ぴょーん ぴょーん ぴょーんの試し読みができます!
作・絵: まつおか たつひで  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
「かえるが・・・ぴょーん」「こねこが・・・ぴょーん」ページをめくると次々にいろんな動物がジャンプします。くりかえしが楽しい絵本です。
はるとうちゃんさん 30代・せんせい

ぱぴぷぺぽ…の音の面白さ
 「ぴょーん」という音の面白さを改めて…

明日(あした)のまほうつかい」 みんなの声

明日(あした)のまほうつかい 作:パトリシア・マクラクラン
出版社:ベネッセコーポレーション
本体価格:\1,165+税
発行日:1989年11月
ISBN:9784828813721
評価スコア 4
評価ランキング 22,888
みんなの声 総数 1
「明日(あした)のまほうつかい」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 中学年でも高学年でも楽しめそうな内容

    『のっぽのサラ』『草原のサラ』などがあるパトリシア・マクラクランの作品です。

    6歳からとありますが、中学年でも高学年でも楽しめそうな内容です。

    6歳というよりももっと年齢が上の方が作品に奥行きがあり、気持ちなどももっと深くわかるのではないかという気もしました。

    人の願いをかなえてくれる明日の魔法使い。

    魔法使いの見習いとしてマードックという少年と賢い馬が出てきます。

    六話収録されていますが、どの話も話として良いできでお話作りのうまさを感じました。

    いつも愚痴ばかり言い合っているうちに、とても優しい女の子が来て、

    家庭内が落ち着かなくなる「あいうえおじいさん」の話などはオチに笑ってしまいました。

    「かんぺきなバイオリン」では、完璧なバイオリン作りを求める職人とその妻との関係を巧みに使いながら、完璧なものの存在を考えさせられます。

    子どもも楽しめますが、大人も読んでもおもしろいし、読み聞かせをしてみましたが、訳文が読みやすくまた耳だけでも情景がよく描けたようでした。

    掲載日:2011/04/15

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



世界じゅうで翻訳され、読み継がれているロングセラー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット