎
絵:和田 誠
出版社:サンリード
本体価格:\1,200+税
発行日:1979年
ISBN:9784914985011
評価スコア 4.59
評価ランキング 3,899
みんなの声 総数 101
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

101件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 谷川 俊太郎さんの読み方には目からうろこ

    • まんちゃんさん
    • 40代
    • パパ
    • 埼玉県
    • 女の子8歳、男の子6歳

    肺活量と早口言葉が自慢の私なので、一息で読むのは楽勝。
    小学生やお母さんは肺活量が少ないため、一息で読むと尊敬してくれます。
    朝読書の時間調整にはものすごくいいので、いい気になって何回かか読んでいました。
    NHKのテレビ絵本で谷川俊太郎さんがへろへろになったり、はぁはぁしながら読んでいましたが、いい気になって読むよりも100倍面白いと思いました。
    うまく読むことが大事じゃないですね。

    掲載日:2004/11/11

    参考になりました
    感謝
    5
  • 読み聞かせで盛り上がりました!

    1〜4年生までそれぞれの学年で読み聞かせをしましたが、どの学年でもものすごく盛り上がりました。

    「これは・・」とゆっくり読んでからその後は早口で、最後のフレーズだけ確認するようにはっきりと読みました。

    「とまと ぶつけた やおやさん」とか「いれば つくった はいしゃさん」など1ページごとの展開に反応する子もいれば、言葉の積み重ねを楽しんでいる子もいて、人それぞれ。
    私が読みながら頭でリズムをとってしまうようで、同じ様にリズムを刻んでいる子もいました。

    読み手も聞き手も楽しい時間を共有できること間違いなし!の一冊です。

    掲載日:2011/01/16

    参考になりました
    感謝
    3
  • 結構疲れる、でも可笑しい

    かなり前にテレビ絵本という番組で放送されていて
    変わったお話だなあと思っていて 読んでみたいと思いつつ
    なかなか出会えない絵本だったので 見つけた時には嬉しくなりました。

    “これはのみのぴこ”から始まって
    どんどんどんどん文章は長文展開となっていきます。
    親には試練の絵本でしょうかね。
    読み重ねるうちに 左ページの文章の余白が怖くなってきます・笑
    でも“こどものまんがを読んでるお母さん”とか“銀行員とお相撲さんがピンポンをする”とか面白い人が沢山出てくるので子どもは面白がっていました。
    そして最後にはすごくおさまりがイイというのは
    谷川さんならではだなあとただただ感心してしまいます。

    掲載日:2009/05/26

    参考になりました
    感謝
    3
  • 無条件におもしろいです

    • みきけいさん
    • 40代
    • せんせい
    • 大阪府
    • 男の子15歳、男の子13歳、男の子7歳

    息子が2〜3歳くらいの時に一度読んであげたのですが、覚えていなかったようで、図書館にあったので、再び借りて読んであげました。

    7歳になった今、だんだんと文章が長くなっていく面白さや、それが一人の登場人物の説明なんだということがわかったようで、とっても楽しそうに聞いていました。

    私が大好きな本ですが、それを嬉しく楽しく聞いてくれている様子を見ていると、きっと、何歳であってもこんな感じで聞いているんだろうなあと、思いました。

    テレビ絵本に出ていましたし、小学生低学年くらいまでなら、楽しめるのではないでしょうか。

    掲載日:2011/01/26

    参考になりました
    感謝
    2
  • 反応がそれぞれ

    息子の小学校で読み聞かせボラをしています。
    まず1年生のクラスで読みました。「保育園で読んだ!」など知っている子どももいましたが、1ページ進むごとに、あははは、と笑いがおこりました。2年生のクラスで読んだ時は、はじめは笑っていましたが、後半一緒に大きな声で、読んでくれました。3年生のクラスで読んだ時は、知っている子が次のページはどうなる、ということを周りのクラスメートに説明していました。初めての子どもたちは一文ずつ増えていくことに「え〜?!」と言いつつ笑ってくれました。
    4年生で読んだらどうなるか、今から楽しみです。

    掲載日:2009/11/18

    参考になりました
    感謝
    2
  • 親が覚醒する絵本

    親の能力が覚醒します。
    とにかく早口で読んであげるともう大喜び。
    何度も何度も読まされます。

    最初のページは「これはのみのぴこ」だけ。
    次のページからは、一行ずつフレーズが追加されて、
    最終ページはかなりの長文を読むことになります。

    それでも慣れてくると、口が覚えてしまうのか最終ページも一息で読めてしまいます。
    「俺の記憶力も捨てたもんじゃないな」
    「実はこんなに早口でしゃべれるのか」
    意外な能力を発見できますよ(笑)
    親もチャレンジが楽しめる、飽きのこない本です。

    掲載日:2010/03/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • 楽しみ方次第の本

    • きゃべつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子8歳、男の子5歳

    幼稚園でとても上手に読んでいるお母さんがいました。
    すると、子供達もたちものってくるんです。私が以前に自分の子供に読んだときは、あまり受けなかったです。
    読み手次第の難しい本かな・・と言う印象を持ちました。

    別の読みきかせでは、おとなが一人一ページずつ読んでまわしていくというイベントをして
    いちばん難しいところを校長先生に読んでもらって受けたそうです。

    「これはのみのぴこです」から、だんだん言葉がふえていく言葉遊びの本です。
    どうやってこの本で楽しめるか、こちらも試されてるような本だなあと思いました。

    でも実はこんなことを書いてますが
    一人でこっそり読んでくすっと笑うのが、私の性分にあってます(笑)

    掲載日:2009/05/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • 読みの練習に

     5歳半孫娘に。
     手にしたときは、「おじいちゃんはまた変なのを・・・、」というような顔をしていましたが、読み進めるうちに、笑い声がでてきました。

     そのうちに、「○○ちゃんは、どのページなら読めるかな」と挑発してやると、見事に最終ページをスラスラと読み、「どうだ」と得意げな顔をしていました。
     これだけ繰り返し耳にすると、覚えてしまっていたのでしょうね。
     長文の読みの練習には最適ですね。(笑)

     それと、万物のつながり(関係)を意識する感覚を養うにも最適でしょうか。(笑)

    掲載日:2008/03/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • かならず 大合唱♪

    • まあささん
    • 40代
    • せんせい
    • 神奈川県
    • 女の子14歳

    この本を読もうというと知ってる子達が
    「え〜、またぁ〜」
    と(うれしそうに)いやがります。
    知らない子達は
    「のみってあの‘のみ’だよね」
    とつぶやきます。

    かまわず始めるとみんなで声をそろえて・・・

    これは 
    のみのぴこのすんでいる 
    ねこのごえもんの 
    しっぽふんずけたあきらくんの 
    まんがよんでるおかあさんが・・

    と大合唱♪

    私が気をつけることは
    リズムと抑揚をいつも同じにして合わせやすくすることだけ

    読み終わると「あ〜たのしかった♪」
    そして必ずだれかが借りてかえるのです。

    掲載日:2007/05/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • 言葉遊びの絵本でした

    言葉遊びの絵本でした。
    こういう形式は、子供にはとっても面白そうですね。
    読む方はちょっと疲れるかな。
    ノミのピコに戻るかなと思ったのですが、違う名前でした。
    友だちかもしれないですね。
    絵も可愛くてのんびりしていて、良いです。

    掲載日:2017/06/29

    参考になりました
    感謝
    0

101件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / あけましておめでとう / がまんのケーキ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


ハロウィンにぴったり☆おばけといっしょにクッキング!?

全ページためしよみ
年齢別絵本セット