ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

まさかさかさま その3」 みんなの声

まさかさかさま その3 作・絵:伊藤 文人
出版社:新風舎
本体価格:\1,300+税
発行日:2001年
ISBN:9784797416374
評価スコア 4.4
評価ランキング 8,683
みんなの声 総数 9
「まさかさかさま その3」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ぐるぐるします

    このお話は普通に読むのは当たり前なのですが、逆さまにしても読めます!しかも、同じ絵なのに逆さまにしても絵も文もちゃんと成立するのです!!うちの子は逆さまにするのが面白かったみたいでぐるぐる絵本を回しながら見ていました。

    掲載日:2013/12/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • シリーズ

    伊藤さんの作品だったのでこの絵本を選びました。上下を楽しめるのが魅力的でした。何度もくるくると回す楽しみを感じられる絵本でした。解説の配置も配慮されているのが気に入りました。上下全く異なる表情になるのも魅力的でした。伊藤さんの世界にどんどん引き込まれました。この絵本を読むと頭がやわらかくなると思いました。

    掲載日:2010/07/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 久しぶり!

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子8歳

    久々に手に取った「まさか さかさま」シリーズ。
    懐かしいな〜と思いながら見てました。

    腰にドラムを巻きつけたおじさんと思いきや、
    絵本をひっくり返すと、「ありゃりゃ?」
    太鼓を叩くカミナリ様が出てきたよ?!

    そう、一枚の絵が、見方によってはまったく違った絵に見えてくる
    さかさ絵の絵本なんです。

    絵を見てるだけでもわかるけど、
    ちょっとわかりずらかったら、
    文章を読めば、「あら不思議。」
    ちゃんと、絵が見えてくる。

    著者は、トリックアートの研究をしているとか。
    こんなに楽しく騙されるのもいいものです。

    子供も大人も楽しめます。

    掲載日:2008/11/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • さかさ

    さかさ絵本です。「まさかさかさま 赤の巻」とまったくといっていいくらい同じでした。表紙もバックの色が少し違うだけで、中身は、「ドロボー」が「どろぼう」とかの違いはありますが、出版社が違っているので当然なのですが、面白いから何回読んでもいいと思いました。さかさ絵本は1冊で2冊分楽しめるから得した気分になれました。何回読んでも面白いのでお薦めします。

    掲載日:2008/11/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんだ?なんだ?

    • 茶ジロウさん
    • 20代
    • ママ
    • 茨城県
    • 男の子5歳、女の子3歳

     図書館で偶然手に取った一冊。むむむ?何だか・・・おもしろい!不思議!
     トリックアートに初めて触れたわたしは脳を一生懸命働かせて形を見つけている感じ。やっぱり老化しているのかあ。。そうそう、なぜか子どもは反応が早い。食いつきましたよ。

     大人が一人で読むと、字を追ってしまうけど、誰かに読んでもらって絵をじっくりたのしみたいな〜なんて欲が出てしまう絵本でした。頭をやわらかくしてよ〜く見てみよう!!!

    掲載日:2006/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • すっかりはまりました。

    • れんげKさん
    • 30代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子6歳、男の子6歳

    お友達に教えていただいて、ふと手に取ったこの絵本。
    子供たちが、すぽっとはまってしまいました。
    もう、毎日毎日、時間がなくても持ってきて、一度は読まないと気がすまない・・・。
    私が手を話せないときは、しかたなく(?)二人で読んでいます。

    全然違うひとつの絵が、楽しくてしょうがないんでしょうね〜。

    掲載日:2006/09/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 飽きることなく見ています

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子11歳、男の子8歳、男の子6歳

    次男が大好きなシリーズです。
    私の方は慣れてきてしまって、最初の感動が薄れてしまった感がありますが、彼は飽きることなく見ています。良い意味で慣れてきたので、自分でさかさまになった時の絵を想像してから本をひっくり返したりしています。
    こういう遊びのある本って、ホント、子どもは好きですね。

    掲載日:2006/03/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人も楽しめる!

    • まりん♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子13歳

    パート3まで読みすすめると、目が慣れてくるのか
    そのまま見てもさかさまの絵が想像できたりします。
    これもひとつの楽しみ方かもしれません。
    こどもより、大人の方がさかさまの絵の芸術に感心しながら見てしまいます。

    掲載日:2005/09/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • とっても愉快なさかさ絵絵本です。カゼをひいて熱を出してる子供がお風呂であたたまってるおじいさんになったり、カンガルーがにんじんドロボーのウサギになったりと180度ひっくりかえしただけで全く別の絵にかわっちゃうのです。とても不思議な絵本です。これってトリックアートですよね?子供の脳の発育にも最適だと思います。大人だってけっこう楽しめますよ。

    掲載日:2004/08/24

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / わたしのワンピース / がたん ごとん がたん ごとん / ちょっとだけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット