なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

コウモリのルーファスくん」 みんなの声

コウモリのルーファスくん 作・絵:トミ・ウンゲラー
訳:いまえ よしとも
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2011年05月
ISBN:9784776404774
評価スコア 4.3
評価ランキング 13,138
みんなの声 総数 9
「コウモリのルーファスくん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 隣の芝生は青い

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 広島県
    • 男の子12歳、男の子6歳

    「すてきな三人組」で知られるトミー・ウンゲラーの作品。
    初版は1980年で、邦訳は2011年となっています。
    ウンゲラーと言えば、「オットー戦火をくぐったテディベア」「あおいくも」のように戦争を題材に考えさせられるもの、「エミールくんがんばる」「へびのヘクター」のようにほのぼのさせてくれるものと色々な側面があります。
    今回の作品は、ほのぼの感がありつつも、考えさせられる作品に仕上がっています。

    主人公のコウモリのルーファスは、自分の黒い衣装にうんざりしています。
    夜行性ですから、黒の世界が基調なのですが、あるとき、屋外で上映されているカラー映画を見て、色のある世界に憧れます。
    そう、夜でなく昼の世界に踏み入りたいと思ったのです。
    そこで、眠いのを我慢して朝まで起きていて、昼の世界を初めて目にするのですが、色に溢れた世界に驚愕してしまいます。
    自分も着飾ろうと、落ちていた絵具で彩色して飛び立つのですが、飛び立つや否や、人間に打ち落とされてしまうのです。

    後半は、人間とのやり取りが描かれているのですが、隣の芝生は良く見えるといったところでしょうか?
    勿論、知らない世界に踏み出すということは、至極大事なこと。
    疑問を持たないで生きていたら、それこそ、何の成長も望めません。
    やってみて、判断すれば良いだけの話です。
    そんなことを諭してくれるような作品で、ウンゲラーらしい作品と言えそうです。
    安心して読み聞かせできる作品としてオススメします。

    掲載日:2011/12/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • 光の世界に憧れて

    光の世界に憧れて、自分の体をカラフルにして、昼の世界に飛び出して見たものの、ルーファスくんには災難ばかり。
    人間から見たら、こわい怪獣にも見えたかも知れませんね。
    タータロ先生との友情がホットさせてくれました。

    以前に読んだ萩谷琴子さん訳の『こうもりのルーファス』と読み比べて見ると、今江さんの訳は少しやんちゃな感じです。
    絵本が大型判でリメイクされただけではなく、ルーファスの撃たれるところや、地下室の風景や、随所に前作にはなかった物が書き加えられていて、感激しました。

    掲載日:2016/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • それぞれの「場」

     絵がオシャレです。特に、月夜、空を飛んでいるルーファス、暗闇の中でぶら下がっているルーファス、そして絵本の扉の「Rufus」という文字。

     夜行性の生き物が、光やとりどりの色を知らないということ、考えてみればそうなのだけれど、今まで思い至りませんでした。色がない世界から色が溢れる世界へ。そりゃあ、びっくりしますよね。ルーファスがその美しさに見とれ、あこがれるのもうなづけます。

     でも、やはり、体質に合わなかったのですね。ルーファスは、もとの住処に帰りました。生き物には与えられた、それぞれの「場」があるということでしょうか。

     でも、昼の世界で育まれた友情はずっと続いている様子。与えられた運命?を超えて、心は つながっているところが嬉しいな。

    掲載日:2015/11/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • メリハリの効いた色

    おしゃれな表紙と思い、読んでみました。
    メリハリの効いた色合いの絵がとても素敵です。
    ルーファスが、途中危ない目にあい、ひやひやしましたが、ラストはほっとする展開です。
    行動にうつしてみること、実際に体験してみることの大切さを、改めて思いました。

    掲載日:2015/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいいコウモリさん

    このお話はコウモリのルーファスくんが色のついた世界にあこがれて自分の体にカラフルな色を塗っていました!うちの子はそのシーンを見て「コウモリって黒の方がカッコいい!!」って言ってお話の最後に一気にたどり着いていました。

    掲載日:2013/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 前半と後半でちょっと印象が違います。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子13歳

    トミー・ウンゲラーの作品ですが、こんな作品があったことを全く知りませんでした。日本で有名どころの絵本に比べると、ややインパクトが低かったです。
    ただ主人公のこうもりのルーファスくんは可愛かったですよ〜。
    自分の体を可愛く塗り替えちゃおうって、発想がよかったです。
    絵もはっきりしていて、文も簡潔で短めですが、蝶コレクターの先生に出会うシーンからはちょっと雰囲気がわかります。

    前半はこうもり・ルーファスくんの冒険談。
    後半はルーファスくんとたーたろ先生との友情物語という印象を受けました。
    その分物語のページ数がやや長めなので、お薦めするなら、小学校中学年以上かな〜と、感じました。

    掲載日:2013/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • お茶目でかわいいコウモリ

    大好きなトミー・ウンゲラーの絵本です。
    ページを開くと、逆さまにぶら下がっているコウモリの絵があります。3歳の息子が、「ママ、本逆だよ」と言ったのには笑いました。ちょっと不気味で怖いイメージもあるコウモリですが、ウンゲラーが描くとぼけた表情のルーファスは、お茶目でかわいらしくて、親しみやすいです。こどもたちもルーファスが大好きになったようです。
    野外映画会のカラー映画を見たルーファスは、自分が住む灰色と黒の世界が嫌になり、自分の体を絵の具で塗り替えてしまいます。けれども驚いた人間たちが、ルーファスを鉄砲で撃ってしまい・・・
    ルーファスが倒れるシーンはショッキングですが、素敵な出会いがあって、ハッピーエンド。最後のオチもウンゲラーらしくシャレていて、思わずニヤリです。

    掲載日:2013/01/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • コウモリのチャレンジ

    コウモリのルーファスくん。
    体に絵の具を塗ったり、昼間に起きていたりと、コウモリの生態を考えると、かなり大胆なチャレンジをしていましたよね。
    結局は、元の生活に戻るのですが、常に前向きに行動している印象がありました。

    掲載日:2012/12/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 友達が出来てよかった

    自分にない世界へ憧れたこうもりのルーファスくんですが、やっぱり自分の居場所が自分で納得できた事がよかったと思いました。自分の黒い衣装にうんざりして絵の具で塗り替えたのにはびっくりでしたが、やってみて思い切りがかっこよかったです。好奇心旺盛なルーファスくんにタータロ先生に出会えてお友達の関係になれてよかったです。

    掲載日:2011/10/12

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.3)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット