モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

天風の吹くとき」 みんなの声

天風の吹くとき 絵:小泉 るみ子
著者:福明子
出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2010年07月
ISBN:9784337336032
評価スコア 3.67
評価ランキング 30,071
みんなの声 総数 2
「天風の吹くとき」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • がんばれ

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    東京からおじいちゃんの住む田舎に一人でやってきた11歳の少女林子。
    とても元気な女の子だなーと思っていたのですが…。
    「私、たいへんな子だから」というのが林子の秘密を知ってからだと感じ方が変わりますね。
    林子ちゃんって強い子だと思います。一太くんもいい子。
    がんばれ、林子!

    掲載日:2015/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 命がけの夏

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子17歳、男の子15歳

    2011年度読書感想文全国コンクール小学校高学年の部課題図書。
    11歳になったばかりの林子は、おじいちゃんの住む鳥ヶ峰の街に一人でやってきます。
    ここは、空中砦のような石垣の上にあり、「鳥ヶ峰の勇者は空をとぶ」という言い伝えもあるというのです。
    見るもの聞くもの珍しいことばかりの林子につられて、
    この街の様子がグイグイと語られます。
    近所の集落には男の子ばかりで、いとこの一太と一緒の世界は、
    まさしく男の子ワールド。
    でも、林子も負けてはいないはじけっぷりです。
    後半は、三味線・胡弓の音色と歌、踊りが一体となる風鎮めの祭を軸に、
    林子の秘密も明らかになります。
    そして、帰る間際、林子は「鳥ヶ峰の勇者は空をとぶ」を体感します。
    それぞれの境遇の中で精一杯生きる子どもたちの姿が清々しかったです。
    連綿と続く伝統行事の重みも感じます。
    それは、鳥ヶ峰の街の風土と一体化した人々の知恵なんでしょうね。
    表題にもある「天風」も、不思議な存在感です。
    林子ちゃん、きっと、大丈夫!

    掲載日:2011/06/29

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



体験型絵本シリーズ創刊! 「BigBook」シリーズ体験レポート

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット