ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

紙芝居 ぼくのてんぷらもえちゃった!」 みんなの声

紙芝居 ぼくのてんぷらもえちゃった! 作・絵:宮本えつよし
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\0+税
評価スコア 3.5
評価ランキング 31,524
みんなの声 総数 1
「紙芝居 ぼくのてんぷらもえちゃった!」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 火事の恐さを知る

    3歳7ヶ月の息子に読んでやりました。自らこの紙芝居読んでーと持ってこられたときには、ちょっとどうしよう?と思いましたが、本人の強い希望もあり読んでやりました。さすが紙芝居というだけあって、演出が絵本より効果的なので、火事の恐さを知る事ができますよ。

    大好きなてんぷらをつくってくれるのでけんちゃんはとても喜んでいます。でも危ないからと台所ではなく部屋で待つことに。ところが、急に雨が降ってきて、おかあさんはてんぷらの火を止めずに洗濯物の取り込みにかかってしまいます。その間にてんぷら鍋に火が入り、あやうく火事に・・・。ペットのコロが吠えて危険を知らせてくれたので、火事になる前に鎮火する事ができました。その様子をけんちゃんは見ていたし、手伝いました。おかあさんは今度から気をつけるわ、とおとうさんにてんぷらを食べながら話していました。

    意外とリアルなストーリー展開ですが、よくこれで火が収まったなと正直思いました。火事になる瞬間を息子に教えることができたのかな?恐いんだよと何度も念を押すことができる紙芝居ですよ。

    掲載日:2011/04/15

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



2つの写真のまちがいをさがそう

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット