だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

ぞう」 みんなの声

ぞう 作:なかの ひろみ
写真:ふくだ とよふみ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\400+税
発行日:2004年09月
ISBN:9784834020045
評価スコア 4.14
評価ランキング 17,192
みんなの声 総数 6
「ぞう」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 白黒写真

    動物の白黒写真です。
    文章はほんの少しで、写真を見ることが中心といった感じでした。

    写真絵本はあっても、白黒のみというのは珍しいのではないでしょうか。
    白黒だと、独特の雰囲気がありますね。
    かなりのどアップ写真の連続ということもあって、子供達は、少し怖がっていました。

    最後のページのカラー写真のゾウを見て、「これが、ゾウだよ。こっちのほうが好き」と言われました。

    掲載日:2011/12/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • インパクト大!

    いつも全身でしか見た事のないゾウさんですが、ものすごい接写されてます。動物園ではもちろん遠くからしか見た事無いし、写真でもここまで寄ってるのは見た事ない…それだけにびっくりの連続です。ウン十年生きてる私でさえ、このお肌とかまつげとかひげとか足の裏とかにびっくりするんだから、息子なんてもっとびっくりするんでしょうね。何度も何度も読み返してました。
    巻末にちょっとしたトリビアと各写真の説明があるのがうれしいです。ワタシ的にはインドゾウとアフリカゾウの違いが書いてあったのがヒットでした。もう見分けられるぞう!

    掲載日:2010/03/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 写真ですがリアルなので楽しい!

    2歳5ヶ月の息子に読んでやりました。初めていった動物園で一番印象に残ったのがぞうだったみたいなので、この本を読んでやりました。どちらかというと、ぞうが生まれてから大きくなるまでを大雑把な写真による展開のストーリーで、あまりお話を読んでやるという感じではないのですが、息子は興奮しています。おそらく写真がとてもリアルで、それが大きくなっていく様子がママやパパのぞうと共に明るい感じで描かれているからでしょう。あの動物園での印象が戻ってきたのかもしれません。ただ大きいだけのぞうだったのに、小さい赤ちゃんぞうを見られたことも共感を呼んだのかもしれません。

    動物園でリアルな動物を見て印象がよく残っているお子さんには、それらをさらに強化し、大好きさが増していく本だと思いますよ。

    掲載日:2010/01/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぞう大好き!

    娘の大好きなどうぶつえんであそぼシリーズ。
    ぞうも期待通りのスケールを感じさせてくれる絵本です。
    このシリーズは白黒絵本なのですが、白黒でもぞうは違和感ないですね。
    そしてシリーズの中で一番からだのどこの部分か謎の多い本かも(笑)
    ぞうの体の大きさならではですね。
    大人が読んでも楽しめる絵本だと思います。

    掲載日:2009/01/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ありえなーい。

    ぞうなんだか何なんだか分からなくなってしまうようなアングルの写真も多々あり、笑えます。
    アジアゾウとアフリカ象を並べて比べて見ると、違いが分かりやすく理解できて、うれしかったです。
    私はこどもの頃、あまり動物に興味がなかったと思うので、今娘達と同じレベルから学んでいます。これは、そんな親子にぴったりな絵本でした。

    掲載日:2008/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぞう!

    動物園では見れない象が見れたような気がします。
    他のシリーズでも、見ていて楽しかったのですが、この象も良かったです。
    象の肌って、こんな感じなんだなぁ〜って感心しました。

    掲載日:2005/10/19

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


『おやすみ、ロジャー 朗読CDブック』本屋さんインタビュー&体験レポート

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.14)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット