かものはしくんのわすれもの かものはしくんのわすれもの かものはしくんのわすれものの試し読みができます!
作: かないずみ さちこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
わすれんぼのかものはしくん、でもでも、そんなものわすれちゃマズいでしょう!!

ぷちぷち」 みんなの声

ぷちぷち 作・絵:ひろかわ さえこ
出版社:アリス館 アリス館の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:2000年06月
ISBN:9784752001669
評価スコア 4.32
評価ランキング 13,789
みんなの声 総数 30
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

30件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • おマメの大冒険

    さやから飛び出したマメが、転がったり跳んだりしながら、いろんな友だちと出合い遊んでいます。
    すべてが擬音語だけで語られていて、わかってしまう楽しい絵本です。
    子どもが喜びますね。
    おマメさんの表情がとても楽しかったです。

    掲載日:2016/11/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • おまめの大冒険

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、女の子2歳

    表紙の絵に惹かれたのか、2歳の娘自ら、
    図書館から借りてきました。

    「ぷちぷち」って何だろう?
    緩衝材のプチプチかな、と思っていたら、
    第一ページ目からショック!

    なんと、まめが、
    さやから、プチって出てきて、びょーんと飛んでいきます。

    飛んでいったあとのおまめ君が、
    表紙の絵のボク(男の子?)なのですが、
    娘は、おまめって、分かったのかな?

    その後はおまめの大冒険が、
    擬音語だけで表現されています。

    いろんな紆余曲折?を経て、
    最後には芽が出るおまめさん。

    とってもかわいいし、擬音語大好きな娘には、
    ぴったりの一冊でした!

    掲載日:2014/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 紹介されて

    後路好章さんの講演会に行ったときに、紹介されていた絵本です。
    子どもが大好きな擬音語、擬態語を使った絵本だという事で、自分に子ども生まれたらぜひ赤ちゃんの時から読んでみようと思っていました。
    後路さんのおっしゃったとおり、うちの子どももこの絵本をとても気に入って、なんどもなんども読みました。
    アニメーションをみるような、とてもテンポの良い動きのある絵本だと思います。

    掲載日:2013/11/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 音の絵本

    ころころ・ぷち
    など、音だけの絵本です。
    でも、ちゃんと物語もありますよ。

    子供は「ころころころころ・・・・」と、見開きのページ全てが「ころころ」だった場面で、大喜びです。
    もう、そこからテンションが上がって、一緒に「ころころ」言っていました。

    絵もかわいいですし、赤ちゃんも楽しんでくれそうだと思います。

    掲載日:2012/02/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもたちは擬音が好き!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    表紙の絵からサービスいっぱいの絵本でした。
    物語(?)的には表紙から始まっているようです。
    のっけから「まめ」が跳ねています。
    跳ね方の音の表現もいろいろあるみたいで、1つ1つ声に出して読んでみると楽しいです。
    この絵本に出てくるような擬音って、小さな子どもたちは好きですよね〜。
    でも、まめがコロコロ転がるシーンは声に出して真面目に全部言うのは、ちょっと大変そうです。
    散々騒ぎまくって、最後に寝ボケ面して、芽を出している終わり方もいい感じです。
    これもいつか小さいお子さんたちのお話会に読んでみたいです。

    掲載日:2012/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいい旅☆

    かわいいおまめちゃんが、さやから飛び出して、
    旅に出ます!!
    お花のところを通ったり、にわとりやかえるに
    あったり、いろんな表情がとってもかわいいん
    ですよ♪
    さいごに「ぷちっ」っと、何が出てくるんで
    しょうかーーー♪
    お楽しみです♪

    掲載日:2011/10/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • うんうん

    大人からしたら何でもない話でも

    子供にしたらこういう絵本は好き!

    擬音を楽しみながら読む絵本。

    最近はまってます。

    ちょっと大げさに読むくらいが

    いいでしょうね。

    掲載日:2011/05/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 表情が可愛い

    くりくり ぷちぷち に続く三冊目。
    繰り返しの言葉を楽しむ絵本です。
    豆のぷちぷちがぽーんとはじけるところから始まります。
    娘はかえるさんがぷちぷちをぺろぺろとなめ、ぷちぷちのくすぐったい表情がどんどん変化していくページが大好きです。
    同じことをしながら楽しく言葉遊びをしています。
    ラストのページでプチプチから芽が出ます。「うまれた〜」と、うきうきするラストも娘は大好きです。

    掲載日:2010/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 声に出すと楽しい

    言葉遊びの本で、リズミカルなに読み進めていけるので、親の方も楽しい気分になれます。
    文章の長さも、子どもが飽きないくらいの量で、毎日のように読んでます。
    絵のかわいさといい、リズム感といい、1、2歳からでも楽しめると思います。
    わが子は3歳になり、ちょうど文字に興味が出てきた時期で、これはなんていう字?と聞きながら、読んで(ただ単に暗記しているだけだと思いますが)います。
    文字と絵がわかりやすく連動しているので、すぐに覚えちゃうのでしょうね。

    掲載日:2010/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大笑い

    4歳のお兄ちゃんが図書館で借りてきて、自宅で読み聞かせをしていると、普段はあまりじっと聞けない2歳の次男が何故か大笑い!!
    特に『ぽっこぺっこぽっこぺっこ』の音が気に入ったようで、興奮して
    何度も本をながめていました。
    6歳のお姉ちゃんも、次男が喜ぶので何度も声や読み方を変えて読んであげています。
    読みやすく、聞きやすく、可愛い本だと思います。

    掲載日:2009/09/17

    参考になりました
    感謝
    0

30件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / バムとケロのさむいあさ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


遊びながら芸術に親しむ!タメになる探しもの絵本

みんなの声(30人)

絵本の評価(4.32)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット