くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

潮風のおくりもの」 みんなの声

潮風のおくりもの 作・絵:パトリシア・マクラクラン
訳:掛川 恭子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,165+税
発行日:1995年07月
ISBN:9784037265601
評価スコア 4
評価ランキング 24,363
みんなの声 総数 1
「潮風のおくりもの」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • マクラクランらしいお話

    生まれたばかりの弟が亡くなったばかりの家に、ソフィーという赤ん坊が預けられます。

    預けると言っても手紙のみで母親の存在はわかりません。

    子どもを亡くしたばかりの家に新しい赤ん坊。それもいつかは親が引き取りにくるという子ども。

    この家族が再び喪失の苦しみを味わうことになるのか?

    なんて酷な話だろうとその設定にまず驚いたのですが、作者がパトリシア・マクラランなので、そんな設定でありながらも優しいお話でした。

    戸惑いながらも赤ちゃんを育てて愛情を注ぐ一家。結末は書けませんけれど、暖かいお話でした。

    この作品もYAになるのかな。

    大人が読んだ方がわかりやすいような感じも受けましたが、マクラクランらしいお話だと思いました。

    掲載日:2011/04/18

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はなびのひ
    はなびのひ
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    江戸の町並みと大輪の花火が夏の風情を感じさせる、たしろちさと初の和風絵本


映画『ゆずりは』試写会レポート

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット