雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…

アザラシとくらした少年」 みんなの声

アザラシとくらした少年 作:レイフ・マーティン
絵:デイビッド・シャノン
訳:常盤新平
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,359+税
発行日:1996年09月
ISBN:9784265055227
評価スコア 4
評価ランキング 20,764
みんなの声 総数 2
「アザラシとくらした少年」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 自然を敬愛する精神

    4歳の息子と読みました。
    インディアンのチヌーク族の民話をもとにしたという話。
    いろいろな国のいろいろなお話を私が息子に肌に触れてほしかったので。
    おとうさんとおかあさんがちょっと目を話した隙に
    川に入り、アザラシと暮らすようになってしまった少年のお話です。
    チヌーク族の、自然を敬愛する精神が伺われる絵本です。
    親目線だと少し悲しい気持ちになってしまいますが、
    親離れ、子離れには大切なことだと思います。
    息子は興味深く聞いていました。

    掲載日:2016/02/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分の生きていく場所。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子11歳

    この絵本は、インディアン(チヌーク族)に伝わる短い民話を元にして物語にしたものだそうです。
    学校のボランティアを一緒にやってくれている地域の方が、
    『この絵本、いいらしいのよ』と、どこかの書評を聞いて紹介してくれたのが最初でした。

    波にさらわれたのか、迷子になった小さな子をアザラシが育てたというだけでも美談ですが、
    少し大きくなって、人間の両親の元に戻ることができたにもかかわらず、
    最終的にアザラシたちと暮らしていくことを選んだ少年の生き方が深いなぁと、思いました。
    「自分が生きていく場所」を考えさせられます。

    この作品は絵もはっきりしているし、文字も意外と大きく書かれているので、読み聞かせにも向いていると思います。
    出来ることなら小学校高学年以上、中学生や高校生など自分の将来について、考えたり悩んだりしている年頃の子どもたちに聞いてもらいたいです。

    掲載日:2011/04/06

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『桃太郎が語る桃太郎』クゲユウジさん 岡村優太さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット