おにたのぼうし おにたのぼうし
作: あまん きみこ 絵: 岩崎 ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
節分の夜、豆まきの音がしない一けん家にとびこんだおにのおにたは、病気の母を看護する少女に出会います。
miki222さん 30代・ママ

鬼にも色々あるのに
節分の日に鬼がやって来ると聞いて怖がっ…

もりのしんりょうじょ」 みんなの声

もりのしんりょうじょ 作・絵:しのざきみつお
出版社:ぎょうせい
本体価格:\1,456+税
発行日:1992年
ISBN:9784324030608
評価スコア 4
評価ランキング 20,392
みんなの声 総数 2
「もりのしんりょうじょ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 大忙しのモンチー先生

    もりのしんりょうじょは、ほんとに朝から晩までいろんな患者さんがやってくるので大忙し。モンチーせんせいは大忙しでもしっかりやさしく、みんなのことをみてあげて、治してあげます。
    だからもりの生き物たちも、モンチー先生がきっと大好き。新しいしんりょうじょも、みんなでつくってくれました。
    モンチー先生がやさしくて誠実なところがやっばりいいですね。
    ただ、働きすぎで少し心配になっちゃいます。
    誰かお手伝いしてあげて下さ〜い。

    掲載日:2012/08/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • とっても働き者のおさるのお医者さん

    • 利恵子さん
    • 20代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子4歳

    森の中で診療所を開いているおさるのモンチー先生のおはなしです。モンキーではなくモンチー先生という所がまたかわいらしく愛嬌のある名前だとおもいませんか。モンチー先生は毎日朝から夜中までいろいろな動物たちの診察をしています。ある日南の国からきたぞうさんの風邪の診察の際、ぞうさんの大きなくしゃみのせいで診療所が壊れてしまいました。そこでたくさんの動物たちが力をあわせてぞうさんのくしゃみなんかじゃ飛ばされないくらいの大きくてりっぱな診療所を建てるのです。みんなで助け合って生活している森の中と人間社会はなんだかとても似ていて子供にとってはとても楽しく勉強もできる絵本だと感じました。

    掲載日:2002/05/04

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

ぐりとぐら / しょうぼうじどうしゃじぷた / でんしゃでいこう でんしゃでかえろう / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


「とびだすミニブック」シリーズ 編集者 清水剛さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット