もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

クジラと海とぼく」 みんなの声

クジラと海とぼく 文:水口 博也
絵:しろ
出版社:アリス館 アリス館の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2010年09月
ISBN:9784752005230
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,755
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 水口さんの撮るクジラの生態の素晴らしさの原点は、水口さんの少年時代にありました、
    子どもたちの様々な夢、人生、未来を考える上で、魅力ある職業人の手記はこのうえない参考書だと思います。
    水口さんのこの本は、その中でも飛び抜けています。
    クジラたちと仲間になれたことの裏のエピソードが、飾ることなく語られていました。

    掲載日:2013/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 思い続けることで実現する

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子17歳、男の子15歳

    2011年度読書感想文全国コンクール小学校高学年の部課題図書。
    写真家・海洋ジャーナリストの著者が、
    どのようにして今の活動を行うようになったかを、
    子ども時代にさかのぼって書いています。
    まさしく題名そのものです。
    母の実家である徳島県の海での経験、顕微鏡との出会い、
    TVの海洋番組など、
    子ども時代の著者を夢中にさせてくれた体験談は、
    子どもたちもきっと共感してくれることでしょう。
    その知的好奇心はとても素晴らしいと思いました。
    数々の失敗も、生きた経験となっていくのですね。
    クジラと視線を交わすシーンは感動的でした。
    何より、子ども時代の著者の体験に触れることで、
    同じような海洋生物の神秘さはもちろんのこと、
    宇宙や生命も体感できました。
    後半は、その知的好奇心を維持しつつ、
    しっかりとした職業へ展望を広げているところがいいですね。
    何かを達成したい時、自分自身が何をしたいか、それを思い続ける心こそが最大の原動力になる。
    子どもたちにとって、いえ、大人にとっても、なんて力強いエールでしょう!

    掲載日:2011/07/06

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こねこのチョコレート
    こねこのチョコレート
    作:B・K・ウィルソン 絵:大社 玲子 訳:小林 いづみ 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    これは弟のプレゼント。おいしそう、でも食べちゃダメ、食べちゃダメ…。


『ペネロペのおうち』編集者 増井麻美さん インタビュー!

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット