だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ぼくもおにいちゃんになりたいな」 みんなの声

ぼくもおにいちゃんになりたいな 作:アストリッド・リンドグレーン
絵:イロン・ヴィークランド
訳:石井 登志子
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2011年04月30日
ISBN:9784198631659
評価スコア 4.57
評価ランキング 4,105
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • カラフルなイラストでいい!

    5歳幼稚園児の娘が図書館で手に取って来たので読み聞かせてみました。
    カラフルなイラストが楽しい絵本でした。
    我が家の娘は一人っ子。
    こんな絵本を読んだら「キョウダイほしい〜」なんて言い出すのかしらと少し心配していましたが(笑),絵本は絵本で自分は自分と思ったのでしょうか?そんな心配は親だけで終始見入って聞き入って終わりました(笑)。

    掲載日:2016/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • いつの間にかいるのが当たり前に

    • さみはさみさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、男の子2歳

    次男が生まれる頃、当時4歳だった長男に何冊か似たような本を読みました。

    赤ちゃんが生まれてくるとわかって嬉しくて仕方なくて、とても心待ちにしていたけど、実際に生まれてきてみると、大人は赤ちゃんにかかりきりで自分は我慢してばかり・・・弟や妹ができた子なら誰でも多少は感じているであろう気持ちですよね。

    おもしろくない気持ちがちょっとしたいたずらに向かうこともあり、親も困った思いをするものです。

    でもこの本では、いつの間にか赤ちゃんがいるのが当たり前になってくる、否いつまでも赤ちゃんのままではない、という部分をうまく描いてあります。

    我が家でも、この本のように次男もすっかり赤ちゃんではなくなり、長男の赤ちゃん返りも大分前に落ち着いたので、蒸し返すのも?と思って私がこっそり読みましたが、お勧めです。

    掲載日:2014/12/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • わかるわかる

    娘が「この本すごい面白い!」と勧めてきた絵本です。
    妹が生まれてお兄ちゃんになったペーテル。
    最初は可愛く思ったけど、まわりが妹ばかり可愛がるように思えて
    色々な悪さをします。
    この悪さがなかなかなもので親としてはたまりません。
    でも大抵どの子も下に兄弟ができるとこういう気持ちになるのでしょうね。
    兄弟がいることのメリット・デメリットはそれぞれありながらも、
    気がつけばいつも近くにいる当たり前の存在になる。
    子供自身が感情移入して読める、とても分かりやすい内容でした。

    掲載日:2014/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • ペーテルがとっても優しいお兄ちゃんな訳が

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子18歳、女の子13歳

    実は先日、この絵本の続編で「わたしもがっこうにいきたいな」をさきに読んでしまったので、ペーテルたちの少し前の話を知りたくて、図書館で探してきました。

    ペーテルがレーナに信じられないほど優しかったのは、こんなあかちゃん時代のお話があってこそ!だったんですね〜。ものすごく納得しました。
    もちろん、ペーテル自身が元々とても優しい子なのだと思いますが……。

    挿し絵はリンドグレーンとたくさんの児童書を作ってきた《イロン・ヴィークランド》なので、物語の中のイメージが合っていてよかったです。
    家の中やレーンの服装などに至るまで、細かく描かれているところが私は好きです。

    きょうだいの年が離れて下の子が生まれて、お父さんやお母さんが下の子に手ばかり言ってしまう時期、上のお子さんにぜひ読んであげたい1冊です。
    やっぱりリンドグレーンの描く子どもたちの世界は素敵です。

    掲載日:2013/07/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • お兄ちゃんの気持ち

    少し長いお話ですが、下に赤ちゃんが生まれた、お兄ちゃんの気持ちがよく伝わってきます。
    その気持ちは、切ないもの。
    でも、そんなお兄ちゃんの気持ちに寄り添い、包んでくれるような両親の愛情も、しっかりと書かれていて、安心できました。

    掲載日:2012/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • おにいちゃん

    妹や弟が出来たベーテルの嬉しい気持ちやおとうさんやおかあさんに構ってもらえない不安な気持ちがとても素直に表現された作品だと思いました。誰もが共感できてきっと不安を解消できるし、おとうさんやおかあさんにおにいちゃんやお姉ちゃんの気持ちに気づいてもらえる絵本だとおもいました。妹のレーナの時に散々悩んだベーテルは、三人目の弟のマッツが生まれた時にはもう余裕そのもので逞しく感じました。兄弟がいるって羨ましい限りです。

    掲載日:2011/07/25

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット