十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

さかさ絵本 まさか さかさま」 みんなの声

さかさ絵本 まさか さかさま 作・絵:伊藤 文人
出版社:サンマーク出版
本体価格:\1,300+税
発行日:2003年03月
ISBN:9784763198488
評価スコア 4.41
評価ランキング 8,506
みんなの声 総数 28
「さかさ絵本 まさか さかさま」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

28件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 伊藤さん

    伊藤さんの作品だったのでこの絵本を選びました。以前にもシリーズを読んだことがあるので親近感が湧きました。色々な方向から楽しめるないように満足できました。1方向からだけでなく多角的に考えたり推理したりする楽しさを感じられる絵本でした。思わずうなってしまいました。

    掲載日:2010/11/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • 不思議な絵にくぎ付け

    • きよぴこさん
    • 30代
    • ママ
    • 栃木県
    • 男の子11歳、男の子9歳

    本をぐるぐる回しながら楽しく読めます。
    なるほどとうなづいたり、へぇ〜とびっくりしたり大人も子供も楽しめます。

    小学校の読み聞かせでも使いました。毎回ウケの良い本です。
    本をぐるぐるさせての読み聞かせですが、その分子供もひきつけられるようです。
    一つ一つ絵を見せる時間を作る必要があるので意外と時間はかかります。
    絵によってはわかりにくいものもあるので説明が必要になることがあります。
    後ろの子には見にくいかもしれませんが、探し絵のような要素もありとても楽しんで参加してくれます。
    全学年で試したわけではありませんが、どの学年でも使えると思います。
    -------------
    読み聞かせに使った学年:4・5年
    その時の子供の反応★★★★★
    時間:〜15分

    掲載日:2010/11/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • おもしろい

    このての本は初めてです。
    息子はハマってしまって、何度も読んでいます。
    逆さまにして、戻して、また逆さまにして。。。
    大人が見てもなかなか面白い仕上がりです。
    特に、アリスの帽子を取りに行く犬の絵を逆さまにしたときは結構衝撃的でした(笑)

    掲載日:2015/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小学校での読み聞かせ

    • 将軍亭琴音さん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子13歳、女の子10歳、女の子8歳

    小学校での読み聞かせ会に持参しました。
    対象は低学年。二年生が3人聞いてくれました。

    以前にこのシリーズの別の本を読み聞かせしたことがあり、
    とても楽しかったので、また持っていこう、と選びました。
    この本は人数が多いほど、分かった、分からない、
    見えた、見えない、で盛り上がるのですが
    今日は残念ながら3人だった為、
    嬉しそうに見てくれてはいたものの
    盛り上がりはしませんでした。
    「見えない、分からない」という子供もいるので
    事前に見て、見えるようにヒントをあげると良いと思います。
    目と鼻と口がこうなる、と教えてあげると、
    すっと見えるようになるみたいです。

    掲載日:2012/12/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 新発見

    うちの子はさかさまに見ても違う絵に見えるっていう絵を今回初めて見ました!!目を見開く感じでジーって見ていたので、とっても面白かったのでしょう。私も久しぶりにこういう絵本を見て、脳の運動になったかもしれません!!

    掲載日:2012/06/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろい!!

    • お豆腐さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子4歳

    息子から「さかさま」ってなに?との質問があったので、この絵本を一緒に読んでみました。
    おもしろいです!
    子供から大人まで楽しめる絵本です。読むというより、目で見て楽しむ絵本です。

    4歳の息子には、意味がわかるかな?と思ったのですが、とても気に入って、本を上にしたり、下にしたり、何度も何度も見入っていました。

    掲載日:2012/03/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素晴らしい伊藤ワールド

    表紙を見てさかさま絵本にハマりました。
    次々と展開されるさかさま絵本。
    ひっくり返してみるまで、何が出てくるのか解らない、びっくり絵本。
    楽しみながら、伊藤さんの絵のマジックのカラクリを考えながら唸ってしまいました。
    いったいどんな思考回路を持っているのでしょうか。
    伊藤さんの研究の成果。
    さかさ絵本が一冊ではないのですから、発想力のすごさに感銘いたしました。
    子どもと一緒に楽しみましょう。

    掲載日:2012/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • あたまの体操

    なるほど・・・。
    たしかに上下どちらから見ても、「それらしく」見えます。
    中には、よーーーく目を凝らして考えないと、
    「それらしく」見えにくいものもありますが・・・。

    上にしたり下にしたり、くるくる本を回してると、
    どっちに進んでるかもわからなくなってきます。
    私は、3回ほど間違えました。
    そして、そのたびに娘に注意されました。

    それにしても、よく考えられてるな〜と思います。
    くるくると回す動作も、「それらしく」見る努力も、
    なんだか、目と脳がきゅっとなりました(笑)

    掲載日:2011/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 息子、感嘆の声!

    お見事です。
    本をさかさまにすると全く別の絵になる!
    子どもはこういうの、好きですね。

    ストーリー性はないので、あくまでこんな楽しみ方の本もあるんだよというのを知ってもらうために借りました。

    小2の息子、ところどころ絵を理解するのに「???」と中断しましたが、本人の満足度は意外なほど高かったようで、学校で紹介したいと言ってました。

    掲載日:2010/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • さかさま言葉の本

    表紙から不思議な絵の絵本。
    それにつられて手に取った息子。
    文字を覚えて色々と読むのが楽しい時に『まさかさかさま』と不思議な言葉で『これ何?』
    反対から読めることを教えると『おもしろい』とページをめくっていました。
    絵もさま様にして見えるのでおもしろい。
    ちょっと目の錯覚とかを利用しているのでじ〜と見ていないとなかなかわからない絵に親子でじーとにらめっこして見ました。

    掲載日:2010/05/25

    参考になりました
    感謝
    0

28件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / にじいろのさかな / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / なにをたべてきたの?

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



体験型絵本シリーズ創刊! 「BigBook」シリーズ体験レポート

みんなの声(28人)

絵本の評価(4.41)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット