ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

バナナわに」 みんなの声

バナナわに 作:尾崎美紀
絵:市居 みか
出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2011年05月
ISBN:9784893253163
評価スコア 4.64
評価ランキング 2,443
みんなの声 総数 10
「バナナわに」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 娘がバナナを食べるようになった一冊!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子10歳、女の子5歳

    5歳の娘が保育園で読んでとっても気にいったらしく、
    おうちでも読みたいとリクエスト。

    早速入手すると、得意そうに読み聞かせをしてくれました。

    主人公は心優しいワニのヨワニン。
    偶然出会った子ザルにまで、上から目線でモノを言われ、
    言われるがまま遊んであげたり、
    ワニであることを隠そうとしたり。

    バナナワニ という題名ですが、
    ヨワニンとおさる君の友情物語でもあります。

    なぜ「ばななわに」なのかは、後半を読むとやっと納得!
    と、なんだか本当にこんなワニくんいそうだなと思うほど、
    バナナ色にマッチしているヨワニンがとってもかわいいです。

    娘はヨワニンが大好きで、本当にいるなら是非会いに行きたいらしい。
    ヨワニンのおかげで、あんまり食べなかったバナナを食べるようになって、
    こっちの効果にも感謝です!

    掲載日:2016/10/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • 守りたいもの

    気弱なワニが、バナナを通じて子ザルと出会い
    守りたいもののおかげで強くなれる・・というお話です。

    なによりも、絵が素敵です。
    柔らかな色彩で描かれた絵が
    やさしさは強さでもあるというメッセージを伝えるには絶妙です。
    全編を通してキーとなるアイテムがバナナだというのも
    とてもほっこりします。

    平和って、こんな心から生まれるのかなーと思いました。

    掲載日:2016/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • キイロいワニは おしゃれワニ

    友達が一人もいなかったワニが、子ザルのおかげで徐々に毎日が楽しくなっていき、気持ちに平和が訪れます。

    そして、市居みかさんの描く子ザルがかわいい!
    お話の流れ方も展開も楽しいし、子供たちの身近なバナナが出てくるので、お話にも入りやすい。
    絵本っていいなぁと思える作品。

    掲載日:2015/07/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しいワニだっているよ!!

    タイトルが気に入って読みました。

    ワニっていうととっても迫力があって、強くて、たくましい。

    そんなイメージがありますが、そうじゃないワニもいる!!

    生きているものを食べるなんてできない・・・

    そんな気弱なワニがとてもかわいく見えました。

    バナナわにとなんでタイトルを付けたか、

    読めば納得できました。

    優しくて、そしてとってもあたたかいワニが

    この絵本で楽しめます。

    掲載日:2014/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しい!

    表紙の優しい絵からとても惹かれて選びました。色彩もとても優しくて

    癒されます。優しい名前が、ピッタリだと思いました。

    ヨワニンだなんて、よっとひよわな感じもしないわけでもないですが、

    誰にも優しくできて争い事が嫌いで平和に暮らせる強さを持っているヨ

    ワニンが、いいなあって思いました。

    掲載日:2012/11/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冬になります

    人間も冬にみかんをたくさん食べたら足の裏が黄色くなりますよね〜!!このお話のワニはバナナの食べすぎで体が黄色くなっていたのがとっても面白かったそうです!!なかなかない感じのストーリーだったので、大人の私も楽しんじゃいました。

    掲載日:2012/06/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵がかわいい!

    わになのに草食系わにのお話。
    さるとお友達になって、バナナを一緒に食べて、最後にはバナナわにに!

    世の中草食系流行りだけど、絵本の中まで草食系なんだ!
    でも、絵が可愛くて、わにとおさるのやり取りがほほえましくて、素敵な絵本です。

    掲載日:2011/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • やさしいワニのお話

    3歳11ヶ月の息子に読んでやりました。あまりにも優しすぎて、サルを食べることができないワニのヨワニン。あまりにもおなかがすきすぎて、こざるが食べているバナナを一口食べたら、たちまちとりこに。そして、バナナばかり食べていたら、だんだん体も緑ではなく黄色になって、まるでバナナのよう!

    やさしいワニのお話ですが、面白すぎ。心優しいのはもちろんですが、バナナで納得するなんて、草食動物に変わってしまったということ?そして形が形だけに、バナナそっくりなんて・・・。息子は大笑い。なんかおかしいぞ、って。こんなワニはいないけれど、こんなバナナがいたらいいなーとひそかに思ってしまいました。バナナがすきなお子さんにいかがでしょうか?

    掲載日:2011/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵がとてもカラフルで楽しく、気の弱いわにのヨワニンに、やっとできた友だちの小ざるとの交流が、ほろっとさせて、笑わせてくれます。
    数え歌のところは、何度読んでも笑ってしまいます!ワニもサルも、みんな同じ生き物、こんな風に仲良くなれたら国と国も喧嘩しなくていいのに、と思ってしまいました。

    掲載日:2011/08/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心がほっこりします

     心優しいワニ、ヨワニン。魚や動物が可哀想で、他のワニのように食べることが出来ません。

     ある日、こざると友だちになりますが、お腹がすいてたまらなくなり、こざるを食べようと思わず口を開けてしまいますが・・・?!

     こざるの大好きなバナナがヨワニンと、ヨワニンとこざるとの友情を助けてくれます。まさにバナナが救世主!

     いつしか色も形もバナナそっくりになったヨワニン、今では森の人気者です。よかったね、ヨワニン!

     途中のかぞえ歌もおもしろく、読んだ後に心がほっこりあたたかくなる絵本です。

    掲載日:2011/07/10

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / 給食番長 / ペチューニアのうた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.64)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット