あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…

かいじゅうになりたいミルクちゃん」 みんなの声

かいじゅうになりたいミルクちゃん 作:かどの えいこ
絵:西巻 茅子
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:2004年08月
ISBN:9784591082232
評価スコア 3.6
評価ランキング 31,248
みんなの声 総数 4
「かいじゅうになりたいミルクちゃん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 前作は読んでないけど

    このシリーズはこちらが始めて読んだんですけど、ちゃんと前作までのあらすじを軽くなぞってくれていて、この本だけ読んでも違和感なく、最後まで楽しく読めました。
    ほのぼのストーリーで、可愛らしいです。特にミルクちゃんが可愛い。

    掲載日:2016/02/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 年上になりたいみんな

    前2作で、トゲトゲの妹、プチプチの姉になったミルクちゃん。でも、強そうでもないし、プチプチに身長を追い越されたミルクちゃんは、葉っぱなどで武装して強そうに見せようとします。そんなミルクちゃんにかいじゅうママが作ったのは、かいじゅうのような服。そしてみんなで手をつないでお出かけします。

    ほのぼのしていて、このシリーズはとても楽しく読めます。長文が苦手な娘も、このシリーズだけは自力で一生懸命、読んでいます。

    小学校低学年・中学年向け。

    掲載日:2015/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵本から児童書へ移行期のお子さんに

    かいじゅうトゲトゲの家族の一員となったミルクちゃん。

    ミルクちゃんのみ人間なので赤ちゃんのプチプチより非力なのが気になります。

    家族のいないミルクちゃんがトゲトゲ一家の中で優しく暖かく迎え入れられているのがとてもよくわかります。

    トゲトゲが優しくて頼もしいのもこの両親あってのことなんでしょう。

    三巻目の表紙のトゲトゲは、一巻目よりもよりお兄さんらしくなってきりっとたくましい表情になっている気がします。

    三巻シリーズなので、三巻をまとめて読むとトゲトゲの成長ぶりがよくわかります。

    絵本から児童書へ移行期のお子さんにちょうどいい内容と分量だと思います。

    掲載日:2012/01/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほがらかな。。。

    この表紙の絵をみてほがらかな春ぐらいの森を想像しました。何か見たときにほっとして、あたたかい気持ちになれるかんじの絵でもあり、色使いもすごくいいものだと思います。このおはなしはかいじゅうの赤ちゃんのおねぇちゃんになりたい女の子のはなしですが、この場合「かいじゅうの・・」ですが、自分のこどもがその下に妹、弟ができておねえちゃん、おにいちゃんになるときに読ませてもいいと思います。

    掲載日:2007/03/21

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / いいおかお / えんそくバス

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(3.6)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット