大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

かざることば(A)」 みんなの声

かざることば(A) 監修・制作・絵:五味 太郎
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1986年
ISBN:9784033430300
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,567
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 形容詞のお勉強

    クイズにしたら、答が出そうにない絵がはめ込まれていて、五味さんならではのパネル式の形容詞絵本です。
    食べ物のようないくらでも形容詞が浮かんでくるものはイントロとして、「ぼうし」や「さめ」や「わに」でいくつ形容詞が出せるかゲームにしても楽しいなと思いました。
    形容詞のヒント集のような絵本です。

    掲載日:2015/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 甥と娘が大笑い

    • みいのさん
    • 50代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子17歳、女の子12歳

    甥と娘の幼稚園時代の思い出の1冊です。
    毎日のように、この本の読み聞かせをせがまれていた時期がありました。

    「どんなコアラ」「うたがわしいコアラ」でタヌキのようなコアラが木にしがみついている絵を見て大笑い。
    「どんなおとうさん」「くさいおとうさん」で酔っぱらって子どもにからんでいるおとうさんの絵にまた大笑い。

    言葉の意味に対応する絵がユニークで、子どもには少し難しい言葉でも絵で雰囲気が伝わっているようでした。
    甥と娘は、ひたすら面白がって大笑いをしていました。

    掲載日:2014/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • ことばより絵ぢから

    • もゆらさん
    • 50代
    • その他の方
    • 神奈川県

     ことばいっぱいの第三弾です。ことばを楽しもうとしていたのに、いつのまにか五味太郎の絵の方に目が行ってしまう娘でした。最初はにこにこ、まん中あたりで言葉の意味が分からず絵を見て笑う。終いには絵だけ見て騒がしい娘と化したのでした。 どんな〇〇○って、お笑いネタにあったような・・・少し五味画伯のいたずらが過ぎるようなところもありましたが、まあ現代っ子には刺激も必要かと見逃した次第でした。絵本ではありますが、ことばまで何でもアリでは、本末転倒かと。娘の意見を重んじて「なかなかよい」と。感謝。

    掲載日:2014/01/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 予想外

    小学1年の息子が予想外にハマっていました。
    ニコニコ、時にはゲラゲラ
    そんなにおもしろいの? って家族がみんな集まってしまいました。

    どんな○○ という表題からどんな有様なのかを言い表す言葉が256語収録されています。
    かざることばってこんなにあるんだ〜
    「どんな おかあさん」 など身近なテーマが多い。
    飾る言葉も絵も面白いものが多い。

    いろんな言葉を使ってみたくなりました。

    言葉の意味を、絵をみて感覚で感じ取れる絵本でいいな〜と思いました

    掲載日:2011/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 形容詞が沢山つまった本

    • ディドルさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子5歳、女の子3歳

    見開き2ページごとに、「どんなぼうし」「どんなコアラ」「どんなやま」「どんなおかあさん」「どんなおとうさん」等のトピックがあり、そこに16種類の絵と文が載っています。
    合計256語の形容詞が学べます。
    「うたがわしい コアラ」、「せこい おとうさん」、「わすれっぽい わに」等、絵も文も面白く、子供も大人も笑いながら読めます。
    5歳と2歳の子供達にはまだまだ難しい形容詞が沢山載っているので、小学校に上がっても重宝しそうです。

    掲載日:2011/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 上の子が下の子に読んであげては?

     我が家には、ばいきんまんの大きな貯金箱があります。
     よちよちし始める頃から、おもちゃ代わりになめたりだっこしたりして、息子のお気に入りでした。
     その後、アンパンマンに夢中になりよくTVを見ていました。
    ある日、TVにおもりをしてもらい食事を作っていると、パタパタと台所へ駆け寄ってきて、「おかあしゃん、ぼく ばいきんまん きやい!」と大親友だったばいきんまんの悪行に失望し、涙目で私に伝えにきました。彼の悲しみもさることながら、『二語文、いや三語文をしゃべった!』と驚き嬉しくなり、購入した本です。
     
     五味先生の絵も楽しく、全シリーズを一冊ずつ楽しみながら読みました。
     なかでも、かざることば(A)[3巻]が、リクエストの多かった巻でした。
     『お勉強を』なんてつもりはなく、「言葉は楽しいよ。」って、思って欲しくて読みました。
     この“かざることば”は、「どんな○○○」という形で、○○○の形容を16パターンのコマ割りで紹介しています。
     一冊を本当に堪能できます。
     夜おやすみの前には、ちょっと長いので、きついかもしれません(笑)。ページを決めても最後まで読みたがり、この本は土日のお昼用にしました。
     どのページも楽しいのですが、「どんなロボット」のページが好きでしたが、その後小学校に入学後は、「どんなまほうつかい」のページが気に入り、“はらぐろいまほうつかい”、“くちぎたないまほうつかい”、“えげつないまほうつかい”で笑っていました。。
     言葉の出始めた下のお子さんに、小学生のお兄ちゃんお姉ちゃんが読んであげるのも一つの楽しみ方かもしれません。

    掲載日:2009/09/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと難しい言葉もありますが

    絵は楽しく、言葉もシンプルなのですが、子供にはちょっとわかりにくい表現がありました。「いぶかしい」とか「ものさびしい」など意味が難しかったです。もっと大きくなったときに、この本のおもしろさがだんだんわかってくるのかな、と思いました。子供が大好きな「さめ」がたくさん描かれているページはとても気にいっておもしろそうに読んでいました。私は、ひねりのきいた言葉と絵の組み合わせを楽しむことができました。

    掲載日:2007/05/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい図鑑

    小1の娘が、学校で見て面白かったからと借りてきました。
    見本のページにあるように、「どんな○○」というテーマごとに16個の形容詞が紹介されていきます。

    「おおきい」や「かわいい」など簡単なものから、「ふくぶくしい」や「なまめかしい」のような、子どもには馴染みのないものもたくさん出てきます。
    説明は絵のみのため、当然子どもは「どういう意味?」と聞いてくるので、「絵の通りなんだけど、つまり・・」と言葉を言いかえるために、親のほうも勉強になりました。

    ほとんどのページでは16枚の絵がそれぞれ独立しているのに、「山」のページだけは、16枚がつながって一つの絵だったのが印象的でした。
    つまり、大きな山の絵の中で「低い」の場所もあれば、「険しい」場所、「ものさびしい」場所などがあるわけです。
    説明が難しいので分かっていただけないかもしれませんが、是非、ご覧になってくださいね。

    小学生くらいのお子さんにオススメです。

    掲載日:2006/04/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • イラストの表情がとても愉快

    256にも及ぶ形容詞を教えてくれる絵本です。
    イラストの表情がとても愉快に描かれています。
    イラストと形容詞がマッチングしており、言葉の楽しさを実感できます。
    「あいうえお」などの言葉に興味を持ち出した娘は指を差して、うんうんと頷いていました。
    楽しく遊べる絵本です。

    掲載日:2004/08/14

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / キャベツくん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット