大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

いったいこれはなんじゃらほい?」 みんなの声

いったいこれはなんじゃらほい? 作:ロジャー・マクゴフ
絵:リディア・モンクス
訳:まつかわ まゆみ
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2004年07月
ISBN:9784566007826
評価スコア 3.89
評価ランキング 28,686
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 図書館で見つけて 「いったい これは なんじゃらほい?」このタイトルに惹かれて読んでみました
    しかけ絵本で サーカスや魔法使いや うちゅうのおもしろい世界が飛び出して ビックルシマした
    うちゅうワニのおやつ 発想がなかなか 斬新でおもしろい

    子ども達の発想も聞いてみたいですね

    絵がカラフルで  お月さまの世界や うちゅう体験が楽しい

    おわりは せいぞろい 子どもが楽しめるしかけ絵本ですね

    「いったい これは なんjyらほい?」 このことばが、口から次々出てくるのが不思議です!

    掲載日:2014/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 想像するのが楽しい

    「いったい これは なんじゃらほい?」という問いのページの1部分だけが開いています。ここから見えるヒントを元に、当てっこするという仕掛け絵本です。
    問いの次のページには答えが載っていますが、なかなか面白かったです。
    あれかな〜これかな〜と想像して、大人も子供も一緒に楽しめました。
    カラフルな色使いと、「なんじゃらほい」という言葉が、すぅ〜と絵本の世界に引き込まれました。3年生の息子も「面白かったね〜」と素直に楽しんでいました。

    掲載日:2013/06/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 問いかけの言葉が面白い

    孫は、「いったいこれはなんじゃらほい?」の問いかけの言葉がとても

    気に入りました。面白いのか、ケラケラ笑ってばかりいます。

    でも、しかけ絵本の答えはなかなかわからなくても、気にせずに笑って

    いる孫は無邪気でとても可愛いと思いました。

    やっぱり、笑える絵本って読んでいる私も幸せにしてくれます。

    掲載日:2012/05/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • あれっ・・・

    この絵本の表紙は穴抜けみたいな感じになっていたので、子供も私もこの絵本は仕掛け絵本だと思って借りてきたのですが・・・・仲は普通の感じの絵本だったので子供はちょっとがっくりでした。内容は、うちの子にしたらちょっと細かい感じの絵本だったので良くわかっていなかったかな・・・!?

    掲載日:2012/05/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • あてっこ絵本

    「いったいこれはなんじゃらほい?」の問いかけで、小さな穴から見える柄をヒントにあてっこするしかけ絵本。

    しまうま以外、一つも当てられませんでした。
    想像もつかないところが、この絵本の面白いところかな。



    掲載日:2012/03/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんじゃらほい

    ページの一部に穴が開いていて、「これはいったいなんじゃらほい?」
    と当てる仕掛け絵本。

    この本、「正体」はまず当たらない。
    だって、黄色の背景に水色の水玉が見えてて、
    「これは、いったいなんじゃらほい?」で、正解は「お月様」。
    でも、その意外性ってうか、「つきはこうでなくっちゃ」感が
    ないのが新鮮☆。

    娘がは、理にかなってるかなんて関係ないから全く問題なし。
    そして「なんじゃらほい」の口調も気に入ってた。
    「なんじゃらほい」は、怪しげな口調で読むとより一層面白いです!

    掲載日:2010/04/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんじゃらほい?

    • Yuayaさん
    • 20代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子5歳、女の子3歳

    絵がカラフルで独特の世界がありました。
    星が描かれた三角、しましまの長四角・・・一体これはなんじゃらほい?
    普通の思考ではなかなか正解できないかも^^

    絵本側もなんだろう?って考えてくれるので「あれかな?これかな?」と一緒になって楽しめます。

    「なんじゃらほい?」って言葉が子供たちとっても気に入ってくれて言う度に笑っていました。
    普通にコレ!というものがなく、ひとつひとつ個性的なのでそれもまた楽しい要素です。

    掲載日:2008/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何が出てくるかな?

    私は仕掛け絵本が大好きなので、この本を読んでみました。絵がとてもカラフルで、切り抜いてある形や色で何が隠れているか想像しながら読めるのがいいなと思いました。「なんじゃらほい?」という問いかけもおもしろくて、こどもに読んであげるときっと楽しんでもらえる絵本だと思います。出てくるものも、ちょっと変わっていて、あれにも見えるし、これにも見えるね、という風に子ども独自のイマジネーションやインスピレーションを刺激するのにも役立つと思います。

    掲載日:2007/02/26

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / やさいのおなか / ぼくんちカレーライス

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(3.89)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット