だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

みんなありがとう」 みんなの声

みんなありがとう 作:松本和之
絵:藤本 タクヤ
出版社:文芸社
本体価格:\1,200+税
発行日:2011年03月
ISBN:9784286100302
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,202
みんなの声 総数 3
「みんなありがとう」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 優しい気持ちになれる一冊☆

    • もも♪さん
    • 20代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子3歳

    友達から「ステキな本だよ」と、娘へのプレゼントにいただきました♪

    本当の強さとは優しさとは何か、ということを気づかせてくれる、
    宝物のような一冊です。
    何度も読み返したくなりますし、
    実際私はひとりで読んで、涙ぐんでしまうことも・・。
    そしていつも読んだ後、優しい気持ちになれます。

    ストーリーは、どうなるんだろう、とぐいぐい引き込まれるもので、
    大人も子どもも楽しめると思います。

    子どもが大きくなると共に、この本の深いところも、
    わかっていくのではないかと思うので、
    永〜く楽しめる本になりそうです。

    娘は、表情豊かなかわいい猫や犬のイラストが気に入ったようです。
    特にソラがお気に入りです☆

    娘が大きくなっても、手もとに置いておきたいと思える、
    そんなステキな一冊です。

    掲載日:2012/02/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • 私に子供がいないということもあり、こちらの絵本はあえて私は大人に紹介してしまいます。絵が可愛いので、小さい子でも興味を持ってもらえるかもしれませんが、内容的にはかなり深いものがあり子供ですと小学生以上が対象かと思います。

    盲目の子猫とその兄弟、仲間達の物語は、何か大切な「気付き」を与えてくれたと思います。本当の強さとは?優しさとは?改めて考えさせられました。そして題名にもなっている感謝の気持ち。私達が生きてこれたのも周りの支えがあればこそです。そんなことも思い出させてくれる絵本です。また視点を変えると、ペットを飼うことの意味も学べる絵本だと思います。内容が深いので読んだ後に、親のリードをもとに意見交換ができれば最高ではないかと思います。

    最後に、他の方の感想でもありましたが刊行日と震災がほぼ同じタイミングです。内容も重なり合わせてしまうのもがあり、偶然ではないもの感じてなりません。今、苦しい状況下にある人も読んでみてはいかかがでしょうか。おすすめです。

    掲載日:2012/02/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • 久しぶりに絵本で感動しました!!

    目の不自由な子犬とその友達がさまざまな困難を乗り越えていくお話です、絵もかわいいので子供も絵を指差して、これは?これは?と
    興味を持ってくれるので、教えながら最後まで読み進めます。
    友達を敬い助け合う心を書いた、おすすめの良い絵本だと思います。

    掲載日:2012/03/07

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット