十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

南の島で」 みんなの声

南の島で 作:石津 ちひろ
絵:原 マスミ
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2011年04月
ISBN:9784034351406
評価スコア 3.67
評価ランキング 30,009
みんなの声 総数 5
「南の島で」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ひと夏の思い出

    このお話は少年と島に暮らしているお姉さんとのひと夏の思い出を描いたお話でした。最初は照れ臭い感じもある感じで描かれていたのがちょっとリアルだなって思いました。だんだん日が経つにつれて打ち解けあっていく様子がとっても素敵な絵本でした。

    掲載日:2013/12/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夏の思い出

    「ぼく」が南の島で一緒に過ごしたのは、父さんの妹のももさん。
    ももさんの暮らし方を見ていると、日本人には見えませんねー。
    南の島らしく、のんびり・ゆったりな雰囲気を感じます。
    そんな中でも、垣間見える、ももさんの仕事など、リアル感がありますね。

    掲載日:2012/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読後感が一寸寂しい

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 広島県
    • 男の子12歳、男の子6歳

    「リサとガスパール」シリーズの訳や、言葉遊びの絵本作家としてつとに知られる石津ちひろさんの作品。

    物語は、
    「ぼくがまだ、こどもだったころのこと。
    夏休みの何日かを、とうさんの妹、
    ももさんのいた南の島ですごしたことがある。
    空港まで、とうさんにみおくりにきてもらって、
    はじめてひとりで飛行機にのったんだ」
    という書き出しで始まります。

    ぼくの回顧録という形式をとった絵本です。
    ぼくが南の島で過ごした時間は、何処か切ない気持ちにさせられるもの。
    誰にもある、淡い思い出を綴ったものと言えそうです。

    でも、読後感にある寂しさのようなものは、何なのでしょうか?
    まるで、ももさんがもうこの世に存在していないような気持ちに駆り立てられてしまいました。

    淡々と進行する物語だけでなく、絵も暗いシーンが多く、南の島の飛び切りの明るさが感じられず、どう読んで良いのか、評価の難しい作品だと思います。

    掲載日:2011/10/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 思い出の南国

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子17歳、男の子15歳

    主人公ワタルくんの子どもの頃の回想録。
    ワタルくんは夏休みに一人で飛行機に乗っておばさんのいる南国に行くのです。
    おばさんであるももさんは、ワタルくんに、たっぷり南国の自然を味わわせてくれます。
    海に浮かんでみたり、潜ったり、土砂降りの雨を体感したり。
    浜辺での満天の星空。
    たっぷりとした自然と、ゆったり流れる時間、それだけのストーリーですが、
    独特のイラストが、とてもエキゾチックでした。
    ワタルくんと一緒に、南国を体感している気分でした。
    子どもの感性で味わって欲しいと思います。

    掲載日:2011/08/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夏休みの思い出

    3歳11ヶ月の息子に読んでやりました。タカシくんがおばのももさんと過ごした南の島での夏休みを思い出す絵本です。ただ、回想の連続で、ノスタルジックにひたっているため、あまり子供向けの絵本ではないみたい。

    タカシくんがパパの妹のももさんと過ごした南の島での体験を思い出しています。海が最初は怖かったけど、だんだん慣れてきて、最後には浮き輪なしで海水に浮かんではぼこぼこという音を聞けるようになったこと、ももさんの手料理が美味しかったこと、ももさんの作った歌を聴けたことなど・・・。今は結婚して外国に行ってしまったので、家族で時々その南の島に遊びにいっては思い出すこと・・・。

    最初は読み始めて、実はおばさんは亡くなってしまうのではないかといやな予感がしてしまいました。それくらい、あまり明るい雰囲気ではないからです。そしてイラストもかなり特徴的で、ぎょろっとした目が印象的。やっぱりよくないことがあるのではないか、回顧録に違いないとそういう雰囲気の絵本です。息子は淡々と絵本をみているだけで、特になにかハプニングが起きるわけでもないので、ストーリーとしてはイマイチだったのではないでしょうか。

    掲載日:2011/07/26

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(3.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット