ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

アリクイにおまかせ」 みんなの声

アリクイにおまかせ 著者:竹下 文子
絵:堀川波
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2010年05月
ISBN:9784338192217
評価スコア 4.78
評価ランキング 460
みんなの声 総数 17
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 耳の痛い話

    少し前の子供の学校で課題図書に選ばれてたので、
    読みました。

    片づけられない女の子のところにアリクイの掃除屋さんが来る話で、
    我が家にも来たらどうしようと子供たちはドキドキでした。
    この女の子と同じような気持ちになるものしょうがないと思うほど、
    我が家も苦手なので・・

    流行の断捨離もアリクイに頼むといいかもしれませんね(笑)。

    「面白い」と言って読んでいる子供を見て、
    さすが課題図書!と思いました。

    掲載日:2012/06/14

    参考になりました
    感謝
    1
  • 片づけ

    課題図書を何冊か借りてきて息子に読み聞かせしたところ、読み聞かせ後も息子が一人で読んでいたのがこの本でした。

    本を読んでいる最中にも、「おかあさん このアリクイサービスしゃにお掃除頼みたい?」と聞いてきました。

    お掃除を代行してくれるのって、確かに魅力です。自分の力ではなく誰かがやってくれればこんな楽しいことはないです。

    そもそも片づけというのは、子どもがおかあさんから叱られることの多い事柄で、内容的にも親近感がわく話だと思います。

    そう書いている私も実は片づけは苦手。

    だから、ココちゃんの気持ちはとてもよくわかるし、やっぱり自分で片づけなくちゃねぇなんて思いました。

    低学年向けの本として、一人でも読みやすいお話だと思います。

    教訓でなくて、家族で読んでみてもいいかもしれません。実はうちは夫も含めて家族で読みました。

    掲載日:2011/09/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • 掃除が得意になるかも!?

    なかなか片づけしない主人公のココちゃん。アリクイ3匹の片づけ屋さんがきて、部屋を綺麗にしてくれます。でも、また散らかった後に再度読んでぴかぴかコースにしたら、全てを片づけられて持っていかれてしまいます。

    大事なぬいぐるみやランドセルや教科書を探しに片付け屋さんの本拠地にいくココちゃん。こりたのか、今のところは整頓できる子になったようです。

    アリクイがこんなふうに整頓してくれたらとっても楽だなあと思います。親子とも、楽しく読めました。娘も一人で読んだのですが、面白いと言って、最後まで一人で読めたくらい、集中力が続いていました。

    掲載日:2015/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「おかたづけ」しましょうね!

    大人の私が、
    絵本が大好きでいろいろ読んでいるのですが、
    絵本だと思っていたら
    少し前の 課題図書だったんですね。
    たしかに小学1年生ぐらいなら読めるだろうなぁと
    想像しました。

    課題図書を読んで
    感想を絵本ナビに残しておこうと思った「おばあさん」の私です。

    「おかたづけ」ができない、したくない、
    めんどくさい。。
    誰かがしてくれたらスッキリするということを
    してもらったら どうなるのか。。
    アリクイサービスにおまかせしたら。。
    とてもおもしろい展開でした。

    私は 片づけ魔なので、
    アリクイさんのしていることがよくわかります。

    「おかたづけ」を子供たちに
    どのように考えさせるか、
    押し付けずに
    この本を読んで
    なにか感じてくれたらいいと思います。

    掲載日:2015/07/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • お片付けしようね

    ココちゃんは片づけが大の苦手。
    ある日お母さんがアリクイのお掃除屋さんにお部屋の片づけを依頼し、
    こんなに楽ならとココちゃんは自分で注文してしまいます。
    するとお部屋の中が空っぽに!さあ大変。どうするココちゃん!?
    本当にお母さんが頼んだのかな??

    どうせまた使うなら出しておいた方が便利、なんてことを言うココちゃんに笑ってしまいました。
    まるで我が子のようです(笑)
    自分で読むには、低学年〜といったところでしょうか。
    ぜひ読んでみてください。

    掲載日:2015/07/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私も頼みたい

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    アリクイかたづけサービス、いいなー!と真っ先に思ってしまった私もココちゃん同様かたづけが苦手です。もちろんココちゃんほどひどくはないですよ(笑)。料金はおいくらかしら?
    注文の仕方を間違えるとたいへんなことになるのですが。
    コモリさんは何のメリットもないのに(むしろ自分がクビになる危険性があるのに)ココちゃんを助けてくれて本当にいい人(アリクイ)ですねー。

    掲載日:2015/02/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 先が気になってしょうがないお話

    この本は、娘が学校から借りてきた本なのですが、私が夢中になりました。
    だって、先が気になって気になってしょうがない展開なんです。

    おかたづけが大の苦手のココちゃん。
    謎のおかたづけ代行会社『アリクイかたづけサービス社』。
    ココちゃんが依頼した、『とことん ぴっかぴかコース』
    これがまた、とんでもないコースで…。
    そのおかげでココちゃんは、とってもおかたづけ上手になりますけど(笑)

    児童書ですが、読みやすくてわかり易い文章なので、サラサラと読めるし、挿絵もとっても可愛いです。
    女の子にはモチロン、男の子でも楽しめそうな展開だと思いました♪

    掲載日:2013/10/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読みやすい本

    • こはる食堂さん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子7歳、女の子4歳

    一年生の課題図書です。夏休みの読書感想文の為に購入しました。

    イラストも可愛いし、読みやすいようで書店で立ち読みしている間に読み切ってしまったようです。

    内容は、お片づけの苦手な女の子の元にアリクイが片付けにやってくるというお話です。
    どこからともなくやって来てはきちんとユニフォームを着て、淡々と作業をする三匹が面白かったようです。

    最後は調子に乗り過ぎた女の子のせいで、部屋の荷物全てをアリクイが運び出してしまいます。

    子供にとっては不思議で楽しいアリクイさん、親としてはウチにも来てくれないかなぁとちょっと思ってしまいました。

    女の子にオススメです。

    掲載日:2012/04/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • この作品は、毎日新聞社が主催する2011年度の読書感想文コンクールの課題図書の一つです。

    内容ですが、主人公のココちゃんは、元気で可愛い女の子ですが、苦手なものがあります。それは、お片づけです。そんなお片づけがテーマの童話作品です。

    ココちゃんは、部屋はごちゃごちゃで、片付けがなかなかできません。それで、お母さんは、毎日、片付けなさいと怒るのです。

    そして、日曜日の事、今度こそ、片付けを始めようとしますが、そしたら、謎の会社の「アリクイ片付けサービス社(本文では、アリクイかたづけサービスしゃ)」という者たちがやってきて片付けを始めますが…。

    謎の会社のアリクイ達と主人公のココちゃんが繰り広げる、片付けについてのエピソードが詰まった面白い物語です。

    この童話のテーマの片付けですが、実は私も片付けが少し苦手ですが、この童話を読むと片付けとはどんなものかというのも自分で考えさせられる童話作品だと思いました。

    また、片付けが嫌いな方もそうではない方も、面白いお話を探している方にオススメです。可愛いイラストの童話でもあるので、そんな童話を探している人にもオススメです。

    是非、読んでみて下さい!

    掲載日:2012/03/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 思い出の読書感想文

    2011年、課題図書に選ばれた本。
    図書館で借りて、小学1年の息子が読書感想文を書きました。

    片付けが苦手なココちゃん。
    いつも部屋は散らかっています。
    息子も片付けが苦手。
    自分専用の部屋はありませんが、自分専用のとっても素敵な机と椅子はあります。
    息子はその机の上でお絵描きをして、やりっぱなしにするのが大好き。
    「片付けなさいよ」と言っても、いつも机の上はぐちゃぐちゃ、ココちゃんのお部屋と一緒。
    だから、本を読み始めた時苦笑いしていました。

    ココちゃんはアリクイに掃除を頼むのですが、お部屋まるごと片付けられ(捨てられ)初めて片付けは大切と気付きます。

    読書感想文を書くのにテーマもしっかりしていて、書きやすかったようです。
    初めて書いた読書感想文で、息子は学校代表→市代表→郡代表と選ばれ、賞状を頂きました。
    私達親子にとって、とても大切な思い出深い1冊となりました。

    この本を読んでから「片付けないとアリクイに捨てられちゃう」と言って、机の上を片付けるようになりました(笑)
    本の内容を心の底から信じている、まだまだ可愛い1年生です。

    掲載日:2011/12/15

    参考になりました
    感謝
    0

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / どろんこ こぶた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / がたん ごとん がたん ごとん / ふたりはともだち

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.78)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット