あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…

菜の子先生の校外パトロール」 みんなの声

菜の子先生の校外パトロール 作:富安 陽子
絵:YUJI
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2011年03月
ISBN:9784834026481
評価スコア 4
評価ランキング 22,265
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 一番の楽しみは「菜の子先生新聞」

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    上の子が小学校6年生くらいか、中学校に入ったくらいの時、菜の子先生シリーズに出会ったんですよね〜。
    富安さんの作品の中でも、ピカ一で好きなシリーズです。
    菜の子先生はいくつかの小学校の「謎の先生」として語り継がれていて、生徒たちが(不思議なことで)ピンチになると、どこからともなくやってきて、竹を割ったようなさばさばした物言いでありながら、さりげなくフォローしたりアドバイスしたりしてくれる、とっても頼りになる先生です。
    「こんな先生がうちの学校にもいれば〜(☆彡)」って、ファンになるのも当然!と、私は思います。

    今回ちょっと残念だったのは、校外パトロールというとこで、今までの学校編とはちょっと雰囲気が違っていたところ。
    あと、描きやすかったので、表紙絵になったんだと思いますが、私は個人的に表紙絵の「七福神・宝船」の話よりも、ラストの京都・修学旅行編の話の方が好きでした。

    毎回このシリーズでの一番の楽しみは「菜の子先生新聞」です。
    本当にこういう投書があったのか、編集部のいたずらなのか…。それでも、本編を読むにあたって、更にドキドキ効果を上げさせてくれる楽しいひとコマであることには違いありません。

    まだ菜の子先生に出会っていないお子さんたちには、小学校・中学校くらいのうちに、ぜひ一度ご拝読を!

    掲載日:2011/09/11

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット