しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

うっとりはなにみとれたら」 みんなの声

うっとりはなにみとれたら 作:内田 麟太郎
絵:渡辺 有一
出版社:文研出版
本体価格:\1,300+税
発行日:2011年04月30日
ISBN:9784580821071
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,566
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • みとれるって素敵

    同じ作者コンビの姉妹本『たぬきがすやすやねていたら』がとてもよかったので、こちらも読みました。
    うっとりはなにみとれたサイやワニやゾウが登場します。
    心地よいリズムの繰り返しで、ほのぼのとさせるのですが、そこにちょっぴりシュールなユーモアが足されています。
    繰り返し「うっとりはなにみとれたら」と読むたびに、うっとりって素敵な言葉だなと思いました。

    掲載日:2015/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • ナンセンスとメルヘンの融合

    『ぽっかりつきがでましたら』が、お気に入りの娘。
    こちらも、気に入ったようです。

    “うっとり はなに みとれたら…、うっとり○○するでしょう…”
    このパターンで進みますが、この○○、ナンセンスなんだけどメルヘンを崩さず、ほわ〜んと和みます。
    プラス、何が飛び出すかわからない面白さがあります。

    心地よいリズム。
    手品のようなシリーズです。

    掲載日:2013/09/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 声にだしたい絵本です

    この絵本は、絵もかわいらしくて好きなのですが、
    読んでいてとても心地の良い本であるところも
    気に入りました!
    読んでいるだけで、なんだか穏やかな気持ちになれる、
    そんな絵本です。
    リズムのある文章が、耳に入りやすく、そして、声に
    出すと、楽しい気持ちにもなれます!
    娘はまだ聞いて見ているだけでしたが、大きくなったら
    一緒に声に出して読みたいなと思える絵本でした。

    掲載日:2013/08/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • うっとり

    春の暖かな空気に、ピタリの絵本ですね。
    ワニやオバケといった、ちょっと怖く感じる存在でも、お花を見れば「うっとり・・・」なんですね。
    その表情からは、いつもの怖さなんて消え去っていて、そのギャップが面白かったです。

    掲載日:2013/03/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 花の季節に

    • きゃべつさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子10歳、男の子8歳、

    題名通り、かばやおばけさんなどいろんな動物が
    うっとりと花に見とれます。
    オチは読んでのお楽しみですが、内田さんらしいナンセンスな笑いにあふれています。
    花盛りの春から初夏にぜひ、欲凝りとナンセンスの世界に浸れます。

    そして読んだ後は私もうっとりと寝てしまいそうです。
    ふんわりと帰した気持ちになる一冊です。

    掲載日:2012/06/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • うっとり

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子5歳、男の子3歳

    内田麟太郎ワールド全開です。独特の世界観。
    「うっとりはなにみとれたら」のタイトルどおり、全体的に“うっとり”できる絵本です。
    表紙も、美しい水連とワニというミスマッチな絵が描かれていますが、本編でもサイ、ワニ、おばけ、ヘビ、そしてゾウまでも、花に見とれて、ありえないことが起こります。
    これは寝る前なんかに読むと、心が落ち着きそうです。

    掲載日:2011/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほわ〜ん

    この本を読んでいると、言葉がうっとりとかほわ〜んとした言葉が多かったので、寝る前に読んであげたら、すぐ睡魔に襲われてしまいました。絵もとってもかわいくて、優しい気持ちになれる本だと思います。

    掲載日:2011/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • うっとり

    うっとり花に見惚れているなんてロマンチックなサイ、ワニ、おばけ、ヘビ、ゾウの登場に和みました。やっぱり同じようにうっとりと花に見惚れていたくなります。そんな時間がいっぱいある今に感謝したいと思います。とても優しい作品だと思います!

    掲載日:2011/09/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 詩人の作者

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    内田麟太郎さんは素晴らしい詩人です

    その詩に素敵な渡辺有一さんのイラストを組み合わせると、心安らぐ絵本ができた!という感じです

    うっとり はなに みとれたら・・・サイ、ワニ、オバケ、ヘビ、ゾウがこんな風になるんです

    ほんのりほんわか、心が和む安らぎがあります

    自分はうっとりと花に見とれることはあるかしら・・・・
    読み終えた後そんな事を考えてみることも、この絵本の魅力かもしれません

    どうぞ皆さん是非読んで、たっぷりと堪能してください

    掲載日:2011/07/20

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット