となりのせきのますだくん となりのせきのますだくん
作・絵: 武田 美穂  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
わたし、きょう、学校へいけない気がする。だって・・・。となりの席のますだくんが怖くてしかたないみほちゃん。すべての子どもが共感できる作品です。
まあるいさん 30代・ママ

入学前後に
娘が年長の頃に借りてきて読みました。 …

きらきら」 みんなの声

きらきら 作・絵:シンシア・カドハタ
訳:代田亜香子
出版社:白水社
本体価格:\1,500+税
発行日:2004年10月
ISBN:9784560047958
評価スコア 4
評価ランキング 22,678
みんなの声 総数 1
「きらきら」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • どんな時でも明るい方を

    どの時代も乱世だと書いてあった本がありました。

    人として大きな悪事を働いているわけでもないのに、生きていると理不尽なことに遭遇することがあります。

    それは災害、事故、戦争だったり身内の突然の死であったり、人によっては努力しても変えられない気質的なものであったり、

    それだけ生きていくことは困難で、心穏やかに生きたいと思いながらも、心の中でざわめくような波立ちが抑えられないことも。

    『きらきら』という作品を読みたいと思ったのは、先に同じ作者の『草花とよばれた少女』を読んだからでした。

    『草花とよばれた少女』は、第二次世界大戦中の日本人収容所のことについて描かれた作品です。

    主人公・スミコは、拘束された生活の中、草花を育てる技術を活かして収容所生活の中でも生きる希望を見いだそうとします。

    作者が、日系三世ということで、ルーツは日本。

    日本的な物の考え方や言葉がでてくるので、今までの海外YA作品の中ではとても身近な作品に感じました。

    「きらきら」というのは、主人公ケイティの姉・リンがケイティに教えてくれた言葉です。

    どんなことも工夫して楽しいことにしてしまうリン。リンに影響を受けながらケイテイは成長していきます。

    1950年代のアメリカで、日系人は有色人種としての差別もあります。

    『草花とよばれた少女』も暗く重くなりがちな題材でありながら、読後感は決して重くありませんでした。

    この話も最後は読みながら涙ぐんでしまいましたが、どんな時でも明るい方を向いて生きていこうとするそんな姿勢があり、そこに救われるものを感じました。

    掲載日:2011/04/15

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



いないいない…ばあっ!で、とびきりの笑顔に♪

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット