大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

〈天才フレディ〉と幽霊の旅」 みんなの声

〈天才フレディ〉と幽霊の旅 作:シド・フライシュマン
絵:野沢佳織
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2011年03月
ISBN:9784198631451
評価スコア 4
評価ランキング 22,266
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 表紙は明るいですが

    人として生まれてきた中で次の世代にぜひ伝えておきたいことというのがあるように思います。

    それが作家や芸術家であるならこのことだけは作品にするまでは死ねないような強い思いを持った題材というのもあるかもしれません。

    テレビを見ていて戦争を知らない子どももすでに66歳というのがありました。第二次世界大戦からすでに66年。

    その現実を知る人が少なくなれば風化していくものでもあります。

    表紙の明るさからは戦争ということは全く感じることができませんが、

    この作品は、第二次世界大戦後のヨーロッパで腹話術師をするフレディという若者と少年の幽霊が出会うという話です。

    その少年は、13歳になる前にナチスに殺されてこの世にやり残したことがあるのです。

    読んでいる間、読み終わった後、ずーんとした重たい思いを引きずりました。

    思い主題でありながら、ユーモラスな場面も盛り込んで重くならないようには書いてあるのですが、伝わってくるものはやはり重いのです。

    作者のシド・フライシュマンはユダヤ系のアメリカ人だったそうです。

    訳者のあとがきとしてホロコースト関連の児童書の紹介が載っています。

    その中で上げられていた『マルカの長い旅』を私も読みました。

    経験や表現力が熟成した時期に平和への祈りをこめた戦争を主題とした作品を描く作家が多いのは、

    これだけは伝えておかなくては、風化させてはいけないという思いの表れでもあるように思うのです。

    YAジャンルだと思いますが大人まで読んでいただけたらと思う作品です。

    掲載日:2011/04/30

    参考になりました
    感謝
    1

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット