ちびっこ魔女の大パーティ ちびっこ魔女の大パーティ
作: ジョージー・アダムス 絵: エミリー・ボラム 訳: おかだよしえ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
ちびっこ魔女3人組みは魔法の森に住んでいる。ハロウィーン・パーティをすることにした3人は、招待状を出し、おそうじをし、料理も準備して、でも…?

ながぐつをはいたねこ」 みんなの声

ながぐつをはいたねこ 作:香山 美子
絵:佐野 洋子
出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
本体価格:\780+税
発行日:1981年
ISBN:9784893250063
評価スコア 4
評価ランキング 23,331
みんなの声 総数 1
「ながぐつをはいたねこ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 懐かしいお話

    遠い昔、読んだ気がするお話なのに、内容が思い出せない。
    図書館で手にした時、首を傾げて思い出していると、
    「この本、小さい時保育園で読んだよ」と5才の息子。
    「じゃ、思い出すために、借りてみようかっ」

    とても面白いお話なのですが、大人になってしまうと、読み方が変わってしまうものなんだなと。
    3人兄弟は、お父さんが亡くなった為、残したものを分けた。末っ子は、ねこ1匹。がっかりしている末っ子の為に、ねこは富を運んできてくれた。これじゃ、怠け者じゃないか!! 自分で努力しないで、福を得るなんて・・・。
    大人になってしまうと、笑い話を素直に受け入れられなくなってくるものである(笑)
    でも、子供にしてみれば、何て賢いねこなんだろう?と思ってしまうんでしょうね。
    息子とそんな話をしながら、楽しく読みました。

    掲載日:2004/08/14

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『スコットくんとポワロくん』<br>フィリケえつこさんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット