雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
なみ@えほんさん 50代・その他の方

詩と絵の すてきなハーモニー
 よく知られている詩ですが、大きな字で…

うまれたよ!モンシロチョウ」 みんなの声

うまれたよ!モンシロチョウ 写真:安田 守(写真)
文・構成:小杉みのり
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\2,200+税
発行日:2011年03月
ISBN:9784265020416
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,135
みんなの声 総数 2
「うまれたよ!モンシロチョウ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • モンシロチョウの一生

    写真の本です。
    そして、実物大に掲載されている箇所もあるので、とても勉強になりました。
    かなり詳しく説明されているのですが、難しく感じることなく、あっという間に読んでいました。
    子供からのリクエストで、同じシリーズの他の本も読みたい、ということでした。

    掲載日:2014/03/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 写真が綺麗。シリーズでお勧めです。

    モンシロチョウの幼虫の成長を追った写真絵本です。
    写真が大きくて、とても綺麗です。

    モンシロチョウの幼虫は、自分の生まれた卵の抜け殻や、脱皮した抜け殻を、自分で食べてしまうんですね−。
    そして決まった葉っぱしか食べない。

    最後のページに、一日にどれだけ幼虫がうんちをするのか、ずらーっとうんちがきれいに並んでいて面白いです。
    成長するにつれて、うんちの大きさも数もどんどん増えていって、最後の頃には一日に100個近くもしてるんです。娘が1つ1つ指で数えていました。
    畑でとれたキャベツにたまについている黒い点々、あれはモンシロチョウの幼虫のうんちだったのかなぁ、なんて思いながら読みました。

    昆虫が身近に感じられる、とても分かりやすい写真絵本です。

    掲載日:2011/09/30

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



マグネットピースが付いた、きせかええほん!

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット